HLA DRB4 0101-restricted immunodominant T cell autoepitope of pyruvate dehydrogenase complex in primary biliary cirrhosis : evidence of molecular mimicry in human autoimmune diseases 原発性胆汁性肝硬変におけるピルビン酸脱水素酵素複合体のHLA DRB4 0101拘束性T細胞エピトープ : ヒト自己免疫性疾患における分子相同性の証明

この論文をさがす

著者

    • 下田, 慎治 シモダ, シンジ

書誌事項

タイトル

HLA DRB4 0101-restricted immunodominant T cell autoepitope of pyruvate dehydrogenase complex in primary biliary cirrhosis : evidence of molecular mimicry in human autoimmune diseases

タイトル別名

原発性胆汁性肝硬変におけるピルビン酸脱水素酵素複合体のHLA DRB4 0101拘束性T細胞エピトープ : ヒト自己免疫性疾患における分子相同性の証明

著者名

下田, 慎治

著者別名

シモダ, シンジ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第6130号

学位授与年月日

1996-02-20

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131622
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966282
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295936
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ