船舶動揺軽減装置の開発とその性能に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山口, 悟 ヤマグチ, サトル

書誌事項

タイトル

船舶動揺軽減装置の開発とその性能に関する研究

著者名

山口, 悟

著者別名

ヤマグチ, サトル

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3759号

学位授与年月日

1996-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 船の動揺軽減に関する研究の状況 / p3 (0008.jp2)
  5. 1.3 船舶動揺軽減装置の概念と形式 / p10 (0015.jp2)
  6. 1.4 研究の目的と意義 / p22 (0027.jp2)
  7. 1.5 能動型動揺軽減タンクによる船体横揺制御系の設計法の概要と本研究の内容 / p25 (0030.jp2)
  8. 2 動揺軽減タンクの特性解析法 / p29 (0034.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p29 (0034.jp2)
  10. 2.2 船体運動とタンク内の液体流動との連成 / p31 (0036.jp2)
  11. 2.3 U-字管理論(渡辺理論) / p38 (0043.jp2)
  12. 2.4 有限差分法に基づく数値解析法 / p43 (0048.jp2)
  13. 2.5 タンク内液体流動の固有周期推算法 / p51 (0056.jp2)
  14. 2.6 タンク内液体流動の減衰係数推算法 / p59 (0064.jp2)
  15. 2.7 結言 / p61 (0066.jp2)
  16. 3 能動型減揺タンクシステムの制御性能 / p81 (0086.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p81 (0086.jp2)
  18. 3.2 従来の能動型減揺タンクシステムの設計法 / p83 (0088.jp2)
  19. 3.3 PID制御方式に基づく制御システムの構築 / p88 (0093.jp2)
  20. 3.4 適応制御理論に基づく制御システムの構築 / p97 (0102.jp2)
  21. 3.5 結言 / p105 (0110.jp2)
  22. 4 能動型減揺タンクによる船体横揺低減システムの設計法 / p134 (0139.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p134 (0139.jp2)
  24. 4.2 減揺タンクの設計指針 / p135 (0140.jp2)
  25. 4.3 適応制御による横揺軽減タンクシステムの設計例 / p139 (0144.jp2)
  26. 4.4 結言 / p143 (0148.jp2)
  27. 5 船舶動揺軽減装置の課題と展望 / p159 (0164.jp2)
  28. 謝辞 / p163 (0168.jp2)
  29. 参考文献 / p164 (0169.jp2)
  30. 主要記号一覧表 / p176 (0181.jp2)
  31. 表図表題一覧表 / p180 (0185.jp2)
  32. 付録 MAC法のアルゴリズム / p187 (0192.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131519
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966190
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000295833
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ