定電流コンバータの高精度化および高効率化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山本, 克彦 ヤマモト, カツヒコ

書誌事項

タイトル

定電流コンバータの高精度化および高効率化に関する研究

著者名

山本, 克彦

著者別名

ヤマモト, カツヒコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6174号

学位授与年月日

1996-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. まえがき / p1 (0005.jp2)
  3. 1.序論 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.1 定電流コンバータの概要 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.2 定電流コンバータの課題 / p39 (0024.jp2)
  6. 2.小容量無制御形定電流コンバ一タの高精度化技術 / p48 (0029.jp2)
  7. 2.1 小容量無制御形定電流コンバータの背景及び要求条件 / p48 (0029.jp2)
  8. 2.2 可飽和リアクトル形定電流コンバータの基本動作原理 / p59 (0034.jp2)
  9. 2.3 スイッチング変換部の高精度化技術 / p63 (0036.jp2)
  10. 2.4 可飽和リアクトル等の適用部品による高精度化技術 / p89 (0049.jp2)
  11. 2.5 簡易補償回路による高精度化技術 / p118 (0064.jp2)
  12. 2.6 実用化例 / p132 (0071.jp2)
  13. 2.7 まとめ / p138 (0074.jp2)
  14. 3.制御形定電流コンバータの高精度化技術 / p141 (0075.jp2)
  15. 3.1 長距離電力伝送用定電流コンバータの背景と要求条件 / p141 (0075.jp2)
  16. 3.2 制御形定電流コンバータの高精度化の課題 / p145 (0077.jp2)
  17. 3.3 従来の制御形定電流コンバータの制御系構成 / p150 (0080.jp2)
  18. 3.4 高精度定電流コンバータ実現のための制御系構成 / p158 (0084.jp2)
  19. 3.5 従来の電流検出器の問題点 / p174 (0092.jp2)
  20. 3.6 BRA電流検出器の概要 / p177 (0093.jp2)
  21. 3.7 回路構成および動作原理 / p182 (0096.jp2)
  22. 3.8 動作解析 / p188 (0099.jp2)
  23. 3.9 設計法と応用 / p202 (0106.jp2)
  24. 3.10 BRA回路の定電流コンバータヘの実用化例 / p209 (0109.jp2)
  25. 3.11 まとめ / p215 (0112.jp2)
  26. 4.長距離電力伝送用定電流コンバータの高効率化技術 / p223 (0116.jp2)
  27. 4.1 システムのディジタル化、光化による必要電力の増加 / p223 (0116.jp2)
  28. 4.2 従来の定電流コンバータとその問題点 / p226 (0118.jp2)
  29. 4.3 直列共振形定電流コンバータ / p228 (0119.jp2)
  30. 4.4 回路解析 / p235 (0122.jp2)
  31. 4.5 高効率化技術 / p238 (0124.jp2)
  32. 4.6 規格化周波数比Fの最適化技術 / p240 (0125.jp2)
  33. 4.7 主スイッチ素子の低損失化技術 / p244 (0127.jp2)
  34. 4.8 巻線の低損失化技術 / p250 (0130.jp2)
  35. 4.9 定電流コンバータの高効率化技術の実用化例 / p282 (0146.jp2)
  36. 4.10 まとめ / p285 (0147.jp2)
  37. 5.結論 / p298 (0154.jp2)
  38. 謝辞 / p300 (0155.jp2)
  39. 参考文献 / p301 (0155.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131666
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966326
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000295980
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ