塩蔵クラゲの力学特性と水の関係

この論文をさがす

著者

    • 須田, 廣美 スダ, ヒロミ

書誌事項

タイトル

塩蔵クラゲの力学特性と水の関係

著者名

須田, 廣美

著者別名

スダ, ヒロミ

学位授与大学

東京水産大学

取得学位

博士 (水産学)

学位授与番号

甲第118号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本論文の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p5 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究に使用した塩蔵クラゲについて / p7 (0012.jp2)
  6. 第2章 調理工程における塩蔵クラゲの水さらし効果の検討 / p15 (0020.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p15 (0020.jp2)
  8. 2.2 実験方法 / p15 (0020.jp2)
  9. 2.3 結果と考察 / p20 (0025.jp2)
  10. 2.4 結論 / p30 (0035.jp2)
  11. 第3章 加熱および水さらしによる塩蔵クラゲの組織構造の変化 / p31 (0036.jp2)
  12. 3.1 緒言 / p31 (0036.jp2)
  13. 3.2 実験方法 / p31 (0036.jp2)
  14. 3.3 結果と考察 / p34 (0039.jp2)
  15. 3.4 結論 / p42 (0047.jp2)
  16. 第4章 塩蔵クラゲの加熱温度による保水力の検討 / p43 (0048.jp2)
  17. 4.1 緒言 / p43 (0048.jp2)
  18. 4.2 実験方法 / p43 (0048.jp2)
  19. 4.3 結果と考察 / p45 (0050.jp2)
  20. 4.4 結論 / p50 (0055.jp2)
  21. 第5章 塩蔵クラゲに含まれる水の存在状態の検討-微分熱重量曲線(DTG曲線)の半値幅の検討- / p51 (0056.jp2)
  22. 5.1 緒言 / p51 (0056.jp2)
  23. 5.2 実験方法 / p52 (0057.jp2)
  24. 5.3 結果と考察 / p54 (0059.jp2)
  25. 5.4 結論 / p66 (0071.jp2)
  26. 第6章 塩蔵クラゲの加熱温度と水の存在状態の関係 / p67 (0072.jp2)
  27. 6.1 緒言 / p67 (0072.jp2)
  28. 6.2 実験方法 / p67 (0072.jp2)
  29. 6.3 結果と考察 / p69 (0074.jp2)
  30. 6.4 結論 / p75 (0080.jp2)
  31. 第7章 塩蔵クラゲの力学特性の検討 / p76 (0081.jp2)
  32. 7.1 緒言 / p76 (0081.jp2)
  33. 7.2 実験方法 / p76 (0081.jp2)
  34. 7.3 結果と考察 / p79 (0084.jp2)
  35. 7.4 結論 / p96 (0101.jp2)
  36. 第8章 総括 / p97 (0102.jp2)
  37. 8.1 本研究の結論 / p97 (0102.jp2)
  38. 8.2 今後の研究と展望 / p100 (0105.jp2)
  39. 謝辞 / p101 (0106.jp2)
  40. 参考文献 / p102 (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000131984
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966611
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296298
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ