電磁流体中の衝撃波の反射・干渉現象に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小川, 博之 オガワ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

電磁流体中の衝撃波の反射・干渉現象に関する研究

著者名

小川, 博之

著者別名

オガワ, ヒロユキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3423号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p5 (0007.jp2)
  3. 2 電磁流体力学方程式について / p7 (0009.jp2)
  4. 2.1 記号 / p7 (0009.jp2)
  5. 2.2 電磁流体方程式の導出 / p8 (0010.jp2)
  6. 2.3 電磁流体方程式の適用範囲 / p10 (0012.jp2)
  7. 2.4 電磁流体中の線形特性波 / p10 (0012.jp2)
  8. 3 電磁流体中の衝撃波について / p13 (0015.jp2)
  9. 3.1 記号 / p13 (0015.jp2)
  10. 3.2 電磁流体方程式のランキン・ユゴニオ関係式 / p14 (0016.jp2)
  11. 3.3 MHDにおける衝撃波 / p18 (0020.jp2)
  12. 3.4 intermediate shockの存在について / p21 (0023.jp2)
  13. 3.5 電磁流体衝撃波による磁束密度の変化と電流密度 / p22 (0024.jp2)
  14. 4 電磁流体衝撃波の完全導体楔による非定常反射現象の数値解析 / p23 (0025.jp2)
  15. 4.1 記号 / p23 (0025.jp2)
  16. 4.2 取り扱う問題 / p24 (0026.jp2)
  17. 4.3 支配方程式と数値解析法 / p24 (0026.jp2)
  18. 4.4 境界条件 / p35 (0037.jp2)
  19. 4.5 初期条件 / p36 (0038.jp2)
  20. 4.6 入射衝撃波の反射の非定常過程:衝撃波の分解 / p37 (0039.jp2)
  21. 4.7 反射形態 / p37 (0039.jp2)
  22. 4.8 Wave Configuration / p49 (0051.jp2)
  23. 4.9 まとめ / p55 (0057.jp2)
  24. 5 電磁流体衝撃波のShock Polar / p59 (0061.jp2)
  25. 5.1 記号 / p59 (0061.jp2)
  26. 5.2 Field-Alignedの場合のRankine-Hugoniot関係式 / p60 (0062.jp2)
  27. 5.3 “Total Pressure-屈折角”Shock Polar / p62 (0064.jp2)
  28. 5.4 Shock Polar Diagram / p62 (0064.jp2)
  29. 5.5 Shock Polar Diagramの各領域間の境界 / p64 (0066.jp2)
  30. 5.6 Shock Polarの例 / p66 (0068.jp2)
  31. 5.7 まとめ / p70 (0072.jp2)
  32. 6 電磁流体衝撃波の完全導体壁による正常反射現象のShock Polar解析 / p73 (0075.jp2)
  33. 6.1 記号 / p73 (0075.jp2)
  34. 6.2 二衝撃波理論と支配方程式 / p74 (0076.jp2)
  35. 6.3 正常反射解のShock Polar解 / p76 (0078.jp2)
  36. 6.4 入射衝撃波の種類と反射衝撃波の種類の組合せ / p78 (0080.jp2)
  37. 6.5 入射衝撃波と反射衝撃波との間の角度について / p79 (0081.jp2)
  38. 6.6 Shock Reflection Diagram / p80 (0082.jp2)
  39. 6.7 Regular Reflection Diagram / p85 (0087.jp2)
  40. 6.8 正常反射解の例 / p89 (0091.jp2)
  41. 6.9 まとめ / p93 (0095.jp2)
  42. 7 Fast Shockの正常反射と非正常反射の間の遷移 / p99 (0101.jp2)
  43. 7.1 記号 / p99 (0101.jp2)
  44. 7.2 Detachment Criterion / p100 (0102.jp2)
  45. 7.3 Sonic Criterion / p100 (0102.jp2)
  46. 7.4 Mechanical Equilibrium Criterion / p100 (0102.jp2)
  47. 7.5 数値実験における反射点の移動速度 / p101 (0103.jp2)
  48. 7.6 各Criterionと数値計算結果との比較 / p106 (0108.jp2)
  49. 7.7 まとめ / p110 (0112.jp2)
  50. 8 電磁流体衝撃波の三重点の解析 / p111 (0113.jp2)
  51. 8.1 記号 / p111 (0113.jp2)
  52. 8.2 3衝撃波理論と支配方程式 / p112 (0114.jp2)
  53. 8.3 Field-Alignedの場合の三重点のShock Polar解 / p116 (0118.jp2)
  54. 8.4 三重点の分類 / p117 (0119.jp2)
  55. 8.5 分類間の関係 / p122 (0124.jp2)
  56. 8.6 三重点の例 / p129 (0131.jp2)
  57. 8.7 三重点Shock Polar解析の応用例 / p150 (0152.jp2)
  58. 8.8 まとめ / p154 (0156.jp2)
  59. 9 総括 / p157 (0159.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131801
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966442
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296115
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ