1次元化Morphological画像処理アーキテクチャ

この論文をさがす

著者

    • 小島, 昭二 コジマ, ショウジ

書誌事項

タイトル

1次元化Morphological画像処理アーキテクチャ

著者名

小島, 昭二

著者別名

コジマ, ショウジ

学位授与大学

静岡大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第134号

学位授与年月日

1996-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p3 (0004.jp2)
  3. Chapter1 導入 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 Morphologyに関する経緯 / p1 (0006.jp2)
  6. 1.3 Morphology処理のハードウェア化に関する経緯 / p2 (0006.jp2)
  7. 1.4 Morphologyアルゴリズムの1次元化に関する従来の研究 / p7 (0009.jp2)
  8. 1.5 Morphology処理に対する問題提起 / p9 (0010.jp2)
  9. 1.6 本研究のアプローチ / p12 (0011.jp2)
  10. 1.7 本論文の構成 / p16 (0013.jp2)
  11. 1.8 Morpholegyの表記法に関して / p17 (0014.jp2)
  12. Chapter2 Binary Morphologyのためのアーキテクチャ / p19 (0015.jp2)
  13. 2.1 Chapter2のあらまし / p19 (0015.jp2)
  14. 2.2 Binary Morphologyの基本演算 / p20 (0015.jp2)
  15. 2.3 Binary Morphology処理に関する問題点 / p23 (0017.jp2)
  16. 2.4 Binary Morphology演算の1次元化 / p24 (0017.jp2)
  17. 2.5 Bi11ary Morphology処理のためのハードウェア / p27 (0019.jp2)
  18. 2.6 試作機と適用例 / p31 (0021.jp2)
  19. 2.7 アルゴリズムの比較 / p35 (0023.jp2)
  20. 2.8 Chapter2のむすび / p37 (0024.jp2)
  21. Chapter3 Gray-scale Morphologyのためのアーキテクチャ / p39 (0025.jp2)
  22. 3.1 Chapter3のあらまし / p39 (0025.jp2)
  23. 3.2 Gray-scale Morphology / p43 (0027.jp2)
  24. 3.3 構造要素の1次元化とそれに伴う制限 / p49 (0030.jp2)
  25. 3.4 Gray-scale Morphology処理のためのアーキテクチャ / p53 (0032.jp2)
  26. 3.5 1次元Dilationプロセッサ / p54 (0032.jp2)
  27. 3.6 パイプライン段数に収まらない構造要素に対する方法 / p56 (0033.jp2)
  28. 3.7 試作機による評価 / p59 (0035.jp2)
  29. 3.8 アーキテクチャの比較 / p60 (0035.jp2)
  30. 3.9 Gray-scale Merphologyのフィルタへの応用 / p67 (0039.jp2)
  31. 3.10 Chapter3のむすび / p69 (0040.jp2)
  32. Chapter4 テーブル変換器を用いたアーキテクチャ / p71 (0041.jp2)
  33. 4.1 Chapter4のあらまし / p71 (0041.jp2)
  34. 4.2 テーブル変換器を用いたDilation演算 / p72 (0041.jp2)
  35. 4.3 テーブル変換器の利点 / p75 (0043.jp2)
  36. 4.4 2値画像の距離変換に適した構造要素 / p76 (0043.jp2)
  37. 4.5 テーブル変換器を用いたアーキテクチャ / p81 (0046.jp2)
  38. 4.6 テーブル変換に必要なメモリ量 / p84 (0047.jp2)
  39. 4.7 テーブル変換器アーキテクチャの試作機 / p85 (0048.jp2)
  40. 4.8 ボロノイ図のためのインデクス機能 / p87 (0049.jp2)
  41. 4.9 Chapter4のむすび / p94 (0052.jp2)
  42. Chapter5 総括 / p95 (0053.jp2)
  43. 5.1 本研究の成果 / p95 (0053.jp2)
  44. 5.2 Binary Morphology(Chapter2) / p96 (0053.jp2)
  45. 5.3 Gray-scale Morphology(Chapter3) / p96 (0053.jp2)
  46. 5.4 テーブル変換器アーキテクチャ(Chapter4) / p97 (0054.jp2)
  47. 5.5 適用可能なGray-scale構造要素に関する各方式の比較 / p98 (0054.jp2)
  48. 5.6 より良いアーキテクチャのために / p103 (0057.jp2)
  49. Appendix A 回転不変,かつ1次元化可能な構造要素 / p115 (0063.jp2)
  50. Appendix B 1次元Dilationアルゴリズムの導出 / p119 (0065.jp2)
  51. Appendix C 試作機の回路図 / p127 (0069.jp2)
  52. C.1 視線方向検出装置(Binary Morphology回路) / p127 (0069.jp2)
  53. C.2 Gray-scale Morphology回路 / p141 (0076.jp2)
  54. C.3 テーブル変換器Morphology回路 / p149 (0080.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132035
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966659
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296349
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ