回折トモグラフィの再構成法の開発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 原田, 治行 ハラダ, ハルユキ

書誌事項

タイトル

回折トモグラフィの再構成法の開発に関する研究

著者名

原田, 治行

著者別名

ハラダ, ハルユキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6142号

学位授与年月日

1996-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 回折トモグラフィの再構成法の研究状況 / p4 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p11 (0009.jp2)
  6. 1.4 問題の定式化 / p13 (0010.jp2)
  7. 第2章 逐次線形近似法による回折トモグラフィの再構成法 / p21 (0014.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p21 (0014.jp2)
  9. 2.2 非線形作用素方程式の導出 / p21 (0014.jp2)
  10. 2.3 ニュートン・カントロビッチ法による再構成法 / p23 (0015.jp2)
  11. 2.4 修正ニュートン・カントロビッチ法による再構成法 / p25 (0016.jp2)
  12. 2.5 まとめ / p48 (0028.jp2)
  13. 第3章 最適化手法に基づく回折トモグラフィの再構成法 / p50 (0029.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p50 (0029.jp2)
  15. 3.2 評価関数(汎関数)の定義と最適化問題 / p51 (0030.jp2)
  16. 3.3 汎関数の勾配の導出 / p54 (0031.jp2)
  17. 3.4 共役勾配法による再構成法 / p58 (0033.jp2)
  18. 3.5 再構成結果と離散化誤差の検討 / p61 (0035.jp2)
  19. 3.6 再構成結果の分解能と事前情報を用いた収束特性の改善 / p70 (0039.jp2)
  20. 3.7 再構成アルゴリズムの安定性の検討 / p74 (0041.jp2)
  21. 3.8 まとめ / p78 (0043.jp2)
  22. 第4章 最適化手法に基づく回折トモグラフィの再構成法の3次元への拡張 / p80 (0044.jp2)
  23. 4.1 まえがき / p80 (0044.jp2)
  24. 4.2 3次元逆散乱問題の定式化 / p80 (0044.jp2)
  25. 4.3 評価関数(汎関数)の定義と勾配の導出 / p90 (0049.jp2)
  26. 4.4 共役勾配法による再構成結果 / p93 (0051.jp2)
  27. 4.5 再構成アルゴリズムの安定性の検討 / p103 (0056.jp2)
  28. 4.6 まとめ / p110 (0059.jp2)
  29. 第5章 結論 / p111 (0060.jp2)
  30. 5.1 逐次線形近似法 / p111 (0060.jp2)
  31. 5.2 最適化手法 / p113 (0061.jp2)
  32. 謝辞 / p116 (0063.jp2)
  33. 参考文献 / p117 (0064.jp2)
  34. 付録A 2次元非線形作用素のフレシェ微分 / p122 (0067.jp2)
  35. 付録B 双一次内挿法 / p126 (0069.jp2)
  36. 付録C 半径a,複素屈折率[数式]の円柱散乱体の物体関数のフーリエスペクトル / p129 (0071.jp2)
  37. 付録D 3次元非線形作用素のフレシェ微分 / p131 (0072.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131634
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966294
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295948
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ