透析膜の溶質透過と血液透析器の溶質除去性能

この論文をさがす

著者

    • 小久保, 謙一 コクボ, ケンイチ

書誌事項

タイトル

透析膜の溶質透過と血液透析器の溶質除去性能

著者名

小久保, 謙一

著者別名

コクボ, ケンイチ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1109号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / 目次1 / (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章 均質構造を有する透析膜の溶質透過-迷宮細孔モデルの検証- / p7 (0011.jp2)
  4. 1.1 膜構造と透過性に関する既往研究 / p8 (0012.jp2)
  5. 1.2 迷宮細孔モデルの検証 / p30 (0023.jp2)
  6. 結論 / p52 (0034.jp2)
  7. 使用記号 / p53 (0034.jp2)
  8. 参考文献 / p55 (0035.jp2)
  9. 第2章 非対称構造を有する透析膜の溶質透過 / p59 (0037.jp2)
  10. 2.1 非対称膜の拡散透過性能 / p60 (0038.jp2)
  11. 2.2 非対称膜の濾過性能 / p71 (0043.jp2)
  12. 結論 / p90 (0053.jp2)
  13. 使用記号 / p91 (0053.jp2)
  14. 参考文献 / p93 (0054.jp2)
  15. 第3章 タンパク質の透析膜透過現象 / p97 (0056.jp2)
  16. 3.1 タンパク質の吸着現象に関する既往研究 / p98 (0057.jp2)
  17. 3.2 多孔質材料への吸着速度に関する既往研究 / p115 (0065.jp2)
  18. 3.3 吸着を伴うタンパク質の膜透過現象 / p121 (0068.jp2)
  19. 3.4 透析膜のタンパク質の除去速度 / p133 (0074.jp2)
  20. 結論 / p138 (0077.jp2)
  21. 使用記号 / p139 (0077.jp2)
  22. 参考文献 / p140 (0078.jp2)
  23. 第4章 タンパク質の吸着による透析膜の透過性能の変化 / p143 (0079.jp2)
  24. 4.1 膜構造と透過性の変化 / p144 (0080.jp2)
  25. 4.2 流動電位とイオンの透過性の変化 / p156 (0086.jp2)
  26. 結論 / p165 (0090.jp2)
  27. 使用記号 / p166 (0091.jp2)
  28. 参考文献 / p167 (0091.jp2)
  29. 第5章 血液系における透析器の溶質除去性能 / p171 (0093.jp2)
  30. 5.1 透析器の性能を規定する因子 / p172 (0094.jp2)
  31. 5.2 尿素・クレアチニンの除去性能 / p196 (0106.jp2)
  32. 5.3 リン酸水素イオンの除去性能 / p204 (0110.jp2)
  33. 5.4 タンパク質の除去性能 / p212 (0114.jp2)
  34. 5.5 臨床における溶質除去性能 / p219 (0117.jp2)
  35. 結論 / p228 (0122.jp2)
  36. 使用記号 / p230 (0123.jp2)
  37. 参考文献 / p232 (0124.jp2)
  38. 第6章 非対称透析膜の膜構造評価法 / p239 (0127.jp2)
  39. 6.1 膜構造評価に関する既往研究 / p240 (0128.jp2)
  40. 6.2 吸着速度を利用した非対称透析膜の構造評価 / p248 (0132.jp2)
  41. 6.3 非対称ポリスルホン透析膜の構造評価 / p270 (0143.jp2)
  42. 結論 / p288 (0152.jp2)
  43. 使用記号 / p289 (0152.jp2)
  44. 参考文献 / p291 (0153.jp2)
  45. 第7章 中空糸透析膜の流動電位測定法 / p293 (0154.jp2)
  46. 7.1 流動電位発生の機序と測定法に関する既往研究 / p294 (0155.jp2)
  47. 7.2 流動電位測定装置(島津製作所)を改良した測定法 / p310 (0163.jp2)
  48. 7.3 塩橋とミニモジュールを用いた測定法 / p313 (0164.jp2)
  49. 7.4 小型電極とミニモジュールを用いた測定法 / p323 (0169.jp2)
  50. 結論 / p333 (0174.jp2)
  51. 使用記号 / p334 (0175.jp2)
  52. 参考文献 / p335 (0175.jp2)
  53. 第8章 パルスレスポンス法による膜内拡散係数の測定法の開発とその応用 / p339 (0177.jp2)
  54. 8.1 既往研究 / p340 (0178.jp2)
  55. 8.2 理論 / p351 (0183.jp2)
  56. 8.3 測定法の検討 / p354 (0185.jp2)
  57. 8.4 透析膜の膜内拡散係数の測定 / p359 (0187.jp2)
  58. 8.5 膜構造に関する考察 / p362 (0189.jp2)
  59. 結論 / p372 (0194.jp2)
  60. 使用記号 / p373 (0194.jp2)
  61. 参考文献 / p375 (0195.jp2)
  62. 謝辞 / p377 (0196.jp2)
  63. Appendix A 実験および解析方法 / (0197.jp2)
  64. A.1 透析実験 / A2 / (0198.jp2)
  65. A.2 血液系透析実験 / A15 / (0204.jp2)
  66. A.3 タンパク質の吸着実験 / A19 / (0206.jp2)
  67. A.4 流速変化法による阻止率の測定法 / A22 / (0208.jp2)
  68. A.5 染料の吸着速度測定 / A24 / (0209.jp2)
  69. A.6 示差走査型熱量測定法(DSC法) / A29 / (0211.jp2)
  70. A.7 BET法 / A31 / (0212.jp2)
  71. A.8 流動電位測定法 / A34 / (0214.jp2)
  72. A.9 パルスレスポンス法 / A42 / (0218.jp2)
  73. A.10 曲線へのカーブフィッティング / A43 / (0218.jp2)
  74. Appendix B 使用した膜の仕様とテクニカルデータの測定法 / (0219.jp2)
  75. B.1 使用した膜の仕様 / B2 / (0220.jp2)
  76. B.2 透析器の解体 / B4 / (0221.jp2)
  77. B.3 内径・膜厚測定法 / B5 / (0221.jp2)
  78. B.4 含水率測定法 / B6 / (0222.jp2)
  79. B.5 純水濾過係数測定法 / B7 / (0222.jp2)
  80. Appendix C 使用した溶質の性質および分析方法 / (0223.jp2)
  81. C.1 溶質半径および溶質の白由水中の拡散係数 / C2 / (0224.jp2)
  82. C.2 分析方法 / C3 / (0224.jp2)
  83. C.3 染料 / C4 / (0225.jp2)
  84. Appendix D 膜透過モデル / (0228.jp2)
  85. D.1 (1.11)式の導出 / D2 / (0229.jp2)
  86. D.2 迷宮細孔モデルにおける[数式]の算出方法 / D5 / (0230.jp2)
  87. Appendix E 荷電膜の相対拡散係数の導出 / (0231.jp2)
  88. Appendix F Single pool modelの解 / (0233.jp2)
  89. F.1 基礎方程式 / F2 / (0234.jp2)
  90. F.2 [数式]=O,G=Oのときの解 / F3 / (0234.jp2)
  91. F.3 [数式]=O,G=Oのときの解 / F4 / (0235.jp2)
  92. F.4 [数式]=O,G=Qのときの解 / F5 / (0235.jp2)
  93. F.5 (5.5)式の導出 / F6 / (0236.jp2)
  94. Appendix G Helmholtz-Smoluchowskiの式の導出 / (0236.jp2)
  95. G.1 水力学的モデルに基づく導出 / G2 / (0237.jp2)
  96. G.2 非平衡熱力学に基づく導出 / G4 / (0238.jp2)
  97. G.3 誘電率の単位換算 / G6 / (0239.jp2)
  98. Appendix H 積率の導出 / (0239.jp2)
  99. H.1 クロマトグラフィーにおける積率の導出 / H2 / (0240.jp2)
  100. H.2 直交座標系における積率の導出 / H6 / (0242.jp2)
  101. H.3 非対称膜における積率の導出 / H7 / (0242.jp2)
  102. H.4 Dead end細孔を有する膜の積率の導出 / H9 / (0243.jp2)
  103. H.5 細孔径分布を有する膜の積率の導出 / H11 / (0244.jp2)
  104. H.6 膜体積基準と最高体積基準の膜内拡散係数 / H13 / (0245.jp2)
  105. H.7 双曲線関数 / H15 / (0246.jp2)
  106. Appendix I 不可逆吸着を伴う膜内拡散方程式の数値解析 / (0247.jp2)
  107. I.1 導関数の差分近似 / I2 / (0248.jp2)
  108. I.2 膜内での吸着を伴った拡散方程式の数値解析 / I5 / (0249.jp2)
  109. Appendix J 吸光法データ解析プログラム / (0259.jp2)
  110. J.1 ベッセル関数を求める手順 / J2 / (0260.jp2)
  111. J.2 αをκよりβとKpを算出する手順 / J4 / (0261.jp2)
  112. J.3 プログラムリスト / J6 / (0262.jp2)
  113. 博士論文概要 / (0264.jp2)
  114. 履歴書 / p4 (0266.jp2)
  115. 研究業績 / p5 (0267.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132387
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967003
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296701
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ