強度視力障害者の眼電位図(EOG)測定法の開発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 伊月, 宣之 イツキ, ノブユキ

書誌事項

タイトル

強度視力障害者の眼電位図(EOG)測定法の開発に関する研究

著者名

伊月, 宣之

著者別名

イツキ, ノブユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第9204号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・論文博士

乙第9204号

論工博第3107号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p2 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 EOG測定の意義 / p3 (0008.jp2)
  6. 1.3 EOGの臨床応用 / p5 (0009.jp2)
  7. 1.4 従来のEOG測定法の欠点 / p7 (0010.jp2)
  8. 1.5 研究目的 / p8 (0011.jp2)
  9. 1.6 本論文の概要 / p8 (0011.jp2)
  10. 1.7 参考文献 / p10 (0012.jp2)
  11. 1.8 本論文に関連する発表論文,口頭発表 / p12 (0013.jp2)
  12. 第2章 角膜反射法を併用したEOG電位の測定法 / p16 (0015.jp2)
  13. 2.1 緒言 / p16 (0015.jp2)
  14. 2.2 眼球運動(視線移動)測定法 / p17 (0015.jp2)
  15. 2.3 眼電位図(EOG)の測定 / p25 (0019.jp2)
  16. 2.4 角膜反射法による注視点測定を併用したEOG電位測定システム / p42 (0028.jp2)
  17. 2.5 結言 / p48 (0031.jp2)
  18. 2.6 参考文献 / p49 (0031.jp2)
  19. 第3章 明順応下及び暗順応下におけるEOG電位特性 / p52 (0033.jp2)
  20. 3.1 緒言 / p52 (0033.jp2)
  21. 3.2 実験方法 / p53 (0033.jp2)
  22. 3.3 実験結果 / p57 (0035.jp2)
  23. 3.4 衝動性眼球移動量とEOG電位との関係 / p65 (0039.jp2)
  24. 3.5 結言 / p67 (0040.jp2)
  25. 3.6 参考文献 / p67 (0040.jp2)
  26. 第4章 眼球の電池モデルによるEOG電位の解析 / p69 (0041.jp2)
  27. 4.1 緒言 / p69 (0041.jp2)
  28. 4.2 大振幅の衝動性眼球運動に対するEOG電位特性 / p71 (0042.jp2)
  29. 4.3 電池モデルによるEOG電位の解析 / p82 (0048.jp2)
  30. 4.4 眼球微小電流の計算 / p97 (0055.jp2)
  31. 4.5 結言 / p98 (0056.jp2)
  32. 4.6 参考文献 / p99 (0056.jp2)
  33. 第5章 固定視標追視によるEOG時間曲線の作成 / p102 (0058.jp2)
  34. 5.1 緒言 / p102 (0058.jp2)
  35. 5.2 実験方法 / p103 (0058.jp2)
  36. 5.3 実験結果と考察 / p105 (0059.jp2)
  37. 5.4 結言 / p114 (0064.jp2)
  38. 5.5 参考文献 / p115 (0064.jp2)
  39. 第6章 眼球の自由運動によるEOG時間曲線 / p116 (0065.jp2)
  40. 6.1 緒言 / p116 (0065.jp2)
  41. 6.2 実験方法 / p117 (0065.jp2)
  42. 6.3 実験結果と考察 / p119 (0066.jp2)
  43. 6.4 結言 / p138 (0076.jp2)
  44. 6.5 参考文献 / p139 (0076.jp2)
  45. 第7章 強度視力障害者のEOG測定法 / p140 (0077.jp2)
  46. 7.1 緒言 / p140 (0077.jp2)
  47. 7.2 EOGの新しい測定方式 / p141 (0077.jp2)
  48. 7.3 視力障害者のEOG測定例 / p144 (0079.jp2)
  49. 7.4 新方式によるEOG測定システムの問題点とその改良 / p153 (0083.jp2)
  50. 7.5 結言 / p154 (0084.jp2)
  51. 7.6 参考文献 / p156 (0085.jp2)
  52. 第8章 総括 / p157 (0085.jp2)
  53. 謝辞 / p161 (0087.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131286
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000965972
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295600
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ