ニコライ・カラムジン研究 nikorai karamujin kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 藤沼, 貴 フジヌマ, タカシ

書誌事項

タイトル

ニコライ・カラムジン研究

タイトル別名

nikorai karamujin kenkyu

著者名

藤沼, 貴

著者別名

フジヌマ, タカシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第1119号

学位授与年月日

1995-06-13

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1119号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1995/6/13 ; 早大学位記番号:新2205

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 序論 / (0008.jp2)
  3. 第一章 カラムジン研究史概観 / p2 (0009.jp2)
  4. 第一節 力ラムジン在世中(一七九一~一八二五) / p2 (0009.jp2)
  5. 第二節 カラムジン批判の時期(一八二六~一八五二) / p6 (0011.jp2)
  6. 第三節 客観的研究の開始(一八五三~一八六〇年代末) / p15 (0015.jp2)
  7. 第四節 カラムジンへの関心低下の時期(一八六〇年代末~一九一六) / p23 (0019.jp2)
  8. 第五節 空白期(一九一七~一九三四) / p30 (0023.jp2)
  9. 第六節 研究再開とイデオロギーの優先(一九三五~一九五四) / p33 (0024.jp2)
  10. 第七節 客観的研究の復活(一九五五~一九六五) / p37 (0026.jp2)
  11. 第八節 研究の本格化(一九六四~一九八〇) / p40 (0028.jp2)
  12. 第九節 現況と今後の展望(一九八一~) / p60 (0038.jp2)
  13. 第二章 カラムジン出現までの十八世紀ロシア文学の概況 / p69 (0042.jp2)
  14. 第一節 十八世紀ロシアの基本的性格 / p70 (0043.jp2)
  15. 第二節 一七〇一年~一七二九年 / p74 (0045.jp2)
  16. 第三節 一七二九年~一七六〇年 / p84 (0050.jp2)
  17. 第四節 一七六〇年~一七八五年 / p95 (0055.jp2)
  18. 第五節 一七八五年~一八〇〇年 / p104 (0060.jp2)
  19. 第三章 文学活動開始以前のカラムジンの生活 / p115 (0065.jp2)
  20. 第一節 伝記の取り扱い / p115 (0065.jp2)
  21. 第二節 祖先 / p119 (0067.jp2)
  22. 第三節 生年 / p130 (0073.jp2)
  23. 第四節 生地 / p138 (0077.jp2)
  24. 第五節 教育 / p142 (0079.jp2)
  25. 第六節 軍隊勤務 / p153 (0084.jp2)
  26. 本論 / (0087.jp2)
  27. 第一編 文学活動初期 / p160 (0088.jp2)
  28. 第一章 文学活動の出発点 / p160 (0088.jp2)
  29. 第一節 活動初期の意義 / p160 (0088.jp2)
  30. 第二節 カラムジンによる文学活動選択の理由 / p163 (0089.jp2)
  31. 第三節 ゲスナー『木の足』の翻訳 / p173 (0094.jp2)
  32. 第四節 ハーラー『悪の起源』の翻訳 / p181 (0098.jp2)
  33. 第二章 フリー・メーソン入会 / p189 (0102.jp2)
  34. 第一節 入会の時点 / p190 (0103.jp2)
  35. 第二節 入会の理由 / p210 (0113.jp2)
  36. 第三章 スイスの哲学者ラファーターとの交流 / p215 (0115.jp2)
  37. 第一節 ラファーターの業績とロシア / p216 (0116.jp2)
  38. 第二節 ラファーターの思想とカラムジン / p224 (0120.jp2)
  39. 第三節 カラムジンとラファーターの文通 / p228 (0122.jp2)
  40. 第四節 カラムジンとラファーターの対面 / p236 (0126.jp2)
  41. 第四章 シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』とレッシング『エミーリア・ガロッテイ』の翻訳 / p245 (0130.jp2)
  42. 第一節『ジユリアス・シーザー』 / p245 (0130.jp2)
  43. 第二節『エミーリア・ガロッテイ』 / p269 (0142.jp2)
  44. 第五章 トムソン『四季』の翻訳 / p279 (0147.jp2)
  45. 第一節『四季』翻訳の理由 / p279 (0147.jp2)
  46. 第二節 ロシア人の自然観変化の過程のなかの『四季』 / p281 (0148.jp2)
  47. 第三節 ロシア文学の自然描写 / p296 (0156.jp2)
  48. 第四節 カラムジンの『四季』翻訳の意義 / p303 (0159.jp2)
  49. 第二編 「モスクワ・ジャーナル」の時代 / p307 (0161.jp2)
  50. 第一章 「モスクワ・ジャーナル」 / p307 (0161.jp2)
  51. 第一節 「モスクワージャーナル」の概要 / p307 (0161.jp2)
  52. 第二節 雑誌発行の動機 / p309 (0162.jp2)
  53. 第三節 雑誌の基本的性格 / p316 (0166.jp2)
  54. 第四節 雑誌の内容 / p325 (0170.jp2)
  55. 第五節 「モスクワー・ジャーナル」の意義 / p360 (0188.jp2)
  56. 第二章『ロシア人旅行者の手紙』 / p363 (0189.jp2)
  57. 第一節 テキストの選択 / p363 (0189.jp2)
  58. 第二節『ロシア人旅行者の手紙』の「詩と真実」 / p370 (0193.jp2)
  59. 第三節『手紙』の「真実」の不在 / p373 (0194.jp2)
  60. 第四節『手紙』における「詩」と「真実」の境界の消去 / p393 (0204.jp2)
  61. 第五節『手紙』の内容 / p421 (0218.jp2)
  62. 第六節『手紙』の時間 / p452 (0234.jp2)
  63. 第七節『手紙』の空間 / p471 (0243.jp2)
  64. 第八節 文体の束としての『手紙』 / p479 (0247.jp2)
  65. 目次 / p10 (0255.jp2)
  66. 第三章『あわれなリーザ』 / p489 (0257.jp2)
  67. 第一節『あわれなリーザ』の評価の変遷 / p489 (0257.jp2)
  68. 第二節 不在の積極性 / p503 (0264.jp2)
  69. 第三節 古い枠組みの新しさ / p511 (0268.jp2)
  70. 第四節『リーザ』の「思想」 / p524 (0275.jp2)
  71. 第五節 自然描写 / p527 (0276.jp2)
  72. 第六節 作者の声 / p543 (0284.jp2)
  73. 第七節『リーザ』と伝統 / p549 (0287.jp2)
  74. 第八節『リーザ』の民衆性とロシア的性格 / p563 (0294.jp2)
  75. 第四章『貴族の娘ナターリア』 / p565 (0295.jp2)
  76. 第一節 内容の複合性 / p565 (0295.jp2)
  77. 第二節 冒険・恋愛ロマンのパロディとしての『ナターリア』 / p571 (0298.jp2)
  78. 第三節 センチメンタリズム小説としての『ナターリア』 / p576 (0301.jp2)
  79. 第四節 歴史小説としての『ナターリア』 / p586 (0306.jp2)
  80. 第五節『ナターリア』のなかの歴史 / p595 (0310.jp2)
  81. 第三編 文集「アグラーヤ」 / p607 (0316.jp2)
  82. 第一章 「アグラーヤ」とカラムジンの「危機」 / p608 (0317.jp2)
  83. 第二章 「アグラーヤ」第一冊 / p618 (0322.jp2)
  84. 第一節 「作者より」 / p618 (0322.jp2)
  85. 第二節 美への志向 / p620 (0323.jp2)
  86. 第三節 センチメンタリズムの作品 / p626 (0326.jp2)
  87. 第四節 啓蒙主義的な作品 / p637 (0331.jp2)
  88. 第五節 その他の作品 / p640 (0333.jp2)
  89. 第六節『ボルンホルム島』 / p648 (0337.jp2)
  90. 第三章 「アグラーヤ」第二冊 / p673 (0349.jp2)
  91. 第一節 「絶望」の表現 / p673 (0349.jp2)
  92. 第二節 メロドールとフィラレートの往復書簡 / p688 (0357.jp2)
  93. 第三節『シエラ・モレナ』 / p700 (0363.jp2)
  94. 第四節 「危機」の実相 / p709 (0367.jp2)
  95. 補論 / (0370.jp2)
  96. 第一章 ロシア最初の児童雑誌「心と理性のための子供の読み / p716 (0371.jp2)
  97. 第一節 ロシアの児童文学 / p718 (0372.jp2)
  98. 第二節 「子供の読み物」の基本的性格 / p727 (0376.jp2)
  99. 第三節 第一期 / p735 (0380.jp2)
  100. 第四節 第二期 / p757 (0391.jp2)
  101. 第五節 第三期 / p767 (0396.jp2)
  102. 第二章 ポープ『人間論』のロシア語訳-ロシア人の自然観の変化の一側面- / p775 (0400.jp2)
  103. 第一節『人間論』の概要 / p775 (0400.jp2)
  104. 第二節 ロシア人の自然観 / p781 (0403.jp2)
  105. 第三節 ロシアにおける自然の知識 / p789 (0407.jp2)
  106. 第四節『人間論』の翻訳 / p793 (0409.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132429
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967045
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296743
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ