共有仮想空間の知的利用のための定性的システム同定法と2レベルオントロジーに関する研究 キョウユウ カソウ クウカン ノ チテキ リヨウ ノ タメ ノ テイセイテキ システム ドウテイホウ ト 2レベル オントロジー ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 安部, 伸治 アベ, シンジ

書誌事項

タイトル

共有仮想空間の知的利用のための定性的システム同定法と2レベルオントロジーに関する研究

タイトル別名

キョウユウ カソウ クウカン ノ チテキ リヨウ ノ タメ ノ テイセイテキ システム ドウテイホウ ト 2レベル オントロジー ニ カンスル ケンキュウ

著者名

安部, 伸治

著者別名

アベ, シンジ

学位授与大学

奈良先端科学技術大学院大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Abstract / p4 (0004.jp2)
  2. 目次 / p6 (0005.jp2)
  3. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 本研究の意義 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 位置付け / p2 (0008.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的 / p3 (0008.jp2)
  7. 1.4 本研究の概要 / p3 (0008.jp2)
  8. 2 共有仮想空間の知的利用 / p6 (0010.jp2)
  9. 2.1 まえがき / p6 (0010.jp2)
  10. 2.2 共有仮想空間の実現のための技術 / p6 (0010.jp2)
  11. 2.3 創造的な活動の支援と計算機環境の利用に関する背景 / p6 (0010.jp2)
  12. 2.4 創造的活動の支援と共有仮想空間の知的利用 / p9 (0011.jp2)
  13. 2.5 要素技術 / p12 (0013.jp2)
  14. 2.6 むすび / p19 (0016.jp2)
  15. 3 実時間因果を含まない系のシステム同定問題 / p20 (0017.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p20 (0017.jp2)
  17. 3.2 数学モデル / p20 (0017.jp2)
  18. 3.3 定性的な解釈の特徴について / p22 (0018.jp2)
  19. 3.4 変量に関する定性的な取り扱い / p23 (0018.jp2)
  20. 3.5 モデル推定法 / p27 (0020.jp2)
  21. 3.6 実験例 / p33 (0023.jp2)
  22. 3.7 推定されるモデルの不確定さについて / p33 (0023.jp2)
  23. 3.8 むすび / p37 (0025.jp2)
  24. 4 実時間因果を含む系に関するシステム同定法-その1 定性的な状態の推定 / p40 (0027.jp2)
  25. 4.1 まえがき / p40 (0027.jp2)
  26. 4.2 系の挙動と状態およびその定性的な解釈について / p41 (0027.jp2)
  27. 4.3 本手法の概要 / p41 (0027.jp2)
  28. 4.4 変量の量子化と時間の量子化について / p43 (0028.jp2)
  29. 4.5 連続的な変化に関する基本法則について / p47 (0030.jp2)
  30. 4.6 定性的な状態の推定規則 / p58 (0036.jp2)
  31. 4.7 むすび / p68 (0041.jp2)
  32. 5 実時間因果を含む系に関するシステム同定法-その2 制約規則の推定 / p70 (0042.jp2)
  33. 5.1 まえがき / p70 (0042.jp2)
  34. 5.2 量子化された空間における制約規則の基本的性質について / p70 (0042.jp2)
  35. 5.3 定性的な状態を包括的に説明する制約規則の推定 / p79 (0046.jp2)
  36. 5.4 制約規則の連立による矛盾の発生とその排除 / p80 (0047.jp2)
  37. 5.5 モデルの絞り込み / p84 (0049.jp2)
  38. 5.6 定性的なシミュレーションによるモデルの検証 / p88 (0051.jp2)
  39. 5.7 実験 / p94 (0054.jp2)
  40. 5.8 むすび / p101 (0057.jp2)
  41. 6 2レベルオントロジーによるグラフィクス生成・編集技術 / p103 (0058.jp2)
  42. 6.1 まえがき / p103 (0058.jp2)
  43. 6.2 2レベルオントロジーを用いた3次元形状編集法 / p105 (0059.jp2)
  44. 6.3 概念レベルオントロジー / p108 (0061.jp2)
  45. 6.4 形状レベルオントロジー / p110 (0062.jp2)
  46. 6.5 ドメイン遷移メカニズム / p114 (0064.jp2)
  47. 6.6 文脈変化の検出と適切なドメインの判定 / p115 (0064.jp2)
  48. 6.7 実験 / p119 (0066.jp2)
  49. 6.8 むすび / p126 (0070.jp2)
  50. 7 総論 / p129 (0071.jp2)
  51. 7.1 本論文のまとめ / p129 (0071.jp2)
  52. 7.2 議論 / p131 (0072.jp2)
  53. 7.3 関連研究 / p137 (0075.jp2)
  54. 7.4 応用分野 / p152 (0083.jp2)
  55. 7.5 今後の研究課題 / p153 (0083.jp2)
0アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131326
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966008
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295640
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ