部分バックオーダを考慮した生産・在庫モデルに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 金, 正子 キム, ジョンジャ

書誌事項

タイトル

部分バックオーダを考慮した生産・在庫モデルに関する研究

著者名

金, 正子

著者別名

キム, ジョンジャ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第1132号

学位授与年月日

1995-10-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 部分バックオーダモデルの既存研究動向 / p4 (0009.jp2)
  6. 第2章 部分バックオーダを考慮した経済的発注量モデル / p8 (0013.jp2)
  7. 2.1 研究目的 / p8 (0013.jp2)
  8. 2.2 モデルA / p9 (0014.jp2)
  9. 2.3 モデルB / p14 (0019.jp2)
  10. 2.4 他のEOQモデルとの関連性 / p17 (0022.jp2)
  11. 2.5 数値例および感度分析 / p18 (0023.jp2)
  12. 2.6 λの推定とモデルの使い方 / p20 (0025.jp2)
  13. 2.7 本研究の適用について / p22 (0027.jp2)
  14. 2.8 本章のまとめと成果 / p23 (0028.jp2)
  15. 第3章 調達期間の不確実性を考慮した部分バックオーダモデル / p28 (0033.jp2)
  16. 3.1 研究目的 / p28 (0033.jp2)
  17. 3.2 既存の研究動向 / p28 (0033.jp2)
  18. 3.3 モデル1 / p30 (0035.jp2)
  19. 3.4 モデル2 / p41 (0046.jp2)
  20. 3.5 モデル1とモデル2の比較 / p46 (0051.jp2)
  21. 3.6 本章のモデルと既存のモデルとの関連性 / p49 (0054.jp2)
  22. 3.7 本章のまとめと成果 / p51 (0056.jp2)
  23. 第4章 バックオーダ期間の長さに依存するバックオーダ比率をもつ確率的な部分バックオーダモデル / p56 (0061.jp2)
  24. 4.1 研究目的 / p56 (0061.jp2)
  25. 4.2 モデルの構築 / p57 (0062.jp2)
  26. 4.3 既存のモデルとの関連性 / p63 (0068.jp2)
  27. 4.4 反復解法の手順 / p64 (0069.jp2)
  28. 4.5 数値例および感度分析 / p67 (0072.jp2)
  29. 4.6 本章のまとめ / p69 (0074.jp2)
  30. 第5章 部分バックオーダを考慮した経済的生産量モデル / p73 (0078.jp2)
  31. 5.1 研究目的 / p73 (0078.jp2)
  32. 5.2 モデルの構築 / p74 (0079.jp2)
  33. 5.3 部分バックオーダ生産量モデルの反復的解法 / p81 (0086.jp2)
  34. 5.4 他のモデルとの関連性 / p82 (0087.jp2)
  35. 5.5 数値例および感度分析 / p83 (0088.jp2)
  36. 5.6 本章のモデルの適用について / p84 (0089.jp2)
  37. 5.7 本章のまとめと成果 / p85 (0090.jp2)
  38. 5.8 今後の課題 / p86 (0091.jp2)
  39. 第6章 結論 / p89 (0094.jp2)
  40. 付録 連続割引率を考慮した部分バックオーダモデル / p93 (0098.jp2)
  41. 参考文献 / p113 (0118.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132442
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967058
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296756
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ