超伝導送電システムにおけるクエンチ現象とクエンチ保護に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 唐, 躍進 タン, ユウジン

書誌事項

タイトル

超伝導送電システムにおけるクエンチ現象とクエンチ保護に関する研究

著者名

唐, 躍進

著者別名

タン, ユウジン

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3403号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 電力分野における超伝導応用技術の進歩 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 一貫超伝導送電システムの構想 / p11 (0010.jp2)
  6. 1.4 超伝導機器のクエンチ保護 / p13 (0011.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的と内容 / p15 (0012.jp2)
  8. 第1章の参考文献 / p19 (0014.jp2)
  9. 第2章 一貫超伝導送電モデルシステムの構築とそれにおけるクエンチ現象 / p24 (0017.jp2)
  10. 2.1 まえがき / p24 (0017.jp2)
  11. 2.2 一貫超伝導送電モデルシステム-PROMISEの構築 / p26 (0018.jp2)
  12. 2.3 一貫超伝導送電モデルシステム-PROMISEの基本特性 / p36 (0023.jp2)
  13. 2.4 一貫超伝導送電モデルシステム-PROMISEにおけるクエンチ現象 / p42 (0026.jp2)
  14. 2.5 一貫超仏導送電モデルシステム-PROMISEにおけるクエンチ保護 / p47 (0028.jp2)
  15. 2.6 検討 / p53 (0031.jp2)
  16. 2.7 まとめ / p58 (0034.jp2)
  17. 第2章の参考文献 / p60 (0035.jp2)
  18. 第3章 超伝導コイルのクエンチ電流値に及ぼす自己磁界の影響 / p63 (0036.jp2)
  19. 3.1 まえがき / p63 (0036.jp2)
  20. 3.2 供試超伝道コイル / p64 (0037.jp2)
  21. 3.3 超伝導コイルAにおけるクエンチ現象 / p66 (0038.jp2)
  22. 3.4 コイルAのクエンチ電流値に及ぼす自己磁界の影響 / p73 (0041.jp2)
  23. 3.5 超伝導コイル-Bにおける実験結果 / p80 (0045.jp2)
  24. 3.6 まとめ / p81 (0045.jp2)
  25. 第3章の参考文献 / p83 (0046.jp2)
  26. 第4章 交流用超伝導撚線におけるクエンチ電流-時間特性 / p85 (0047.jp2)
  27. 4.1 まえがき / p85 (0047.jp2)
  28. 4.2 供試サンプル / p87 (0048.jp2)
  29. 4.3 過電流に対する供試サンプルIのクエンチ電流値 / p89 (0049.jp2)
  30. 4.4 供試サンプルIのクエンチ電流-時間特性 / p94 (0052.jp2)
  31. 4.5 線材の構成によるクエンチ電流-時間特性の相違 / p96 (0053.jp2)
  32. 4.6 供試サンプルの撚線におけるクエンチ進展過程 / p100 (0055.jp2)
  33. 4.7 撚線のクエンチ電流-時間特性に及ぼす素線レベルのクエンチ電流値の影響 / p111 (0060.jp2)
  34. 4.8 検討 / p115 (0062.jp2)
  35. 4.9 まとめ / p119 (0064.jp2)
  36. 第5章の参考文献 / p122 (0066.jp2)
  37. 第5章 超伝導送電システムにおけるクエンチ電流レベル協調の提案 / p124 (0067.jp2)
  38. 5.1 まえがき / p124 (0067.jp2)
  39. 5.2 クエンチ電流レベル協調の概念 / p125 (0067.jp2)
  40. 5.3 クエンチ電流レベル協調と絶縁協調との双対性 / p129 (0069.jp2)
  41. 5.4 クエンチ保護裕度mと運用裕度kに関する一考察 / p131 (0070.jp2)
  42. 5.5 検討 / p137 (0073.jp2)
  43. 5.6 あとがき / p139 (0074.jp2)
  44. 第4章の参考文献 / p141 (0075.jp2)
  45. 第6章 総括 / p142 (0076.jp2)
  46. 6.1 まえがき / p142 (0076.jp2)
  47. 6.2 一貫超伝導送電モデルシステムの構築とそれにおけるクエンチ現象 / p143 (0076.jp2)
  48. 6.3 超伝導コイルのクエンチ電流値に及ぼす自己磁界の影響 / p144 (0077.jp2)
  49. 6.4 交流用超伝導撚線におけるクエンチ電流-時間特性 / p145 (0077.jp2)
  50. 6.5 超伝導送電システムにおけるクエンチ電流レベル協調の提案 / p147 (0078.jp2)
  51. 6.6 今後の課題 / p148 (0079.jp2)
  52. 謝辞 / p150 (0080.jp2)
  53. 付録A 一貫超伝導送電モデルシステムにおける7回の冷却・通電試験実施状況 / p151 (0080.jp2)
  54. A.1 全7回の冷却・通電試験の概要 / p151 (0080.jp2)
  55. A.2 第7回冷却・通電試験における作業工程 / p151 (0080.jp2)
  56. A.3 全7回冷却・通電試験におけるLHe液面高時間変化の比較 / p153 (0081.jp2)
  57. 付録B 一貫超伝導送電モデルシステムの6000V・170A課電・通電の合成試験 / p157 (0083.jp2)
  58. B.1 電圧印加試験 / p157 (0083.jp2)
  59. B.2 電圧印加・電流通電の合成試験 / p158 (0084.jp2)
  60. 付録C 一貫超伝導送電モデルシステムによる実負荷電力伝送 / p159 (0084.jp2)
  61. C.1 試験回路 / p159 (0084.jp2)
  62. C.2 試験結果 / p159 (0084.jp2)
  63. 本研究に関して発表した論文 / p161 (0085.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131781
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966425
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296095
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ