視覚に関与する分子過程,LC/MSによる視覚情報伝達蛋白質の構造研究を中心として

この論文をさがす

著者

    • 絹見, 朋也 キヌミ, トモヤ

書誌事項

タイトル

視覚に関与する分子過程,LC/MSによる視覚情報伝達蛋白質の構造研究を中心として

著者名

絹見, 朋也

著者別名

キヌミ, トモヤ

学位授与大学

電気通信大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

博甲第89号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Molecular Processes in Vision:Structure Studies of Proteins Involved in Visual Transduction and Signaling by Liquid Chromatography/Mass Spectrometry. / (0005.jp2)
  2. 目次 / p1 (0008.jp2)
  3. 序 / p1 (0016.jp2)
  4. 第1節 序論 / p1 (0016.jp2)
  5. 第2節 質量分析法の原理 / p9 (0024.jp2)
  6. 第1章 フォスレスチンIのin vivoリン酸化部位の決定とN末端のプロセッシング / p21 (0036.jp2)
  7. 第1節 序論 / p21 (0036.jp2)
  8. 第2節 実験 / p28 (0043.jp2)
  9. 第3節 結果と考察 / p36 (0051.jp2)
  10. 1.PRIのin vivoリン酸化部位 / p36 (0051.jp2)
  11. 2.PRIのN末端プロセッシング / p45 (0060.jp2)
  12. 3.ペプチドの同定基準について / p49 (0064.jp2)
  13. 4.本研究で用いた蛋白質量の見積り / p51 (0066.jp2)
  14. 5.一般に応用できる二次元電気泳動、in-gel digestion LC/MSを組み合わせた微量蛋白質の修飾構造解析法 / p53 (0068.jp2)
  15. 第2章 フォスフォジエステラーゼγサブユニットのin vitro ADP-リボシル化部位の決定 / p55 (0070.jp2)
  16. 第1節 序論 / p55 (0070.jp2)
  17. 第2節 実験 / p59 (0074.jp2)
  18. 第3節 結果と考察 / p61 (0076.jp2)
  19. 1.ADP-リボシル化Pγの分子量測定と修飾分子団の数の見積り / p61 (0076.jp2)
  20. 2.ADP-リボシル化部位の決定 / p63 (0078.jp2)
  21. 第3章 大量発現されたショウジョウバエカルモデュリンの質量測定と、アミノ酸配列の確認 / p69 (0084.jp2)
  22. 第1節 序論 / p69 (0084.jp2)
  23. 第2節 実験 / p71 (0086.jp2)
  24. 第3節 結果と考察 / p74 (0089.jp2)
  25. 1.カルモデュリンの質量測定 / p74 (0089.jp2)
  26. 2.リコンビナントカルモデュリンのペプチドマッピングとCID-MS/MSによるペプチドの配列決定 / p77 (0092.jp2)
  27. 第4章 レチノクロムアナログを用いたレチノクロム発色団の構造と、光異性化機能の解析 / p83 (0098.jp2)
  28. 第1節 序論 / p83 (0098.jp2)
  29. 第2節 実験 / p85 (0100.jp2)
  30. 第3節 結果と考察 / p87 (0102.jp2)
  31. 1.色素の吸収極大とレチノクロムアナログの6sコンフォメーション / p87 (0102.jp2)
  32. 2.オプシンシフトを指標としたレチノクロム発色団の構造解析 / p89 (0104.jp2)
  33. 3.レチノクロム蛋白質鋳型によるレチナールアナログの光異化 / p91 (0106.jp2)
  34. 第5章 全体の要約 / p93 (0108.jp2)
  35. 参考文献 / p97 (0112.jp2)
  36. 謝辞 / p101 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132161
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966782
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296475
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ