高エネルギー陽子入射反応における中性子生成二重微分断面積の測定

この論文をさがす

著者

    • 中本, 建志 ナカモト, タツシ

書誌事項

タイトル

高エネルギー陽子入射反応における中性子生成二重微分断面積の測定

著者名

中本, 建志

著者別名

ナカモト, タツシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3737号

学位授与年月日

1996-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 高エネルギー核データの必要性 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 INCE模型計算コードの概要 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と本論文の構成 / p4 (0008.jp2)
  6. 第2章 予備実験 / p6 (0010.jp2)
  7. 2.1 測定環境及び問題点 / p6 (0010.jp2)
  8. 2.2 検出器の配置 / p8 (0012.jp2)
  9. 2.3 バックグラウンド測定 / p11 (0015.jp2)
  10. 2.4 鉄シールドの影響 / p11 (0015.jp2)
  11. 2.5 床散乱中性子の影響 / p13 (0017.jp2)
  12. 2.6 中性子及びγ線の波形弁別 / p20 (0024.jp2)
  13. 2.7 予備実験の結果 / p24 (0028.jp2)
  14. 第3章 中性子生成二重微分断面積測定 / p28 (0032.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p28 (0032.jp2)
  16. 3.2 入射陽子ビーム / p28 (0032.jp2)
  17. 3.3 中性子測定系 / p37 (0041.jp2)
  18. 3.4 ターゲット / p43 (0047.jp2)
  19. 第4章 データ解析 / p48 (0052.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p48 (0052.jp2)
  21. 4.2 入射陽子ビーム中からの偶発的事象の除去 / p49 (0053.jp2)
  22. 4.3 ベト検出器との反同時計測による荷電粒子の除去 / p51 (0055.jp2)
  23. 4.4 ゲート積分法による波形弁別 / p53 (0057.jp2)
  24. 4.5 バックグラウンド中性子の除去 / p59 (0063.jp2)
  25. 4.6 中性子検出効率 / p61 (0065.jp2)
  26. 4.7 断面積及びエネルギーの算出 / p72 (0076.jp2)
  27. 4.8 データ補正 / p75 (0079.jp2)
  28. 4.9 不確定性及びエネルギー分解能 / p94 (0098.jp2)
  29. 第5章 実験結果及び考察 / p100 (0104.jp2)
  30. 5.1 LANLにおける実験結果との比較 / p100 (0104.jp2)
  31. 5.2 計算結果との比較及び考察 / p105 (0109.jp2)
  32. 第6章 結論及びこれからの課題 / p132 (0136.jp2)
  33. 謝辞 / p136 (0140.jp2)
  34. 参考文献 / p137 (0141.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131497
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966170
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295811
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ