コンクリート構造部材のせん断耐荷機構の評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 崔, 益暢 チョイ, イキチャン

書誌事項

タイトル

コンクリート構造部材のせん断耐荷機構の評価に関する研究

著者名

崔, 益暢

著者別名

チョイ, イキチャン

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3431号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. -目次- / p1 (0003.jp2)
  2. 1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 概説 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本論文の内容 / p5 (0007.jp2)
  5. 2章 コンクリートはり部材のせん断問題に対する既往の研究 / p8 (0009.jp2)
  6. 2.1 概説 / p8 (0009.jp2)
  7. 2.2 有限要素解析法 / p8 (0009.jp2)
  8. 2.3 修正トラス理論 / p10 (0010.jp2)
  9. 2.4 圧縮場理論 / p14 (0012.jp2)
  10. 2.5 塑性理論 / p20 (0015.jp2)
  11. 2.6 結論 / p23 (0017.jp2)
  12. 3章 下界定理に基づく格子モデルの提案 / p25 (0018.jp2)
  13. 3.1 格子モデルの概要 / p26 (0019.jp2)
  14. 3.2 各部材のモデル / p28 (0020.jp2)
  15. 3.3 各部材の応力-ひずみ関係 / p32 (0022.jp2)
  16. 3.4 変位増分法 / p36 (0024.jp2)
  17. 3.5 結論 / p38 (0025.jp2)
  18. 4章 鉄筋コンクリートはりのせん断耐荷機構 / p39 (0025.jp2)
  19. 4.1 概説 / p39 (0025.jp2)
  20. 4.2 格子モデルの適用性の検討 / p39 (0025.jp2)
  21. 4.3 コンクリートはりのせん断耐荷機構 / p45 (0028.jp2)
  22. 4.4 各部材のせん断力分担 / p52 (0032.jp2)
  23. 4.5 せん断補強の程度とせん断耐荷力 / p54 (0033.jp2)
  24. 4.6 ポストピーク領域における格子モデルの挙動 / p56 (0034.jp2)
  25. 4.7 結論 / p58 (0035.jp2)
  26. 5章 コンクリートはりのせん断破壊現象の数値解析的評価 / p60 (0036.jp2)
  27. 5.1 概説 / p60 (0036.jp2)
  28. 5.2 解析部材 / p60 (0036.jp2)
  29. 5.3 解析結果 / p61 (0037.jp2)
  30. 5.4 結論 / p67 (0040.jp2)
  31. 6章 FRP補強コンクリートはりを用いた格子モデルの検証実験 / p69 (0041.jp2)
  32. 6.1 概要 / p69 (0041.jp2)
  33. 6.2 FRP補強コンクリートはりの実験 / p70 (0042.jp2)
  34. 6.3 実験結果 / p74 (0044.jp2)
  35. 6.4 補強材の材料特性がせん断耐荷力に与える影響 / p81 (0047.jp2)
  36. 6.5 結論 / p87 (0050.jp2)
  37. 7章 格子モデルの適用によるFRP補強コンクリートはりのせん断耐荷機構の検討 / p89 (0051.jp2)
  38. 7.1 概説 / p89 (0051.jp2)
  39. 7.2 格子モデルの適用 / p90 (0052.jp2)
  40. 7.3 コンクリートはりのせん断耐荷機構に関する考察 / p94 (0054.jp2)
  41. 7.4 結論 / p100 (0057.jp2)
  42. 8章 コンクリートはりのせん断耐荷力の定量的評価 / p102 (0058.jp2)
  43. 8.1 概要 / p102 (0058.jp2)
  44. 8.2 格子モデルによるFRP補強コンクリートはりのせん断耐荷力の評価 / p103 (0059.jp2)
  45. 8.3 FRP補強コンクリートはりにおけるせん断耐荷機構の評価 / p109 (0062.jp2)
  46. 8.4 FRP補強コンクリートはりのせん断耐荷力の評価式 / p114 (0064.jp2)
  47. 8.5 鉄筋とFRPロッドを曲げおよびせん断補強材として用いたコンクリートはりにおけるせん断耐荷機構の定量的評価 / p119 (0067.jp2)
  48. 8.6 結論 / p125 (0070.jp2)
  49. 9章 結論 / p127 (0071.jp2)
  50. 引用文献 / p131 (0073.jp2)
  51. 謝辞 / (0076.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131809
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966448
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296123
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ