【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

スズ、セレン及び水銀の原子吸光分析法におけるマトリックス修飾剤の開発と生体中のセレン、水銀含有化合物のキャラクタリゼーションへの応用 suzu seren oyobi suigin no genshi kyuko bunsekiho ni okeru matorikkusu shushokuzai no kaihatsu to seitaichu no seren suigin gan'yu kagobutsu no kyarakutarizeshon eno oyo

この論文をさがす

著者

    • 李, 暉 リー, キ

書誌事項

タイトル

スズ、セレン及び水銀の原子吸光分析法におけるマトリックス修飾剤の開発と生体中のセレン、水銀含有化合物のキャラクタリゼーションへの応用

タイトル別名

suzu seren oyobi suigin no genshi kyuko bunsekiho ni okeru matorikkusu shushokuzai no kaihatsu to seitaichu no seren suigin gan'yu kagobutsu no kyarakutarizeshon eno oyo

著者名

李, 暉

著者別名

リー, キ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1126号

学位授与年月日

1996-02-08

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1126号 ; 学位の種類:博士(理学) ; 授与年月日:1996-02-08 ; 早大学位記番号:新2281 ; 理工学図書館請求番号:1946

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1.緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2.マトリックス修飾剤 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3.パラジウムの炭素炉原子吸光法における増感機構 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.4.スズの炭素炉原子吸光法における原子化過程 / p7 (0008.jp2)
  7. 1.5.無機態、有機態スズに関する分析法と分析感度 / p9 (0009.jp2)
  8. 1.6.本研究の目的 / p11 (0010.jp2)
  9. 参考文献(第1章) / p17 (0013.jp2)
  10. 第2章 有機スズの炭素炉原子吸光法における増感効果と有機スズの定量 / p21 (0015.jp2)
  11. 2.1.緒言 / p21 (0015.jp2)
  12. 2.2.実験部分 / p22 (0016.jp2)
  13. 2.3.有機スズに関する酸素の増感効果 / p23 (0016.jp2)
  14. 2.4.有機スズに関する有機パラジウムの増感効果 / p29 (0019.jp2)
  15. 2.5.有機スズの感度の灰化温度への依存性 / p34 (0022.jp2)
  16. 2.6.無機スズのTBPへの抽出 / p38 (0024.jp2)
  17. 2.7.有機スズに関する炭素(C₆₀)の増感効果 / p44 (0027.jp2)
  18. 2.8.結言 / p51 (0030.jp2)
  19. 参考文献(第2章) / p53 (0031.jp2)
  20. 第3章 有機スズの吸収ピークのプロファイル / p54 (0032.jp2)
  21. 3.1.緒言 / p54 (0032.jp2)
  22. 3.2.実験部分 / p54 (0032.jp2)
  23. 3.3.有機パラジウムを添加したとき、しないときの有機スズのピークのプロファイル / p55 (0032.jp2)
  24. 3.4.有機スズの二重吸収ピークと灰化温度との依存性 / p57 (0033.jp2)
  25. 3.5.有機スズの二重吸収ピークと炭素炉の種類との関係 / p59 (0034.jp2)
  26. 3.6.二重吸収ピークの形成の機構 / p60 (0035.jp2)
  27. 3.7.結言 / p61 (0035.jp2)
  28. 参考文献(第3章) / p62 (0036.jp2)
  29. 第4章 有機スズの感度に及ぼす他の化学種の影響のETV-ICP-MSによる検討 / p63 (0036.jp2)
  30. 4.1.緒言 / p63 (0036.jp2)
  31. 4.2.実験部分 / p64 (0037.jp2)
  32. 4.3.有機スズの揮発損失による感度の低下 / p65 (0037.jp2)
  33. 4.4.ETV-ICP-MS法における有機パラジウムの添加効果 / p69 (0039.jp2)
  34. 4.5.有機パラジウムを添加しないとき、有機スズの感度に及ぼす化学種の影響 / p73 (0041.jp2)
  35. 4.6.有機パラジウムを添加したとき、有機スズの感度に及ぼす化学種の影響 / p77 (0043.jp2)
  36. 4.7.結言 / p82 (0046.jp2)
  37. 参考文献(第4章) / p83 (0046.jp2)
  38. 第5章 スズの炭素炉原子吸光法におけるパラジウムの増感機構 / p84 (0047.jp2)
  39. 5.1.緒言 / p84 (0047.jp2)
  40. 5.2.実験部分 / p84 (0047.jp2)
  41. 5.3.無機スズに関するパラジウムの増感機構 / p85 (0047.jp2)
  42. 5.4.有機スズに関する有機パラジウムの増感機構 / p87 (0048.jp2)
  43. 5.5.結言 / p119 (0064.jp2)
  44. 参考文献(第5章) / p120 (0065.jp2)
  45. 第6章 序論 / p121 (0065.jp2)
  46. 6.1.緒言 / p121 (0065.jp2)
  47. 6.2.生物圏中のセレンの分布と存在形態 / p121 (0065.jp2)
  48. 6.3.生物圏中の水銀の分布と存在形態 / p124 (0067.jp2)
  49. 6.4.生体内のセレンと水銀の相関性 / p126 (0068.jp2)
  50. 6.5.イルカ肝臓中の水銀、セレンの分布、存在形態とその相関性 / p129 (0069.jp2)
  51. 6.6.本研究の目的 / p131 (0070.jp2)
  52. 参考文献(第6章) / p133 (0071.jp2)
  53. 第7章 生体試料中の水銀、セレンの炭素炉原子吸光法による定量法の開発 / p137 (0073.jp2)
  54. 7.1.緒言 / p137 (0073.jp2)
  55. 7.2.実験部分 / p139 (0074.jp2)
  56. 7.3.定量方法に関する実験条件の検討 / p141 (0075.jp2)
  57. 7.4. 有機水銀、有機セレンに対する有機パラジウムの増感効果とその検出限界 / p146 (0078.jp2)
  58. 7.5.イルカ肝臓の抽出液中の水銀、セレンの定量への応用 / p149 (0079.jp2)
  59. 7.6.結言 / p150 (0080.jp2)
  60. 参考文献(第7章) / p151 (0080.jp2)
  61. 第8章 イルカ肝臓中の水銀、セレン含有化合物に関する検討 / p152 (0081.jp2)
  62. 8.1.緒言 / p152 (0081.jp2)
  63. 8.2.実験部分 / p152 (0081.jp2)
  64. 8.3.イルカ肝臓中の水銀、セレンの濃度相関性 / p156 (0083.jp2)
  65. 8.4.肝臓中の水銀、セレン含有化合物の抽出 / p160 (0085.jp2)
  66. 8.5.肝臓中の水銀、セレン含有化合物の酵素による可溶化 / p166 (0088.jp2)
  67. 8.6.肝臓中の水銀、セレン含有化合物の加水分解 / p172 (0091.jp2)
  68. 8.7.可溶性画分中の水銀、セレン含有化合物のクロマトグラフィー上での挙動 / p174 (0092.jp2)
  69. 8.8.不溶性画分中の水銀、セレン含有化合物のクロマトグラフィー上での挙動での挙動 / p181 (0095.jp2)
  70. 8.9.イルカ肝臓中の水銀、セレン含有化合物の化学性質 / p188 (0099.jp2)
  71. 8.10.結言 / p188 (0099.jp2)
  72. 第9章 結論 / p190 (0100.jp2)
  73. 謝辞 / (0101.jp2)
  74. 研究業績 / (0102.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132404
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967020
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296718
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ