台湾における台北一極集中と都市計画的対応に関する研究 taiwan ni okeru taihoku ikkyoku shuchu to toshi keikakuteki taio ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 李, 宜晉 リー, イシン

書誌事項

タイトル

台湾における台北一極集中と都市計画的対応に関する研究

タイトル別名

taiwan ni okeru taihoku ikkyoku shuchu to toshi keikakuteki taio ni kansuru kenkyu

著者名

李, 宜晉

著者別名

リー, イシン

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1090号

学位授与年月日

1995-06-22

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1090号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1995/6/22 ; 早大学位記番号:新2211 ; 理工学図書館請求番号:1896

本文PDFは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルをPDFに変換したものである。

目次

  1. -目次- / 目次1 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0007.jp2)
  3. 序-1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 序-2 研究の目的 / p3 (0008.jp2)
  5. 序-3 研究の方法 / p4 (0009.jp2)
  6. 序-4 研究対象の設定 / p9 (0011.jp2)
  7. 序-5 既往研究との関係 / p15 (0014.jp2)
  8. 序-6 論文の構成 / p17 (0015.jp2)
  9. 第1章 台北一極集中の現状とその影響 / p18 (0017.jp2)
  10. 1-1 人口集中の現状 / p18 (0017.jp2)
  11. 1-2 諸機能集中の現状 / p24 (0020.jp2)
  12. 1-3 台北一極集中に対する市民の認識(アンケート調査) / p35 (0026.jp2)
  13. 1-4 台北一極集中がもたらす影響 / p60 (0038.jp2)
  14. 第2章 時期別に捉えた台北集中の実態とその要因 / p68 (0043.jp2)
  15. 2-1 オランダ時代~清代(1620~1895):台北経済中心・台南政治中心 / p69 (0044.jp2)
  16. 2-2 日本統治時代(1895~1945):台北への政治・経済機能集中 / p75 (0047.jp2)
  17. 2-3 光復第1期(1945~1968):台北大都市圏の形成 / p81 (0050.jp2)
  18. 2-4 光復後第2期(1968~1980):台北・高雄二極集中 / p88 (0053.jp2)
  19. 2-5 光復後第3期(1980~現在):台北一極集中の展開 / p95 (0057.jp2)
  20. 2-6 まとめ / p103 (0061.jp2)
  21. 第3章 台湾における都市計画体系の変遷と現状 / p106 (0063.jp2)
  22. 3-1 台湾における現行都市計画体系の現状 / p197 (0064.jp2)
  23. 3-2 台湾における都市計画体系の変遷 / p109 (0065.jp2)
  24. 3-3 まとめ / p115 (0068.jp2)
  25. 第4章 台北市における都市計画の変遷と現状 / p120 (0071.jp2)
  26. 4-1 台北市レベルにおける都市計画の変遷 / p121 (0072.jp2)
  27. 4-2 北部区域レベルにおける都市計画の変遷 / p143 (0083.jp2)
  28. 4-3 国土レベルにおける都市計画の現状 / p164 (0093.jp2)
  29. 4-4 まとめ / p177 (0100.jp2)
  30. 第5章 戦後の台北集中問題と都市計画的対応の特徴 / p178 (0101.jp2)
  31. 5-1 光復後第1期(1945~1968)における台北集中問題と都市計画的対応 / p178 (0101.jp2)
  32. 5-2 光復後第2期(1968~1980)における台北集中問題と都市計画的対応 / p183 (0104.jp2)
  33. 5-3 光復後第3期(1980~現在)における台北一極集中問題と都市計画的対応 / p190 (0107.jp2)
  34. 5-4 まとめ / p197 (0111.jp2)
  35. 第6章 台北一極集中抑制の視点から捉えた現行計画の課題と今後の展望 / p198 (0112.jp2)
  36. 6-1 台北一極集中の展望 / p198 (0112.jp2)
  37. 6-2 現行計画の執行状況に関する検討 / p200 (0113.jp2)
  38. 6-3 計画体系に関する課題(中央集中型→地方分散型) / p203 (0115.jp2)
  39. 6-4 計画内容に関する課題(南北二極集中抑制・区域均衡発展型→台北一極集中抑制・県市均衡発展型) / p208 (0117.jp2)
  40. 終章 / p212 (0120.jp2)
  41. 資料 / (0122.jp2)
  42. (1)関連法規 / 付1 / (0123.jp2)
  43. ・区域計画法 / 付1 / (0123.jp2)
  44. ・区域計画法施行細則 / 付5 / (0125.jp2)
  45. ・県市総合発展計画実施要点 / 付9 / (0127.jp2)
  46. (2)統計データ / 付11 / (0128.jp2)
  47. ・人口集中に関わる統計データ / 付11 / (0128.jp2)
  48. ・諸機能集中に関わる統計データ / 付38 / (0142.jp2)
  49. 参考文献 / 付48 / (0147.jp2)
  50. 図表リスト / 付53 / (0149.jp2)
  51. 履歴書 / 付58 / (0152.jp2)
  52. 研究業績 / 付59 / (0152.jp2)
  53. 謝辞 / 付61 / (0153.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132368
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966985
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296682
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ