近代法治国家の行政法学 : ヴァルター・イェリネック行政法学の研究 kindai hochi kokka no gyosei hogaku -varuta yerinekku gyosei hogaku no kenkyu seibundo

この論文をさがす

著者

    • 人見, 剛 ヒトミ, タケシ

書誌事項

タイトル

近代法治国家の行政法学 : ヴァルター・イェリネック行政法学の研究

タイトル別名

kindai hochi kokka no gyosei hogaku -varuta yerinekku gyosei hogaku no kenkyu

タイトル別名

seibundo

著者名

人見, 剛

著者別名

ヒトミ, タケシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第1114号

学位授与年月日

1995-04-25

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1114号 ; 学位の種類:博士(法学) ; 授与年月日:1995-04-25 ; 早大学位記番号:新2200 概要書あり

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 序 / p1 (0003.jp2)
  3. 凡例 / p4 (0005.jp2)
  4. 第一章 研究の対象と課題 / p1 (0007.jp2)
  5. 第一節 研究対象としてのヴァルター・イェリネック行政法学 / p1 (0007.jp2)
  6. 一 ヴァルター・イェリネックの生涯と業績 / p1 (0007.jp2)
  7. 二 研究対象の限定 / p11 (0012.jp2)
  8. 第二節 ヴァルター・イェリネック行政法学の位置づけと性格規定 / p15 (0014.jp2)
  9. 一 自由主義的法治国家の行政法学 / p15 (0014.jp2)
  10. 二 法実証主義的行政法学 / p23 (0018.jp2)
  11. 第三節 課題の設定 / p30 (0022.jp2)
  12. 第二章 ヴァルター・イェリネック行政法学の形成-帝政期- / p36 (0025.jp2)
  13. 第一節 心理学的方法による国家行為の瑕疵論 / p36 (0025.jp2)
  14. 一 序論-行政行為論形成過程における「国家行為」論 / p36 (0025.jp2)
  15. 二 国家行為の瑕疵論 / p42 (0028.jp2)
  16. 三 実証主義的方法としての心理学的方法 / p53 (0033.jp2)
  17. 第二節 社会学的方法による法源論と裁量論 / p66 (0040.jp2)
  18. 一 序論 / p66 (0040.jp2)
  19. 二 法律適用(法解釈)方法論と法源論 / p69 (0041.jp2)
  20. 三 警察裁量とその限界の統制 / p92 (0053.jp2)
  21. 四 まとめ / p109 (0061.jp2)
  22. 第三章 ヴァルター・イェリネック行政法学の完成-ヴァイマル期- / p113 (0063.jp2)
  23. 第二節 ヴァイマル共和国とヴァルター・イェリネック / p113 (0063.jp2)
  24. 一 一一月革命とヴァイマル憲法の有効性 / p113 (0063.jp2)
  25. ニ ヴァイマル共和国の相対的安定と危機 / p123 (0068.jp2)
  26. 三 ヴァイマル憲法と行政法・行政法学 / p133 (0073.jp2)
  27. 第二節 行政法学の実体法的体系化 / p141 (0077.jp2)
  28. 一 序論 / p141 (0077.jp2)
  29. 二 行政法学の総論・各論体系 / p148 (0081.jp2)
  30. 三 行政上の法律関係 / p164 (0089.jp2)
  31. 四 公法と私法 / p183 (0098.jp2)
  32. 第三節 「裁判国家」の理念と行政行為論 / p196 (0105.jp2)
  33. 一 序論-包括的な「権利保護」観 / p196 (0105.jp2)
  34. 二 行政裁判制度の「裁判国家」的編成 / p200 (0107.jp2)
  35. 三 行政行為論 / p225 (0119.jp2)
  36. 第四節 国家補償法理論 / p250 (0132.jp2)
  37. 一 序論 / p250 (0132.jp2)
  38. 二 国家賠償論 / p253 (0133.jp2)
  39. 三 損失補償論 / p262 (0138.jp2)
  40. 第四章 ヴァルター・イェリネック行政法学の実現-戦後期- / p273 (0143.jp2)
  41. 第一節 ヘッセン憲法の制定 / p273 (0143.jp2)
  42. 一 序論 / p273 (0143.jp2)
  43. 二 基本権保障 / p277 (0145.jp2)
  44. 三 憲法保障 / p282 (0148.jp2)
  45. 第二節 行政裁判制度の再建 / p289 (0151.jp2)
  46. 一 占領期行政裁判法制定前史 / p289 (0151.jp2)
  47. ニ ハイデルベルク草案の起草 / p299 (0156.jp2)
  48. 三 南ドイツ諸ラント法の成立 / p322 (0168.jp2)
  49. 四 統一的行政裁判法の制定へ / p334 (0174.jp2)
  50. むすび / p351 (0182.jp2)
  51. 一 ヴァルター・イェリネック年譜 / p1 (0196.jp2)
  52. ニ ヴァルター・イェリネック著作目録 / p4 (0194.jp2)
  53. あとがき / p379 (0196.jp2)
  54. 「比較行政法叢書」刊行のことば / p381 (0197.jp2)
8アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132424
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967040
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296738
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ