高純度ゲルマニウム検出器を用いたβ[+]線最大エネルギーの測定

この論文をさがす

著者

    • 長, 明彦 オサ, アキヒコ

書誌事項

タイトル

高純度ゲルマニウム検出器を用いたβ[+]線最大エネルギーの測定

著者名

長, 明彦

著者別名

オサ, アキヒコ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3323号

学位授与年月日

1996-02-28

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(工学) (課程) 学位授与年月日:平成8年2月28日

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 β線測定器 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 研究の目的 / p3 (0008.jp2)
  6. 1.4 遷移領域の中性子欠損核の崩壊に関するこれまでの研究 / p6 (0011.jp2)
  7. 1.5 論文の構成 / p7 (0012.jp2)
  8. 2 陽電子線に対するHPGe検出器の応答関数の作成 / p9 (0014.jp2)
  9. 2.1 応答関数の作成の意義 / p9 (0014.jp2)
  10. 2.2 陽電子線に対するHPGe検出器の応答関数の作成 / p9 (0014.jp2)
  11. 2.3 応答関数のエネルギー依存性 / p10 (0015.jp2)
  12. 2.4 モンテカルロ法による計算機シミュレーション / p13 (0018.jp2)
  13. 3 β⁺線スペクトルの解析 / p18 (0023.jp2)
  14. 3.1 β⁺線スペクトルの解析上の問題点 / p18 (0023.jp2)
  15. 3.2 応答関数のモデル化 / p19 (0024.jp2)
  16. 3.3 解析検討用β⁺線線源の作成と測定 / p19 (0024.jp2)
  17. 3.4 解析の手順 / p21 (0026.jp2)
  18. 3.5 結果 / p24 (0029.jp2)
  19. 3.6 β⁺線-消滅γ線同時計数測定法 / p29 (0034.jp2)
  20. 4 短寿命中性子欠損核のβ⁺線測定 / p34 (0039.jp2)
  21. 4.1 重イオン反応による中性子欠損核の生成および分離 / p34 (0039.jp2)
  22. 4.2 β⁺線測定 / p37 (0042.jp2)
  23. 4.3 崩壊図式の作成 / p38 (0043.jp2)
  24. 5 結果及び議論 / p46 (0051.jp2)
  25. 5.1 β⁺線最大エネルギーの測定 / p46 (0051.jp2)
  26. 5.2 崩壊図式の作成 / p58 (0063.jp2)
  27. 5.3 議論 / p82 (0087.jp2)
  28. 6 まとめ / p88 (0093.jp2)
  29. 6.1 結論 / p88 (0093.jp2)
  30. 6.2 今後 / p89 (0094.jp2)
  31. 謝辞 / p91 (0096.jp2)
  32. 参考文献 / p93 (0098.jp2)
  33. 発表論文一覧 / p99 (0104.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131701
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966359
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296015
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ