海洋を利用した二酸化炭素問題対策技術の評価

この論文をさがす

著者

    • 堀内, 都雄 ホリウチ, クニオ

書誌事項

タイトル

海洋を利用した二酸化炭素問題対策技術の評価

著者名

堀内, 都雄

著者別名

ホリウチ, クニオ

学位授与大学

成蹊大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第24号

学位授与年月日

1996-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0007.jp2)
  2. 本研究の目的と構成 / p1 (0004.jp2)
  3. 目次 / p4 (0007.jp2)
  4. 図表一覧 / p5 (0008.jp2)
  5. 第1章 序論 「二酸化炭素問題と大気-海洋間の炭素循環モデル」 / p1 (0011.jp2)
  6. 1.1 地球温暖化と二酸化炭素問題対策技術の概要 / p1 (0011.jp2)
  7. 1.2 二酸化炭素問題に関する地球化学と海洋化学の概要 / p7 (0017.jp2)
  8. 1.3 海洋を利用した二酸化炭素問題の対策技術 / p18 (0028.jp2)
  9. 1.4 大気-海洋間の炭素循環モデル / p23 (0033.jp2)
  10. 第2章 植物プランクトンの挙動を考慮した海洋のTwo Boxモデルの構築 / p27 (0037.jp2)
  11. 第3章 海洋施肥法の大気中二酸化炭素の低減効果の推算 / p44 (0054.jp2)
  12. 3.1 植物プランクトンの挙動を考慮した海洋のTwo Boxモデルによる大気中の二酸化炭素の低減効果の推算 / p45 (0055.jp2)
  13. 3.2 海洋における循環速度と光合成を組み入れた拡散モデルによる肥料の散布方法の検討 / p64 (0074.jp2)
  14. 3.3 海流の流れを考慮した2次元の海洋混合モデルによる肥料の散布方法の検討 / p79 (0089.jp2)
  15. 第4章 海洋施肥法に関するエネルギー評価 / p95 (0105.jp2)
  16. 4.1 肥料製造と輸送に関するエネルギー評価 / p95 (0105.jp2)
  17. 4.2 汚泥を用いた海洋施肥法のエネルギー評価 / p107 (0117.jp2)
  18. 第5章 海洋温度差発電での深海水汲み上げによる大気中二酸化炭素の低減効果の推算 / p118 (0128.jp2)
  19. 第6章 結論 / p126 (0136.jp2)
  20. 著者発表論文 / p128 (0138.jp2)
  21. 謝辞 / p133 (0143.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132047
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966670
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296361
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ