内海船と幕藩制市場の解体 utsumibune to bakuhansei shijo no kaitai kashiwashobo

この論文をさがす

著者

    • 齋藤, 善之 サイトウ, ヨシユキ

書誌事項

タイトル

内海船と幕藩制市場の解体

タイトル別名

utsumibune to bakuhansei shijo no kaitai

タイトル別名

kashiwashobo

著者名

齋藤, 善之

著者別名

サイトウ, ヨシユキ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第1141号

学位授与年月日

1995-11-14

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1141号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1995/11/14 ; 早大学位記番号:新2238 概要書あり

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 本書の課題と方法について / p7 (0006.jp2)
  3. 序章 幕藩制流通機構と尾張海運-内海船成立前史- / p21 (0013.jp2)
  4. 第一節 近世初期の尾張海運勢力 / p21 (0013.jp2)
  5. 第二節 近世前期の尾張海運勢力 / p33 (0019.jp2)
  6. 第三節 近世中期の尾張海運勢力 / p37 (0021.jp2)
  7. 第I部 幕藩制市場構造の解体過程 / (0027.jp2)
  8. 第一章 幕藩制流通機構の解体過程-菱垣・樽廻船と内海船- / p51 (0028.jp2)
  9. 第一節 株仲問解散以前の廻船集団 / p53 (0029.jp2)
  10. 一 菱垣廻船の衰退 / p53 (0029.jp2)
  11. 二 大伝馬町組太物問屋の白子廻し一件 / p60 (0033.jp2)
  12. 三 天保前期における都市商人と幕府 / p68 (0037.jp2)
  13. 第二節 株仲間解散中の廻船集団 / p76 (0041.jp2)
  14. 第三節 株仲間再興令以後の廻船集団 / p80 (0043.jp2)
  15. 一 再興令と特権問屋商人 / p80 (0043.jp2)
  16. 二 江戸の畳表問屋仲間の一件 / p83 (0044.jp2)
  17. 三 摂泉十二郷酒造仲間と内海船 / p91 (0048.jp2)
  18. 四 菱垣・樽廻船の終焉 / p95 (0050.jp2)
  19. 第四節 菱垣・樽廻船衰退の経済過程 / p102 (0054.jp2)
  20. 第二章 幕藩制全国市場の解体過程-下り塩流通を素材として- / p108 (0057.jp2)
  21. 第一節 株仲間解散までの下り塩流通 / p109 (0057.jp2)
  22. 一 下り塩流通機構の成立と展開 / p109 (0057.jp2)
  23. 二 三橋会所仕法と下り塩仲間の対立 / p115 (0060.jp2)
  24. 三 江戸の下り塩問屋と内海船 / p119 (0062.jp2)
  25. 四 株仲間解散令下の下り塩流通 / p121 (0063.jp2)
  26. 第二節 株仲間再興後の下り塩流通 / p125 (0065.jp2)
  27. 一 江戸の下り塩問屋の古法復帰 / p125 (0065.jp2)
  28. 二 下り塩の江戸打越ルートの形成 / p127 (0066.jp2)
  29. 三 新興ルートの江戸市場進出 / p134 (0070.jp2)
  30. 四 江戸の下り塩問屋渡辺熊次郎の動向 / p136 (0071.jp2)
  31. 第三章 中央市場の衰退と地域市場の勃興 / p147 (0076.jp2)
  32. 第一節 中央市場・大坂の衰退 / p147 (0076.jp2)
  33. 一 阿部正蔵の意見書 / p147 (0076.jp2)
  34. 二 幕藩制市場構造と大坂 / p155 (0080.jp2)
  35. 三 全国市場の新しい動向 / p158 (0082.jp2)
  36. 第二節 関東地廻り経済圏と神奈川湊の興隆 / p165 (0085.jp2)
  37. 一 東の流通拠点・神奈川湊 / p165 (0085.jp2)
  38. 二 内海船と神奈川湊の取引関係 / p169 (0087.jp2)
  39. 三 神奈川湊周辺生麦村の変貌 / p182 (0094.jp2)
  40. 第三節 西国・北国市場と兵庫の展開 / p195 (0100.jp2)
  41. 一 西の流通拠点・兵庫津 / p195 (0100.jp2)
  42. 二 内海船と兵庫津の取引関係 / p203 (0104.jp2)
  43. 第四節 幕藩制流通拠点・下関と浦賀の変貌 / p214 (0110.jp2)
  44. 一 下関越荷方会所と新興廻船 / p214 (0110.jp2)
  45. 二 浦賀湊と尾州廻船差配会所仕法 / p218 (0112.jp2)
  46. 第II部 尾州廻船内海船の組織と経営 / (0119.jp2)
  47. 第四章 新興廻船内海船の仲間組織 / p235 (0120.jp2)
  48. 第一節 戎講の結成と組織 / p235 (0120.jp2)
  49. 一 戎講の参会 / p235 (0120.jp2)
  50. 二 戎講の構成員 / p244 (0125.jp2)
  51. 三 戎講の成立過程 / p248 (0127.jp2)
  52. 第二節 戎講の統制と制裁 / p253 (0129.jp2)
  53. 一 評議内容の類型 / p253 (0129.jp2)
  54. 二 戎講の結成と仲間議定の確立 / p260 (0133.jp2)
  55. 三 仲間船への統制と制裁 / p264 (0135.jp2)
  56. 四 相手商人への統制と制裁 / p273 (0139.jp2)
  57. 五 廻船仲間組織としての戎講 / p280 (0143.jp2)
  58. 第五章 内海船の廻船経営の成立と展開 / p288 (0147.jp2)
  59. 第一節 内田家創立期の廻船経営 / p288 (0147.jp2)
  60. 一 内田佐七家の誕生 / p289 (0147.jp2)
  61. 二 文政~天保期の経営分析 / p295 (0150.jp2)
  62. 三 文政のお陰参りと廻船経営 / p308 (0157.jp2)
  63. 四 天保四年の飢饉と廻船経営 / p312 (0159.jp2)
  64. 五 天保七年の飢饉と廻船経営 / p316 (0161.jp2)
  65. 第二節 内田家展開期の廻船経営 / p331 (0168.jp2)
  66. 一 元治元年度における住徳丸の航海 / p331 (0168.jp2)
  67. 二 安政期の住吉丸廻船経営 / p337 (0171.jp2)
  68. 三 開港と内川家の廻船経営 / p344 (0175.jp2)
  69. 第三節 内田家の労働力編成 / p353 (0179.jp2)
  70. 第四節 内海船における船頭の機能 / p364 (0185.jp2)
  71. 終章 内海船の歴史的位置 / p371 (0188.jp2)
  72. あとがき / p385 (0195.jp2)
10アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132451
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967067
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296765
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ