一次元非線形系におけるパターン形成

この論文をさがす

著者

    • 中沢, 初美 ナカザワ, ハツミ

書誌事項

タイトル

一次元非線形系におけるパターン形成

著者名

中沢, 初美

著者別名

ナカザワ, ハツミ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3428号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p3 (0005.jp2)
  2. I 高分子ゲル系のスピノーダル不安定に対する架橋反応の効果 / p1 (0006.jp2)
  3. 1 イントロダクション / p2 (0007.jp2)
  4. 2 連続的に追加架橋されるゲルの自由エネルギー / p6 (0009.jp2)
  5. 3 熱力学的不安定状態下で架橋反応が進行するゲルのダイナミックス / p10 (0011.jp2)
  6. 4 不均一ゲルの相安定性 / p22 (0017.jp2)
  7. 5 議論 / p30 (0021.jp2)
  8. II モータータンパク質(ミオシン)によって引き起こされるアクチン繊維の“極性揃え"のメカニズム / p32 (0022.jp2)
  9. 6 イントロダクション / p33 (0022.jp2)
  10. 7 要素(アクチン繊維、ミオシン)の運動モデルの構築 / p47 (0029.jp2)
  11. 8 アクチン繊維束とミオシンの連続モデル / p67 (0039.jp2)
  12. 9 結果 / p77 (0044.jp2)
  13. 10 まとめと議論 / p101 (0056.jp2)
  14. A 3次元ゲルでの定式化 / p105 (0058.jp2)
  15. B 架橋剤密度に対するキネティック方程式 / p108 (0060.jp2)
  16. C 発展方程式の無次元化 / p109 (0060.jp2)
  17. D 浸透圧縮弾性率とブロッホ固有値 / p110 (0061.jp2)
  18. E モデル方程式の無次元化と線形化 / p112 (0062.jp2)
  19. F Friedrichsスキーム / p117 (0064.jp2)
  20. G アクチン繊維の束の断面に働<応力 / p118 (0065.jp2)
  21. Biliography / p121 (0066.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131806
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966446
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296120
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ