こもり感因子の定量化

この論文をさがす

著者

    • 波多野, 滋子 ハタノ, シゲコ

書誌事項

タイトル

こもり感因子の定量化

著者名

波多野, 滋子

著者別名

ハタノ, シゲコ

学位授与大学

成蹊大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第35号

学位授与年月日

1996-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 2 走行時の車内音のこもり感因子評価 / p4 (0008.jp2)
  4. 2.1 人工音による主観評価と現実音の位置づけ / p5 (0009.jp2)
  5. 2.2 こもり感と大きさ / p15 (0019.jp2)
  6. 2.3 まとめ / p18 (0022.jp2)
  7. 3 こもり感の順応性 / p20 (0024.jp2)
  8. 3.1 こもり感の順応性と音の周波数スペクトル / p21 (0025.jp2)
  9. 3.2 こもり感の順応と大きさ / p29 (0033.jp2)
  10. 3.3 まとめ / p34 (0038.jp2)
  11. 4 重み付きSPLによるこもり感因子の定量化 / p36 (0040.jp2)
  12. 4.1 1/3オクターブバンド毎の重み付け関数 / p37 (0041.jp2)
  13. 4.2 車内音についての修正尺度 / p38 (0042.jp2)
  14. 4.3 まとめ / p45 (0049.jp2)
  15. 4.4 課題 / p46 (0050.jp2)
  16. 5 Booming Levelの提案 / p47 (0051.jp2)
  17. 5.1 音の周波数スペクトルパターンと修正尺度 / p48 (0052.jp2)
  18. 5.2 音の大きさと修正尺度 / p52 (0056.jp2)
  19. 5.3 低周波数領域のこもり感とBooming Level / p54 (0058.jp2)
  20. 5.4 まとめ / p57 (0061.jp2)
  21. 6 結論 / p59 (0063.jp2)
  22. 謝辞 / p61 (0065.jp2)
  23. 参考文献 / p62 (0066.jp2)
  24. 付録 / p63 (0067.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132049
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966672
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296363
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ