低熱膨張性を有する鋳鉄の特性に関する総括的研究

この論文をさがす

著者

    • 旗手, 稔 ハタテ, ミノル

書誌事項

タイトル

低熱膨張性を有する鋳鉄の特性に関する総括的研究

著者名

旗手, 稔

著者別名

ハタテ, ミノル

学位授与大学

近畿大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第267号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 研究の方針 / p2 (0007.jp2)
  5. 第2章 鉄系低熱膨張合金に関する金属物理学的解釈 / p6 (0009.jp2)
  6. 2.1 材料の熱膨張特性 / p6 (0009.jp2)
  7. 2.2 インバー効果に起因する低熱膨張性 / p12 (0012.jp2)
  8. 2.3 低熱膨張合金の概要 / p19 (0015.jp2)
  9. 第3章 鋳鉄の平均線膨張係数に関する2,3の実験 / p24 (0018.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p24 (0018.jp2)
  11. 3.2 鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼす黒鉛形状の影響 / p25 (0018.jp2)
  12. 3.3 鋳鉄の平均線膨張係数に及ぼす微細黒鉛ならびに基地の連続性の影響 / p27 (0019.jp2)
  13. 3.4 平均線膨張係数に及ぼす黒鉛の影響に関する考察 / p31 (0021.jp2)
  14. 3.5 結言 / p33 (0022.jp2)
  15. 第4章 鉄-炭素-ニッケル系合金の熱膨張特性に及ぼすニッケルおよび炭素の影響 / p34 (0023.jp2)
  16. 4.1 緒言 / p34 (0023.jp2)
  17. 4.2 実験方法 / p35 (0023.jp2)
  18. 4.3 Fe-Ni系合金における平均線膨張係数とNi量との関係 / p40 (0026.jp2)
  19. 4.4 Fe-C-Ni系合金における平均線膨張係数とNi量およびC量との関係 / p44 (0028.jp2)
  20. 4.5 Niの凝固偏析について / p52 (0032.jp2)
  21. 4.6 結言 / p61 (0036.jp2)
  22. 第5章 鉄-炭素-ニッケル-珪素系合金の熱膨張特性に及ぼすニッケル、珪素、炭素の影響 / p62 (0037.jp2)
  23. 5.1 緒言 / p62 (0037.jp2)
  24. 5.2 実験方法 / p62 (0037.jp2)
  25. 5.3 Fe-Ni-Si系合金における平均線膨張係数とNi量およびSi量との関係 / p63 (0037.jp2)
  26. 5.4 Fe-C-Ni-Si系合金における平均線膨張係数とSi量およびC量との関係 / p67 (0039.jp2)
  27. 5.5 平均線膨張係数とNiおよびSiの凝固偏析との関係 / p73 (0042.jp2)
  28. 5.6 結言 / p77 (0044.jp2)
  29. 第6章 低熱膨張鋳鉄の熱膨張特性ならびに機械的性質に及ぼすニッケルと珪素の影響 / p78 (0045.jp2)
  30. 6.1 緒言 / p78 (0045.jp2)
  31. 6.2 供試材および実験方法 / p79 (0045.jp2)
  32. 6.3 平均線膨張係数とNi量およびSi量との関係 / p82 (0047.jp2)
  33. 6.4 機械的性質とNi量およびSi量との関係 / p89 (0050.jp2)
  34. 6.5 結言 / p100 (0056.jp2)
  35. 第7章 低熱膨張鋳鉄における熱膨張特性および機械的性質と黒鉛組織との関係 / p101 (0056.jp2)
  36. 7.1 緒言 / p101 (0056.jp2)
  37. 7.2 実験方法 / p101 (0056.jp2)
  38. 7.3 平均線膨張係数と黒鉛との関係 / p105 (0058.jp2)
  39. 7.4 機械的性質と黒鉛との関係 / p117 (0064.jp2)
  40. 7.5 結言 / p128 (0070.jp2)
  41. 第8章 低熱膨張鋳鉄の熱膨張特性および機械的性質に及ぼす熱処理の効果 / p129 (0070.jp2)
  42. 8.1 緒言 / p129 (0070.jp2)
  43. 8.2 実験方法 / p129 (0070.jp2)
  44. 8.3 平均線膨張係数と熱処理条件との関係 / p132 (0072.jp2)
  45. 8.4 機械的性質と熱処理条件との関係 / p149 (0080.jp2)
  46. 8.5 結言 / p155 (0083.jp2)
  47. 第9章 低熱膨張鋳鉄における引張特性および衝撃特性の温度依存性 / p156 (0084.jp2)
  48. 9.1 緒言 / p156 (0084.jp2)
  49. 9.2 実験方法 / p156 (0084.jp2)
  50. 9.3 溶製した供試材の組織、平均線膨張係数および機械的性質 / p159 (0085.jp2)
  51. 9.4 引張特性の温度依存性 / p162 (0087.jp2)
  52. 9.5 衝撃特性の温度依存性 / p168 (0090.jp2)
  53. 9.6 引張特性および衝撃特性における遷移挙動と応力誘起マルテンサイト化との関係 / p171 (0091.jp2)
  54. 9.7 結言 / p178 (0095.jp2)
  55. 第10章 結論 / p179 (0095.jp2)
  56. 付録 / p185 (0098.jp2)
  57. 参考文献 / p189 (0100.jp2)
  58. 謝辞 / (0103.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132281
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966898
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296595
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ