圧縮性・非圧縮性流れの数値計算における高解像度スキームの応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 赤松, 幹夫 アカマツ, ミキオ

書誌事項

タイトル

圧縮性・非圧縮性流れの数値計算における高解像度スキームの応用に関する研究

著者名

赤松, 幹夫

著者別名

アカマツ, ミキオ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3735号

学位授与年月日

1996-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 1.緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 背景 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究が解決しようとする課題 / p6 (0011.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p6 (0011.jp2)
  7. 2.Pressure-Based Methodにおける高解像度スキーム / p7 (0012.jp2)
  8. 2.1 対象とする流れの基礎式 / p7 (0012.jp2)
  9. 2.2 Pressure-Based Methodのアルゴリズム / p8 (0013.jp2)
  10. 2.3 高解像度スキームの概要 / p12 (0017.jp2)
  11. 2.4 Pressure-Based MethodにおけるTVDスキーム / p19 (0024.jp2)
  12. 2.5 TVD時間進行法 / p30 (0035.jp2)
  13. 2.6 曲線格子および不等間隔格子に対するアルゴリズム / p37 (0042.jp2)
  14. 2.7 多次元空間への拡張 / p40 (0045.jp2)
  15. 2.8 要約 / p46 (0051.jp2)
  16. 第2章図表 / p48 (0053.jp2)
  17. 3.圧縮性・非圧縮性流れの統合解法 / p75 (0080.jp2)
  18. 3.1 Pressure-Based Methodによる統合解法 / p75 (0080.jp2)
  19. 3.2 改良ICE法のアルゴリズム / p76 (0081.jp2)
  20. 3.3 セル界面の密度の風上化 / p81 (0086.jp2)
  21. 3.4 人工粘性の付加 / p82 (0087.jp2)
  22. 3.5 低流速流れに対する簡略化アルゴリズム / p83 (0088.jp2)
  23. 3.6 要約 / p83 (0088.jp2)
  24. 第3章図 / p85 (0090.jp2)
  25. 4.検証計算 / p86 (0091.jp2)
  26. 4.1 低流速流れの問題 / p86 (0091.jp2)
  27. 4.2 高流速流れの問題 / p93 (0098.jp2)
  28. 4.3 要約 / p98 (0103.jp2)
  29. 第4章図 / p99 (0104.jp2)
  30. 5.結言 / p129 (0134.jp2)
  31. 5.1 本研究の成果 / p129 (0134.jp2)
  32. 5.2 今後の課題 / p130 (0135.jp2)
  33. 謝辞 / p131 (0136.jp2)
  34. 参考文献 / p132 (0137.jp2)
  35. 付録 / p135 (0140.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131495
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966168
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295809
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ