【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

次世代電力系統における超伝導送電システムの導入効果に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 丈佳 カトウ, タケヨシ

書誌事項

タイトル

次世代電力系統における超伝導送電システムの導入効果に関する研究

著者名

加藤, 丈佳

著者別名

カトウ, タケヨシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3390号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(工学) (課程) 学位授与年月日:平成8年3月25日

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 大都市地域における電気エネルギー需要 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 大都市地域への電力供給の現状 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.3 超伝導送電システム / p8 (0009.jp2)
  6. 1.4 交流超伝導ケーブルの開発状況 / p10 (0010.jp2)
  7. 1.5 超伝導電力機器の電力システムへの適用可能性 / p12 (0011.jp2)
  8. 1.6 大都市電力システムにおける交流超伝導ケーブルの導入形態 / p13 (0011.jp2)
  9. 1.7 本研究の目的と内容 / p16 (0013.jp2)
  10. 第1章の参考文献 / p21 (0015.jp2)
  11. 第2章 超伝導ケーブルが導入された大都市送電系統全体の送電損失の評価 / p25 (0017.jp2)
  12. 2.1 まえがき / p25 (0017.jp2)
  13. 2.2 超伝導ケーブルの概要 / p26 (0018.jp2)
  14. 2.3 超伝導ケーブルを含む電力系統の各種送電損失 / p28 (0019.jp2)
  15. 2.4 超伝導ケーブルを基幹とする大都市電力システム全体の送電損失 / p30 (0020.jp2)
  16. 2.5 超伝導送電を基幹とする電力システム全体の送電損失の動向評価 / p38 (0024.jp2)
  17. 2.6 送電損失からみた超伝導ケーブルの設計仕様 / p46 (0028.jp2)
  18. 2.7 あとがき / p49 (0029.jp2)
  19. 第2章の参考文献 / p52 (0031.jp2)
  20. 第3章 大容量超伝導ケーブルが導入された大都市電力系統の電圧安定性評価 / p54 (0032.jp2)
  21. 3.1 まえがき / p54 (0032.jp2)
  22. 3.2 超伝導ケーブルの線路定数 / p55 (0032.jp2)
  23. 3.3 1機-1負荷モデル系統における電圧特性の評価 / p57 (0033.jp2)
  24. 3.4 大都市電力系統における電圧安定性評価 / p62 (0036.jp2)
  25. 3.5 あとがき / p69 (0039.jp2)
  26. 第3章の参考文献 / p71 (0040.jp2)
  27. 第4章 大都市高需要地域の瞬時電圧低下に対する超伝導送電の導入効果 / p72 (0041.jp2)
  28. 4.1 まえがき / p72 (0041.jp2)
  29. 4.2 瞬時電圧低下の軽減効果 / p73 (0041.jp2)
  30. 4.3 超伝導ケーブルを導入した大都市モデル系統 / p79 (0044.jp2)
  31. 4.4 地絡故障時における各母線の電圧低下量 / p81 (0045.jp2)
  32. 4.5 負荷機器における瞬時電圧低下の影響の低減 / p87 (0048.jp2)
  33. 4.6 検討 / p88 (0049.jp2)
  34. 4.7 あとがき / p90 (0050.jp2)
  35. 第4章の参考文献 / p92 (0051.jp2)
  36. 第5章 一貫超伝導送電モデルシステムによる実負荷電力伝送 / p93 (0051.jp2)
  37. 5.1 まえがき / p93 (0051.jp2)
  38. 5.2 PROMISEの構成 / p95 (0052.jp2)
  39. 5.3 各機器のクエンチ電流値 / p100 (0055.jp2)
  40. 5.4 液体ヘリウム絶縁 / p101 (0055.jp2)
  41. 5.5 課電・通電の合成試験 / p103 (0056.jp2)
  42. 5.6 実負荷に対する電力伝送 / p106 (0058.jp2)
  43. 5.7 長尺クライオスタットの冷却過程 / p109 (0059.jp2)
  44. 5.8 PROMISEにおける送電損失の評価 / p112 (0061.jp2)
  45. 5.9 あとがき / p118 (0064.jp2)
  46. 第5章の参考文献 / p120 (0065.jp2)
  47. 第6章 総括 / p123 (0066.jp2)
  48. 6.1 まえがき / p123 (0066.jp2)
  49. 6.2 超伝導ケーブル導入系統全体の送電損失 / p124 (0067.jp2)
  50. 6.3 超伝導ケーブル導入系統の電圧安定性 / p125 (0067.jp2)
  51. 6.4 大都市高需要地域における瞬時電圧低下の軽減 / p127 (0068.jp2)
  52. 6.5 一貫超伝導送電モデルシステム(PROMISE)による実負荷電力伝送 / p128 (0069.jp2)
  53. 6.6 超伝導送電システム実現のための今後の課題 / p130 (0070.jp2)
  54. 謝辞 / p134 (0072.jp2)
  55. 付録-A 超伝導ケーブルの概念設計 / p135 (0072.jp2)
  56. A.1 設計方針 / p135 (0072.jp2)
  57. A.2 超伝導ケーブルの内部導体径 / p135 (0072.jp2)
  58. A.3 絶縁設計 / p137 (0073.jp2)
  59. A.4 外径の算出 / p138 (0074.jp2)
  60. A.5 冷却設計 / p138 (0074.jp2)
  61. A.6 設計手順 / p140 (0075.jp2)
  62. 付録Aの参考文献 / p144 (0077.jp2)
  63. 付録-B 在来地中ケーブルの損失の算出 / p145 (0077.jp2)
  64. B.1 抵抗損失 / p145 (0077.jp2)
  65. B.2 誘電体損失 / p145 (0077.jp2)
  66. B.3 シース損失 / p145 (0077.jp2)
  67. 付録-C BETA都市モデル系統の負荷分布および線路定数 / p148 (0079.jp2)
  68. 付録-D ALPHA都市モデル系統の負荷分布および線路定数 / p152 (0081.jp2)
  69. 付録-E 一貫超伝導送電モデルシステム(PROMISE)の構成 / p156 (0083.jp2)
  70. E.1 クライオスタット構造 / p156 (0083.jp2)
  71. E.2 高電圧ブッシング / p156 (0083.jp2)
  72. E.3 超伝導線材 / p162 (0086.jp2)
  73. E.4 超伝導変圧器 / p164 (0087.jp2)
  74. E.5 超伝導限流器 / p167 (0088.jp2)
  75. E.6 超伝導模擬ケーブル / p170 (0090.jp2)
  76. 付録Eの参考文献 / p171 (0090.jp2)
  77. 本研究に関して発表した論文 / p172 (0091.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131768
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966414
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296082
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ