高齢者を介護する家族 : エンパワーメント・アプローチの展開にむけて

この論文をさがす

著者

    • 和氣, 純子 ワケ, ジュンコ

書誌事項

タイトル

高齢者を介護する家族 : エンパワーメント・アプローチの展開にむけて

著者名

和氣, 純子

著者別名

ワケ, ジュンコ

学位授与大学

東洋大学

取得学位

博士 (社会福祉学)

学位授与番号

甲第39号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. まえがき―本研究の目的と分析枠組み― / p1 (0007.jp2)
  3. 序章 ソーシャルワークにおけるパうタイム転換―被治療者から「対処」する当事者ヘ― / p8 (0014.jp2)
  4. 第1節 ソーシャルワークの成立と混迷 / p9 (0015.jp2)
  5. 第2節 一般システム理論の適用 / p10 (0016.jp2)
  6. 1.システム理論の公準 / p10 (0016.jp2)
  7. 2.一般システム理論とソーシャルワーク / p12 (0018.jp2)
  8. 第3節 ソーシャルワークにおける生態学的視点と生活モデル / p14 (0020.jp2)
  9. 1.「病理モデル」から「生活モデル」への転換 / p14 (0020.jp2)
  10. 2.「生活モデル」の意義 / p17 (0023.jp2)
  11. 第4節 ストレス―対処モデルの導入 / p22 (0028.jp2)
  12. 1.ストレス―対処のパラダイム / p22 (0028.jp2)
  13. 2.ストレス―対処モデルとソーシャルワーク / p23 (0029.jp2)
  14. 第1章 ストレス―対処モデルの在宅介護分析への適用―在宅介護を担う家族介護者― / p31 (0037.jp2)
  15. 第1節 在宅介護のダイナミックスの分析とストレス―対処モデル / p32 (0038.jp2)
  16. 第2節 在宅要介護害老人の家族介護者の対処に関する先行研究 / p35 (0041.jp2)
  17. 1.介護者の対処行動とその概念枠組み / p35 (0041.jp2)
  18. 2.介護者の対処行動の実際と効果 / p42 (0048.jp2)
  19. 3.考察 / p53 (0059.jp2)
  20. 第3節 本研究における分析枠組みの検討 / p58 (0064.jp2)
  21. 1.本研究の分析の枠組み / p58 (0064.jp2)
  22. 2.調査の対象と方法 / p62 (0068.jp2)
  23. 第2章 在宅要介護老人の家族介護者の対処スタイル―在宅介護状況の調査とその分析― / p88 (0094.jp2)
  24. はじめに / p89 (0095.jp2)
  25. 第1節 在宅要介護老人の家族介護者の対処スタイル測定の試み / p90 (0097.jp2)
  26. 1.家族介護者の対処スタイル測定尺度の開発 / p90 (0097.jp2)
  27. 2.家族介護者の対処スタイルの実態と構造 / p93 (0100.jp2)
  28. 第2節 家族介護者の対処スタイルの特性 / p105 (0113.jp2)
  29. 1.基本属性別にみる対処スタイル / p105 (0113.jp2)
  30. 2.次元別対処スタイルと基本属性 / p108 (0116.jp2)
  31. 3.関連変数と対処スタイル / p111 (0119.jp2)
  32. 4.考察 / p114 (0122.jp2)
  33. 第3節 対処スタイルを規定する要因の分析 / p118 (0127.jp2)
  34. 1.因果モデルの設定 / p118 (0127.jp2)
  35. 2.パス解析の結果 / p120 (0129.jp2)
  36. 3.考察 / p125 (0134.jp2)
  37. 第4節 対処スタイルの地域差 / p132 (0142.jp2)
  38. 1.地域差の形成 / p132 (0142.jp2)
  39. 2.対処スタイルの地域差 / p134 (0144.jp2)
  40. 3.基本属性別にみる対処スタイルの地域差 / p136 (0146.jp2)
  41. 4.考察 / p139 (0149.jp2)
  42. 第3章 家族介護の展開にみる介護者の対処スタイル―在宅介護適応型と不適応型の事例的考察― / p144 (0154.jp2)
  43. 第1節 分析の枠組み / p145 (0155.jp2)
  44. 第2節 事例分析 / p148 (0158.jp2)
  45. 1.夜勤のある主介護者の介護負担が極限に達しているケース / p148 (0158.jp2)
  46. 2.両親の介護をめぐって家族内葛藤が表面化したケース / p154 (0164.jp2)
  47. 3.姑、舅の介護を数十年続け、介護負担の高まる自営業夫婦のケース / p161 (0171.jp2)
  48. 4.多様な在宅福祉サービスを積極的に利用して夫を介護するケース / p168 (0178.jp2)
  49. 5.生活保護を受給しながら19年間妻を介護するケース / p173 (0183.jp2)
  50. 6.嫁の役割として姑の介護を淡々とこなすケース / p179 (0189.jp2)
  51. 第3節 考察 / p184 (0194.jp2)
  52. 1.高齢者の状態 / p186 (0196.jp2)
  53. 2.介護者と家族の状況 / p186 (0196.jp2)
  54. 3.介護負担感とバーンアウト / p189 (0199.jp2)
  55. 4.社会的支援 / p190 (0200.jp2)
  56. 5.対処の過程とその特質 / p192 (0202.jp2)
  57. 第4章 当事者を支援するソーシャルワーク実践の方法と課題―エンパワーメント・アプローチの展開にむけて― / p202 (0212.jp2)
  58. 第1節 当事者を支援する援助モデル / p203 (0213.jp2)
  59. 第2節 エンパワーメント・アプローチへの胎動 / p205 (0215.jp2)
  60. 1.コンピテンスの定義 / p205 (0215.jp2)
  61. 2.パワレスネスとエンパワーメント / p207 (0217.jp2)
  62. 3.わが国におけるエンパワーメント・アプローチの萌芽 / p208 (0218.jp2)
  63. 第3節 エンパワーメント・アプローチの実際 / p212 (0222.jp2)
  64. 1.エンパワーメント・アプローチの原理と方法 / p212 (0222.jp2)
  65. 2.エンパワーメント・アプローチによる援助モデル / p215 (0225.jp2)
  66. 第4節 在宅介護におけるエンパワーメント・アプローチ / p220 (0230.jp2)
  67. 1.介護者支援の必要性 / p220 (0230.jp2)
  68. 2.家族支援の新しい視点―エンパワーメント・アプローチ / p222 (0232.jp2)
  69. 3.介護者支援とエンパワーメント・プログラム / p224 (0234.jp2)
  70. 終章 エンパワーメント・アプローチの意義と展望 / p233 (0243.jp2)
  71. 第1節 本研究の総括 / p234 (0244.jp2)
  72. 第2節 今後の課題 ―エンパワーメント・アプローチの展開にむけて / p243 (0253.jp2)
  73. あとがき / p247 (0257.jp2)
  74. 参考文献一覧 / p252 (0262.jp2)
19アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132102
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966725
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296416
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ