跡倉ナップの構造発達史

この論文をさがす

著者

    • 小林, 健太 コバヤシ, ケンタ

書誌事項

タイトル

跡倉ナップの構造発達史

著者名

小林, 健太

著者別名

コバヤシ, ケンタ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1136号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I.はじめに / p3 (0007.jp2)
  3. II.地質概略 / p3 (0007.jp2)
  4. III.御荷鉾帯に分布する異地性泥質片岩 / p7 (0011.jp2)
  5. III.1.泥質片岩の区分と分布 / p7 (0011.jp2)
  6. III.2.白雲母のK-Ar年代 / p15 (0019.jp2)
  7. III.3.白雲母試料の鉱物学 / p19 (0023.jp2)
  8. III.4.中間議論 / p34 (0038.jp2)
  9. IV.跡倉ナップ基底断層の構造 / p36 (0040.jp2)
  10. IV.1.研究史と概要 / p36 (0040.jp2)
  11. IV.2.断層岩類の分布 / p37 (0041.jp2)
  12. IV.3.断層岩類のファブリック / p39 (0043.jp2)
  13. IV.4.跡倉ナップのスリップ方向 / p43 (0047.jp2)
  14. IV.5.中間議論 / p46 (0050.jp2)
  15. V.跡倉ナップ内部延性剪断帯の構造 / p49 (0053.jp2)
  16. V.1.マイロニティックな断層岩類 / p49 (0053.jp2)
  17. V.2.マイロナイトのファブリック / p52 (0056.jp2)
  18. V.3.面構造・線構造の姿勢と剪断センス / p58 (0062.jp2)
  19. V.4.マイロナイトとカタクラサイトに含まれる白雲母の鉱物学 / p64 (0068.jp2)
  20. V.5.中間議論 / p66 (0070.jp2)
  21. VI.総括議論 / p68 (0072.jp2)
  22. VI.1.異地性泥質片岩の帰属 / p68 (0072.jp2)
  23. VI.2.卸荷鉾・三波川ユニット-跡倉ナップ間の構造的ギャップ / p70 (0074.jp2)
  24. VI.3.跡倉ナップの構成要素の帰属 / p71 (0075.jp2)
  25. VI.4.跡倉ナップのルートゾーンにおけるダイナミクス / p74 (0078.jp2)
  26. VII.まとめ / p75 (0079.jp2)
  27. Abstract / p2 (0006.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132414
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967030
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296728
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ