齧歯類体内時計の同調ならびに発振機構の解明

この論文をさがす

著者

    • 浜田, 俊幸 ハマダ, トシユキ

書誌事項

タイトル

齧歯類体内時計の同調ならびに発振機構の解明

著者名

浜田, 俊幸

著者別名

ハマダ, トシユキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第3713号

学位授与年月日

1996-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 組織培養下のラット視交叉上核神経のleucine取り込みおよび2-deoxy-glucose(2-DG)取りみリズムならびに単一神経放電リズム / p4 (0007.jp2)
  4. 第1節 視交叉上核(SCN;suprachiasmatic nucleus)スライスにおけるleucineおよび2-DG取り込みリズム / p5 (0007.jp2)
  5. 第2節 組織培養下の視交叉上核単一神経放電リズムについて / p16 (0013.jp2)
  6. 考察 / p23 (0016.jp2)
  7. 第2章 網膜視床下部路(RHT)に存在する神経伝達物質のSCNに対する作用-NMDA(N-methyl-D-aspartate)receptorの関与について- / p25 (0017.jp2)
  8. 第1節 SCN神経活動のサーカディアンリズムに対するNMDA作用 / p26 (0018.jp2)
  9. 考察 / p34 (0022.jp2)
  10. 第2節 NMDAによるSCN神経からのglutamate放出促進作用 / p35 (0022.jp2)
  11. 考察 / p45 (0027.jp2)
  12. 第3章 網膜視床下部路(RHT)に存在する神経伝達物質のSCNに対する作用-Substance P(SP)receptorの関与について- / p47 (0028.jp2)
  13. 第1節 SPによる位相変化作用 / p47 (0028.jp2)
  14. 第2節 SP誘発位相変化に対する諸種薬物の作用 / p53 (0031.jp2)
  15. 考察 / p55 (0032.jp2)
  16. 第3節 SPによるSCNからのglutamate放出作用 / p57 (0033.jp2)
  17. 考察 / p62 (0036.jp2)
  18. 第4節 網膜視床下部路(RHT)の光同調機構におけるγ-aminobutyric acid(GABA)の役割 / p64 (0037.jp2)
  19. 考察 / p74 (0042.jp2)
  20. 第4章 視交叉上核腹外側部に存在するペプチドの役割 / p77 (0043.jp2)
  21. 第1節 VIP(vasoactive intestinal polypetide)免疫陽性反応に対するSP、NMDA、GRP(gastrin releasing peptide)の作用 / p77 (0043.jp2)
  22. 第2節 SCN内leucine取り込みに対するVIPおよびGRPの作用 / p83 (0046.jp2)
  23. 第3節 SCN単一神経放電リズムに対するVIPおよびGRPの作用 / p87 (0048.jp2)
  24. 考察 / p91 (0050.jp2)
  25. 第5章 視交叉上核背内側部に存在するペプチドの役割 / p93 (0051.jp2)
  26. 第1節 SCN神経2-DG取り込みに対するSST(somatostatin)およびAVP(arginine-vasopressin) / p94 (0052.jp2)
  27. 第2節 SCN単一神経放電リズムに対するSSTおよびAVPの作用 / p96 (0053.jp2)
  28. 第3節 ハムスター輪回し行動リズムに対するSST枯渇薬の作用 / p104 (0057.jp2)
  29. 考察 / p110 (0060.jp2)
  30. 第6章 げっ歯類体内時計機構へのInositol triphosphate calcium channelの関与 / p112 (0061.jp2)
  31. 第1節 IP3-R1 mRNAおよびproteinのSCN内での発現 / p114 (0062.jp2)
  32. 第2節 IP3-R1措抗薬のSCN単一神経放電リズムに対する作用 / p130 (0070.jp2)
  33. 第3節 IP3-R1 S2領域ノックアウトマウスの飲水行動リズム / p140 (0075.jp2)
  34. 考察 / p146 (0078.jp2)
  35. 第7章 遺伝的破壊マウスを用いた日周期行動解析-P-53ノックアウトマウスを用いて- / p150 (0080.jp2)
  36. 考察 / p173 (0091.jp2)
  37. 総括 / p177 (0093.jp2)
  38. 参照文献 / p185 (0097.jp2)
  39. 謝辞 / p212 (0111.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131473
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966149
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295787
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ