浮遊物体を含む気中ギャップの直流フラッシオーバ機構と耐電圧特性

この論文をさがす

著者

    • 久冨木, 護 クブキ, マモル

書誌事項

タイトル

浮遊物体を含む気中ギャップの直流フラッシオーバ機構と耐電圧特性

著者名

久冨木, 護

著者別名

クブキ, マモル

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3721号

学位授与年月日

1996-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p10 (0012.jp2)
  3. 1.1 直流送電系統の構成 / p13 (0015.jp2)
  4. 1.2 直流送電線における電気絶縁環境 / p15 (0017.jp2)
  5. 1.3 浮遊物体を含むギャップのフラッシオーバ特性に関するこれまでの研究 / p18 (0020.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成と要約 / p32 (0034.jp2)
  7. 第2章 準平等電界ギャップ中に浮遊物体がある場合のフラッシオーバ特性 / p34 (0036.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p34 (0036.jp2)
  9. 2.2 実験の装置と方法 / p35 (0037.jp2)
  10. 2.3 実験結果と考察 / p40 (0042.jp2)
  11. 2.4 むすび / p71 (0073.jp2)
  12. 第3章 単極性イオン流場中に浮遊物体がある場合のフラッシオーバ特性 / p73 (0075.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p73 (0075.jp2)
  14. 3.2 実験の装置と方法 / p74 (0076.jp2)
  15. 3.3 実験結果と考察 / p78 (0080.jp2)
  16. 3.4 むすび / p99 (0101.jp2)
  17. 第4章 浮遊物体を含むギャップのフラッシオーバ機構とフラッシオーバ電圧の推定 / p101 (0103.jp2)
  18. 4.1 まえがき / p101 (0103.jp2)
  19. 4.2 浮遊物体を含むギャップの電界計算 / p102 (0104.jp2)
  20. 4.3 ブレークダウンストリーマ中の電界強度 / p110 (0112.jp2)
  21. 4.4 浮遊物体を含むギャップで発生する可能性のあるフラッシオーバ過程 / p111 (0113.jp2)
  22. 4.5 それぞれのフラッシオーバ過程におけるフラッシオーバ電圧の推定 / p113 (0115.jp2)
  23. 4.6 フラッシオーバ電圧の実験値と推定値の比較 / p115 (0117.jp2)
  24. 4.7 むすび / p140 (0142.jp2)
  25. 第5章 総括 / p142 (0144.jp2)
  26. 5.1 本論文のまとめ / p142 (0144.jp2)
  27. 5.2 今後の研究課題 / p144 (0146.jp2)
  28. 参考文献 / p146 (0148.jp2)
  29. 謝辞 / p150 (0152.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131481
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966156
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295795
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ