電子相関を考慮した原子・分子の分極率および超分極率に関する研究 denshi sokan o koryoshita genshi bunshi no bunkyokuritsu oyobi cho bunkyokuritsu ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 相賀, 史彦 アイガ, フミヒコ

書誌事項

タイトル

電子相関を考慮した原子・分子の分極率および超分極率に関する研究

タイトル別名

denshi sokan o koryoshita genshi bunshi no bunkyokuritsu oyobi cho bunkyokuritsu ni kansuru kenkyu

著者名

相賀, 史彦

著者別名

アイガ, フミヒコ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1102号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1102号 ; 学位の種類:博士(理学) ; 授与年月日:1996-03-15 ; 早大学位記番号:新2257 ; 理工学図書館請求番号:1941

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 分極率および超分極率 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 気相での超分極率の測定 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 分極率および超分極率の理論計算 / p5 (0010.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p7 (0012.jp2)
  7. 2 近似によらない一般論 / p10 (0015.jp2)
  8. 2.1 QED法による周波数依存分極率および超分極率の定義 / p10 (0015.jp2)
  9. 2.2 SOS法における応答量の表式 / p14 (0019.jp2)
  10. 2.3 QED法におけるラグランジアン・テクニックの一般論 / p16 (0021.jp2)
  11. 3 TDHF近似における周波数依存分極率および超分極率 / p18 (0023.jp2)
  12. 3.1 TDHF近似における応答量の表式 / p18 (0023.jp2)
  13. 3.2 極と留数 / p23 (0028.jp2)
  14. 3.3 FH分子への適用 / p25 (0030.jp2)
  15. 4 Møller-Plesset摂動法における周波数依存分極率および超分極率 / p38 (0043.jp2)
  16. 4.1 TDHF軌道エネルギー行列 / p38 (0043.jp2)
  17. 4.2 TDHF近似から出発するMP摂動法の一般論 / p41 (0046.jp2)
  18. 4.3 QED-MP2モデル / p43 (0048.jp2)
  19. 4.4 QED-MP2モデルのH₂OおよびNH₃への適用 / p52 (0057.jp2)
  20. 4.5 RiceとHandyのMP2理論との比較 / p61 (0066.jp2)
  21. 4.6 MP摂動展開の収束性 / p67 (0072.jp2)
  22. 第5章 Coupled-Cluster法における周波数依存分極率および超分極率 / p68 (0073.jp2)
  23. 5.1 Size extensivityと多体摂動論およびCC法 / p68 (0073.jp2)
  24. 5.2 クラスター係数のみ時間に依存するCCモデル / p71 (0076.jp2)
  25. 5.3 TDHF軌道を用いるCCモデル / p78 (0083.jp2)
  26. 5.4 Brueckner軌道を用いるCCモデル / p84 (0089.jp2)
  27. 第6章 結語 / p95 (0100.jp2)
  28. 謝辞 / p97 (0102.jp2)
  29. 参考文献 / p98 (0103.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132380
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000966997
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296694
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ