被覆ブロックを用いた緩傾斜堤の設計手法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小菅, 晋 コスゲ, ススム

書誌事項

タイトル

被覆ブロックを用いた緩傾斜堤の設計手法に関する研究

著者名

小菅, 晋

著者別名

コスゲ, ススム

学位授与大学

東海大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第273号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 要旨 / (0003.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2章 緩傾斜堤に関するこれまでの実績と研究概要 / p3 (0008.jp2)
  5. 2.1 被覆ブロックを用いた緩傾斜堤の採用経緯 / p3 (0008.jp2)
  6. 2.2 緩傾斜堤の堤体構成と施工状況 / p6 (0010.jp2)
  7. 2.3 研究概要 / p8 (0011.jp2)
  8. 第3章 現地海岸に設置された緩傾斜堤の実態と安定性の解析 / p11 (0012.jp2)
  9. 3.1 概要 / p11 (0012.jp2)
  10. 3.2 既設の緩傾斜堤の現況 / p12 (0013.jp2)
  11. 3.3 緩傾斜堤の代表的施工例 / p16 (0015.jp2)
  12. 3.4 まとめ / p19 (0016.jp2)
  13. 第4章 緩傾斜堤の機能特性 / p21 (0017.jp2)
  14. 4.1 概要 / p21 (0017.jp2)
  15. 4.2 実験装置および実験方法 / p22 (0018.jp2)
  16. 4.3 波の打ち上げ高に関する要因の検討 / p25 (0019.jp2)
  17. 4.4 ブロック形状が波の打ち上げ高へおよぼす影響 / p30 (0022.jp2)
  18. 4.5 斜面勾配が反射と越波におよぼす影響 / p33 (0023.jp2)
  19. 4.6 被覆ブロックの散乱特性 / p39 (0026.jp2)
  20. 4.7 まとめ / p44 (0029.jp2)
  21. 第5章 緩傾斜堤の安定性 / p47 (0030.jp2)
  22. 5.1 概要 / p47 (0030.jp2)
  23. 5.2 緩傾斜堤の安定性に関する移動床実験計画 / p48 (0031.jp2)
  24. 5.3 緩傾斜堤を設置したときの海浜変形と漂砂特性 / p51 (0032.jp2)
  25. 5.4 堤脚水深が緩傾斜堤の安定性におよぼす影響 / p53 (0033.jp2)
  26. 5.5 基礎工および根入れが緩傾斜堤の安定性におよぼす影響 / p55 (0034.jp2)
  27. 5.6 沿岸方向の漂砂が卓越する海岸の緩傾斜堤周辺の海浜変形 / p61 (0037.jp2)
  28. 5.7 洗掘防止材による緩傾斜堤の効果 / p63 (0038.jp2)
  29. 5.8 緩傾斜堤の安定を高めるための付属構造物 / p65 (0039.jp2)
  30. 5.9 まとめ / p66 (0040.jp2)
  31. 第6章 波の打ち上げ高の算定法 / p69 (0041.jp2)
  32. 6.1 概要 / p69 (0041.jp2)
  33. 6.2 一様斜面の打ち上げ高の算定 / p70 (0042.jp2)
  34. 6.3 複合斜面の打ち上げ高の算定 / p73 (0043.jp2)
  35. 6.4 堤体が陸上に設置された場合と自然海浜の打ち上げ高 / p78 (0046.jp2)
  36. 6.5 まとめ / p80 (0047.jp2)
  37. 第7章 結論 / p83 (0048.jp2)
  38. 謝辞 / p87 (0050.jp2)
  39. 参考文献 / p88 (0051.jp2)
  40. 図表集 / p97 (0055.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132343
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966960
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296657
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ