保険契約法における告知・通知義務に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 金, 元奎 キム, ウォンギュ

書誌事項

タイトル

保険契約法における告知・通知義務に関する研究

著者名

金, 元奎

著者別名

キム, ウォンギュ

学位授与大学

上智大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第117号

学位授与年月日

1996-03-12

注記・抄録

博士論文

論文博士(乙第117号)

目次

  1. -目次- / p1 (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0017.jp2)
  3. 第一節 問題の提起 / p1 (0017.jp2)
  4. 第二節 本論文の研究範囲および論述方法 / p6 (0022.jp2)
  5. 第二章 私法一般におけるオプリーゲンハイトに関する理論的考察 / p10 (0026.jp2)
  6. 第一節 私法一般におけるオプリーゲンハイトの概念 / p10 (0026.jp2)
  7. 第一款 オプリーゲンハイトの意義 / p10 (0026.jp2)
  8. 第二款 保険契約法上のオプリーゲンハイト / p12 (0028.jp2)
  9. 第三款 民法上の債権債務関係におけるオプリーゲンハイト / p29 (0045.jp2)
  10. 第四款 商行為法上の売買契約における買主の目的物の瑕疵通知義務 / p32 (0048.jp2)
  11. 第五款 結 / p32 (0048.jp2)
  12. 第二節 オプリーゲンハイトの法的性質に関する理論の展開 / p34 (0050.jp2)
  13. 第一款 序 / p34 (0050.jp2)
  14. 第二款 オプリーゲンハイトの義務性を認めない理論 / p34 (0050.jp2)
  15. 第三款 オプリー・ゲンハイトの義務性を認める理論 / p43 (0059.jp2)
  16. 第四款 中間的立場を取る理論 / p50 (0066.jp2)
  17. 第五款 オプリーゲンハイトの概念自体を否定するユルゲン・シュミット(Jürgen Schmidt)の見解 / p55 (0071.jp2)
  18. 第六款 結 / p57 (0073.jp2)
  19. 第三節 オプリーゲンハイトの違反およびその効果に関する若干の考察 / p58 (0074.jp2)
  20. 第一款 序 / p58 (0074.jp2)
  21. 第二款 オプリーゲンハイトの違反の要件 / p59 (0075.jp2)
  22. 第三款 オプリーゲンハイトの違反の効果に関する検討 / p59 (0075.jp2)
  23. 第四款 結 / p64 (0080.jp2)
  24. 第四節 結語 / p65 (0081.jp2)
  25. 第三章 保険契約法における口・通知義務に関する基本理論 / p76 (0092.jp2)
  26. 第一節 序説 / p76 (0092.jp2)
  27. 第二節 保険契約法における告知・通知義務制度の立法に関する一考察 / p78 (0094.jp2)
  28. 第一款 保険契約法における告知・通知義務制度の立法理由 / p78 (0094.jp2)
  29. 第二款 保険契約法における告知・通知義務制度の機能 / p92 (0108.jp2)
  30. 第三款 保険契約法における告知・通知義務に関する立法形態 / p93 (0109.jp2)
  31. 第四款 保険契約法における告知・通知義務制度と他の制度と関係 / p96 (0112.jp2)
  32. 第三節 保険契約法上の告知・通知義務制度廃止論の台頭 / p100 (0116.jp2)
  33. 第一款 序 / p100 (0116.jp2)
  34. 第二款 保険契約法上の告知・通知義務制度の廃止の理由 / p100 (0116.jp2)
  35. 第三款 保険契約法上の告知・通知義務制度廃止論に対する批判 / p101 (0117.jp2)
  36. 第四節 保険契約法における告知・通知義務の法的性質 / p103 (0119.jp2)
  37. 第一款 序 / p103 (0119.jp2)
  38. 第二款 保険契約法における告知・通知義務の法的性質 / p104 (0120.jp2)
  39. 第三款 結 / p106 (0122.jp2)
  40. 第五節 結語 / p108 (0124.jp2)
  41. 第四章 主要各国の告知・通知義務制度の変化と保険契約者利益保護 / p114 (0130.jp2)
  42. 第一節 序説 / p114 (0130.jp2)
  43. 第二節 主要各国の告知・通知義務制度に関する一考察 / p115 (0131.jp2)
  44. 第一款 イギリス連合王国における保険契約法上の告知・通知義務制度 / p115 (0131.jp2)
  45. 第二款 アメリカ合衆国における保険契約法上の告知・通知義務制度 / p121 (0137.jp2)
  46. 第三款 フランスにおける保険契約法上の告知・通知義務制度 / p126 (0142.jp2)
  47. 第四款 ドイツにおける保険契約法上の告知・通知義務制度 / p134 (0150.jp2)
  48. 第五款 スイスにおける保険契約法上の告知・通知義務制度 / p140 (0156.jp2)
  49. 第六款 イタリアにおける保険契約法上の告知・通知義務制度 / p145 (0161.jp2)
  50. 第七款 大韓民国における保険契約法上の告知・通知義務制度 / p149 (0165.jp2)
  51. 第三節 結語 / p153 (0169.jp2)
  52. 第五章 日本における告知・通知義務制度のあり方およびその限界 / p165 (0181.jp2)
  53. 第一節 序説 / p165 (0181.jp2)
  54. 第二節 保険契約の締結前および締結時における保険者の告知・通知義務 / p165 (0181.jp2)
  55. 第一款 保険契約者の申込に対する諾否通知義務 / p165 (0181.jp2)
  56. 第二款 保険約款の交付・明示義務 / p169 (0185.jp2)
  57. 第三款 情報提供義務 / p172 (0188.jp2)
  58. 第三節 保険契約の締結時における保険契約者の告知・通知義務(他保険契約の告知・通知義務を含む) / p175 (0191.jp2)
  59. 第一款 序 / p175 (0191.jp2)
  60. 第二款 損害保険における契約締結時の告知・通知義務 / p176 (0192.jp2)
  61. 第三款 生命保険における契約締結時の告知・通知義務 / p196 (0212.jp2)
  62. 第四款 傷害保険契約における他保険契約の告知・通知義務 / p219 (0235.jp2)
  63. 第五款 保険契約締結時における告知・通知義務違反と民法の錯誤・詐欺との関係 / p232 (0248.jp2)
  64. 第六款 保険契約締結時における告知・通知義務制度にみられるモラル・リスク対策の間題 / p236 (0252.jp2)
  65. 第七款 立法論的考察 / p241 (0257.jp2)
  66. 第四節 保険契約の締結後における保険契約者の告知・通知義務 / p243 (0259.jp2)
  67. 第一款 序 / p243 (0259.jp2)
  68. 第二款 保険契約締結後における危険の著変・著増の通知義務 / p243 (0259.jp2)
  69. 第三款 保険事故発生の通知義務および損害防止義務 / p251 (0267.jp2)
  70. 第四款 結語 / p257 (0273.jp2)
  71. 第六章 結論 / p266 (0282.jp2)
  72. 第一節 諸外国における保険契約法上の告知・通知義務制度の日本法への示唆 / p266 (0282.jp2)
  73. 第二節 立法・改正の必要性 / p266 (0282.jp2)
  74. 第三節 立法改正方法 / p267 (0283.jp2)
  75. 第一款 保険契約締結時の告知・通知義務に関する規定 / p267 (0283.jp2)
  76. 第二款 質問表制度の検討 / p268 (0284.jp2)
  77. 第三款 保険契約締結後の各種の通知義務に関する規定 / p270 (0286.jp2)
  78. 第四款 他保険契約の告知・通知義務の問題 / p271 (0287.jp2)
  79. 第五款 保険者の情報提供義務制度の検討 / p272 (0288.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132098
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966721
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296412
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ