共鳴ラマン分光法の電極表面反応解析への応用 : 共役π結合を持つ種々の有機ラジカルの構造と生成機構 kyomei raman bunkoho no denkyoku hyomen han'no kaiseki eno oyo : kyoyaku pai ketsugo o motsu shuju no yuki rajikaru no kozo to seisei kiko

この論文をさがす

著者

    • 御園, 康仁 ミソノ, ヤスヒト

書誌事項

タイトル

共鳴ラマン分光法の電極表面反応解析への応用 : 共役π結合を持つ種々の有機ラジカルの構造と生成機構

タイトル別名

kyomei raman bunkoho no denkyoku hyomen han'no kaiseki eno oyo : kyoyaku pai ketsugo o motsu shuju no yuki rajikaru no kozo to seisei kiko

著者名

御園, 康仁

著者別名

ミソノ, ヤスヒト

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1122号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1122号 ; 学位の種類:博士(理学) ; 授与年月日:1996-03-15 ; 早大学位記番号:新2277 ; 理工学図書館請求番号:1944

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 序 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 ラマン散乱及び共鳴ラマン散乱 / p5 (0009.jp2)
  6. 1.4 表面増感ラマン散乱 / p9 (0013.jp2)
  7. 1.5 時間分解ラマン分光法の電極反応への応用 / p14 (0018.jp2)
  8. 1.6 参考文献 / p16 (0020.jp2)
  9. 表題 / p18 (0022.jp2)
  10. 掲載図 / p19 (0023.jp2)
  11. 第2章 時間分解共鳴ラマン及び時間分解表面増感共鳴ラマン分光法による銀電極表面上でのヘプチルビオローゲンモノカチオンラジカルの形成過程の研究 / p25 (0029.jp2)
  12. 2.1 序 / p25 (0029.jp2)
  13. 2.2 実験条件 / p27 (0031.jp2)
  14. 2.3 実験結果及び考察 / p29 (0033.jp2)
  15. 2.4 結論 / p35 (0039.jp2)
  16. 2.5 謝辞 / p36 (0040.jp2)
  17. 2.6 参考文献 / p37 (0041.jp2)
  18. 表題 / p39 (0043.jp2)
  19. 掲載図 / p41 (0045.jp2)
  20. 第3章 時間分解表面増感共鳴ラマン分光法による銀電極表面におけるヘプチルビオローゲンカチオンラジカルの還元過程の研究 / p45 (0059.jp2)
  21. 3.1 序 / p45 (0059.jp2)
  22. 3.2 実験条件 / p46 (0060.jp2)
  23. 3.3 実験結果及び考察 / p47 (0061.jp2)
  24. 3.4 結論 / p57 (0071.jp2)
  25. 3.5 参考文献 / p59 (0073.jp2)
  26. 表題 / p60 (0074.jp2)
  27. 掲載図・表 / p62 (0076.jp2)
  28. 第4章 バクテリオクロロフィルαカチオンラジカルの共鳴ラマン及び可視吸収スペクトルの溶媒効果 / p75 (0089.jp2)
  29. 4.1 序 / p75 (0089.jp2)
  30. 4.2 実験条件 / p77 (0091.jp2)
  31. 4.3 実験結果及び考察 / p80 (0094.jp2)
  32. 4.4 結論 / p91 (0105.jp2)
  33. 4.5 謝辞 / p93 (0107.jp2)
  34. 4.6 参考文献 / p94 (0108.jp2)
  35. 表題 / p96 (0110.jp2)
  36. 掲載図・表 / p99 (0113.jp2)
  37. 第5章 3,3′,5,5′-テトラメチルベンジジンカチオンラジカルの電極反応による生成過程-共鳴ラマン及び表面増感共鳴ラマン分光法による研究- / p114 (0128.jp2)
  38. 5.1 序 / p114 (0128.jp2)
  39. 5.2 実験条件 / p115 (0129.jp2)
  40. 5.3 実験結果及び考察 / p118 (0132.jp2)
  41. 5.4 結論 / p132 (0146.jp2)
  42. 5.5 謝辞 / p133 (0147.jp2)
  43. 5.6 参考文献 / p134 (0148.jp2)
  44. 表題 / p135 (0149.jp2)
  45. 掲載図 / p137 (0151.jp2)
  46. 第6章 総括 / p152 (0167.jp2)
  47. 謝辞 / p155 (0170.jp2)
  48. 研究業績 / p156 (0171.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132400
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967016
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296714
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ