民衆神学の形成と展開 : 1970年代を中心として

この論文をさがす

著者

    • 朴, 聖焌 パク, ソンジュン

書誌事項

タイトル

民衆神学の形成と展開 : 1970年代を中心として

著者名

朴, 聖焌

著者別名

パク, ソンジュン

学位授与大学

立教大学

取得学位

博士 (神学)

学位授与番号

乙第146号

学位授与年月日

1996-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 序論 目的と方法 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.本論文の目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 2.本論文の方法 / p3 (0009.jp2)
  5. 第1部 民衆神学の形成 / p7 (0013.jp2)
  6. 第1章 前史 / p7 (0013.jp2)
  7. 第1節 受難と抵抗の韓国民衆史 / p7 (0013.jp2)
  8. 1.1945年解放から60年代末まで / p7 (0013.jp2)
  9. 2.1970年全泰壱事件と民衆の登場 / p12 (0018.jp2)
  10. 第2節 韓国キリスト教史 / p16 (0022.jp2)
  11. 1.民族受難期における初期キリスト者たちの民族意識 / p16 (0022.jp2)
  12. 2.咸錫憲の思想 / p22 (0028.jp2)
  13. 3.土着化神学、世俗化神学、「神の宣教」の神学 / p25 (0031.jp2)
  14. 4.韓国キリスト教の社会宣教-都市貧民宣教とキリスト者学生の社会参与運動- / p27 (0033.jp2)
  15. 第2章 1970年代 / p31 (0037.jp2)
  16. 第1節 民衆事件の火山脈-「神の宣教(I)」 / p31 (0037.jp2)
  17. 第2節 キリスト者たちの証言-「神の宣教(II)」 / p42 (0048.jp2)
  18. 第3章 神学者たち / p56 (0062.jp2)
  19. 第1節 徐南同 / p56 (0062.jp2)
  20. 第2節 安炳茂 / p68 (0074.jp2)
  21. 第3節 神学者たちと民衆神学 / p76 (0082.jp2)
  22. 第4章 民衆 / p78 (0084.jp2)
  23. 第1節 歴史における民衆-韓国史の脈絡から見た民衆- / p78 (0084.jp2)
  24. 第2節 現実における民衆-民衆の生活のあり様- / p88 (0094.jp2)
  25. 1.張永根:農民 / p90 (0096.jp2)
  26. 2.趙萬永:労働者 / p97 (0103.jp2)
  27. 3.李玉順:都市貧民 / p101 (0107.jp2)
  28. 4.全泰壱死後12年、平和市場女子労働者たちの状況 / p104 (0110.jp2)
  29. 5.分断時代民衆の悲劇的生 / p111 (0117.jp2)
  30. 第3節 主題としての民衆-民衆神学の民衆理解- / p125 (0131.jp2)
  31. 1.民衆は民衆神学の主題 / p125 (0131.jp2)
  32. 2.民衆神学の民衆観 / p127 (0133.jp2)
  33. 3.民衆の「恨」 / p144 (0150.jp2)
  34. 4.恨の代贖的性格 / p149 (0155.jp2)
  35. 5.民衆の「メシア性」 / p154 (0160.jp2)
  36. 第2部 民衆神学の展開 / p160 (0166.jp2)
  37. 第5章「事件」と「合流」の解釈学 / p160 (0166.jp2)
  38. 第1節「事件」 / p160 (0166.jp2)
  39. 第2節「合流」 / p164 (0170.jp2)
  40. 1.「合流」と「証言」 / p166 (0172.jp2)
  41. 2.「合流」の範例:金芝河の「張一譚」物語 / p167 (0173.jp2)
  42. 3.民衆神学の一つのパラダイムとしての「合流」の意味 / p170 (0176.jp2)
  43. 4.聖霊論的共時性の原理 / p173 (0179.jp2)
  44. 第3節「典拠」 / p174 (0180.jp2)
  45. 第4節 民衆の言語、民衆神学の言語 / p179 (0185.jp2)
  46. 1.民衆の言語 / p179 (0185.jp2)
  47. 2.民衆言語の一形態としての流言蜚語 / p181 (0187.jp2)
  48. 3.奇跡物語 / p183 (0189.jp2)
  49. 4.民衆の社会伝記 / p184 (0190.jp2)
  50. 5.民衆神学の言語:「民譚の神学-反神学」 / p186 (0192.jp2)
  51. 第5節「啓示の下部構造」:民衆神学における「韓国的」の意味 / p193 (0199.jp2)
  52. 第6章 聖書と民衆 / p202 (0208.jp2)
  53. 第1節「民衆の目で」 / p202 (0208.jp2)
  54. 第2節 聖書の再発見 / p203 (0209.jp2)
  55. 第3節 聖書の解放 / p204 (0210.jp2)
  56. 第4節「イエス事件」とその伝承の主体 / p207 (0213.jp2)
  57. 第7章 80年代以後の民衆神学の展開 / p214 (0220.jp2)
  58. 第1節 状況の変化 / p214 (0220.jp2)
  59. 第2節 運動の神学 / p216 (0222.jp2)
  60. 第3節 民衆教会運動 / p223 (0229.jp2)
  61. 第4節 民衆神学の自己省察と展望 / p228 (0234.jp2)
  62. 1.「80年代」からみた「70年代民衆神学」 / p228 (0234.jp2)
  63. 2.批評の正しい観点 / p231 (0237.jp2)
  64. 3.「民衆教会」の宣教経験からみた民衆神学 / p236 (0242.jp2)
  65. 結論 / p244 (0250.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132021
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966646
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296335
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ