瞬間的存在性(刹那滅) : KṢAṆABHAṄGA shunkanteki sonzaisei setsunametsu : Ksanabhanga

この論文をさがす

著者

    • 谷, 貞志 タニ, サダシ

書誌事項

タイトル

瞬間的存在性(刹那滅) : KṢAṆABHAṄGA

タイトル別名

shunkanteki sonzaisei setsunametsu : Ksanabhanga

著者名

谷, 貞志

著者別名

タニ, サダシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第1144号

学位授与年月日

1995-11-14

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1144号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1995/11/14 ; 早大学位記番号:新2241

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 / p2 (0015.jp2)
  3. アウトライン / p2 (0015.jp2)
  4. A.無常・死の正視 / p5 (0018.jp2)
  5. B.疾走するダルマキールティ / p14 (0028.jp2)
  6. C.ダルマキールティ「瞬間の哲学」の痕跡 / p24 (0038.jp2)
  7. 第一部 瞬間的存在性論証(1):自発的消滅 / p53 (0067.jp2)
  8. アウトライン / p53 (0067.jp2)
  9. A.自発的消滅 / p54 (0068.jp2)
  10. B.否定とアポーハ」(排除・差異) / p65 (0079.jp2)
  11. 第一章 ダルマキールティ「自発的消滅」論証:二つの「消滅からの推論(VINASI-TVANUMANA)」(PVSV) / p73 (0087.jp2)
  12. 第一節「テクストA」の解析 / p75 (0089.jp2)
  13. 第二節「テクストB」の解析 / p84 (0098.jp2)
  14. 第三節「存在性からの推論」の伏線 / p87 (0101.jp2)
  15. 第二章 自発的に消滅する認識根拠(PVII) / p102 (0116.jp2)
  16. アウトライン / p102 (0116.jp2)
  17. 第一節 瞬間的存在としての認識根拠(PVII) / p112 (0126.jp2)
  18. 第二節 全智者の否定と中間の階梯 / p119 (0133.jp2)
  19. 第三章 論理的必然性を決定する「存在の自発的消滅論」(PVIV) / p128 (0142.jp2)
  20. 第二部 瞬間的存在性論証(2):「存在性からの推論(SATTVANUMANA)」の出現 / p132 (0146.jp2)
  21. アウトライン / p132 (0146.jp2)
  22. A.ディグナーガ論理学の限界 / p133 (0147.jp2)
  23. B.本質的関係 / p140 (0154.jp2)
  24. C.瞬間的存在性論証(2):反所証拒斥認識根拠 / p146 (0160.jp2)
  25. 第一章「存在性からの推論」の出現と「消滅からの推論」の並存(PVinII) / p149 (0163.jp2)
  26. 第二章「存在性からの推論」と連続する「自発的消滅論」(HB) / p153 (0167.jp2)
  27. 第三章「存在性からの推諭」と「自発的消滅論」の非連続性(VN) / p155 (0169.jp2)
  28. 第三部 ジュニャーナシュリーミトラの「自発的消滅論証」 / p163 (0177.jp2)
  29. 第一章「非存在」実在説への批判 / p165 (0179.jp2)
  30. 第二章 絶対的否定としての「非存在」 / p177 (0191.jp2)
  31. 第四部 反所証拒斥認識根拠と複合プランサンガ論証 / p186 (0200.jp2)
  32. アウトライン / p186 (0200.jp2)
  33. A.ラトナーカラーシャーンティの内偏充論:反所証拒斥認識根拠 / p186 (0200.jp2)
  34. B.ジュニャーナシュリーミトラの新外遍充論:プラサンガとプラサンガ・ヴィパリヤヤ / p189 (0203.jp2)
  35. C.内遍充論と新外遍充論の対立:「否定的認識」に関する解釈の差異 / p194 (0208.jp2)
  36. D.内遍充論における問題 / p196 (0210.jp2)
  37. 第一章 ジュニャーナシュリーミトラ:二重に読む基本論証式 / p199 (0213.jp2)
  38. 第二章 プラサンガ(帰謬)とプラサンガ・ヴィパリヤヤ(帰謬還元式)による「肯定的必然性」の決定 / p209 (0223.jp2)
  39. 論証式A:本質的論証因のプラサンガ(svabhāvahetu-prasanga) / p209 (0223.jp2)
  40. 論証式B:複合プラサンガ:能遍と両立しないものの認識(vyāpakaviruddhopalabdhi) / p218 (0232.jp2)
  41. 論証式C:プラサンガ・ヴィパリヤヤ(prasanga-viparyaya)[反転した論証式(還元法viparyaya-prayoga)]能遍の否定的認識(vyāpakānupalabdhi) / p221 (0235.jp2)
  42. 論証式D:複合プラサンガ・ヴィパリヤヤ:両立しないものによって遍充されているものの認識(viruddha-vyāpto-palabdhi) / p223 (0237.jp2)
  43. 第三章 ジャニャーナシュリーミトラによる「反所証拒斥認識根拠論者」批判 / p228 (0242.jp2)
  44. A.「反所証拒斥認識根拠論者(viparyayabādhakapramānavādin)」への批判 / p228 (0242.jp2)
  45. B.ラトナーカラシャーンティの『内遍充論』の内容 / p230 (0244.jp2)
  46. C.ジュニャーナシュリーミトラによる「肯定的必然性」の重視 / p234 (0248.jp2)
  47. 第四章 ポスト・ジュニャーナシュリーミトラにおける外偏充論と内偏充論 / p241 (0255.jp2)
  48. 第五章 プラサンガと反所証拒斥認識根拠:否定的認識の解釈の分岐 / p249 (0263.jp2)
  49. 1.ダルマキールティ / p251 (0265.jp2)
  50. 2.ダルモッタラとプラジュニャーカラグプタの解釈の対立 / p256 (0270.jp2)
  51. 第六章 思想的クロノロジー / p265 (0279.jp2)
  52. A.クロノロジー:ジュニャーナシュリーミトラ / p265 (0279.jp2)
  53. B.思想的クロノロジー / p270 (0284.jp2)
  54. 第七章 ダルモッタラとシャーンタラクシタ・カマラシーラの「瞬間的存在性論証」 / p290 (0304.jp2)
  55. A.ダルモッタラ『クシャナバンガ・シッディ』 / p290 (0304.jp2)
  56. B.シャーンタラクシタ・カマラシーラ『タットヴァサングラハ・パンジカー』第八章「恒常的存在の考察」 / p293 (0307.jp2)
  57. 第五部「否定的認識」の解釈の分岐と「瞬間的存在性論証」 / p297 (0311.jp2)
  58. アウトライン / p297 (0311.jp2)
  59. 第一章 本質的論証因の派生態としての「否定的認識」 / p299 (0313.jp2)
  60. 1.PRAMANAVARTTIKA I-SVAVRTTI / p299 (0313.jp2)
  61. 第二章 最強の論証因への転換:知覚される否定的認識 / p314 (0328.jp2)
  62. 2.PRAMANAVARTTIKA IV / p314 (0328.jp2)
  63. 第三章「二重構造をもつ否定的認識」と「反所証拒斥認識根拠」の原形 / p328 (0342.jp2)
  64. 3a.PRAMANAVINSCAYA II / p328 (0342.jp2)
  65. 3b.PRAMANAVINSCAYA III ad vv.40-523 / p329 (0343.jp2)
  66. 第四章「反所証拒斥認識根拠」と「相対的否定」 / p345 (0359.jp2)
  67. 4.HETUBINDU / p345 (0359.jp2)
  68. 第五章「反所証拒斥認識根拠」としての「能遍の否定的認識」 / p353 (0367.jp2)
  69. 5.VADANYAYA / p353 (0367.jp2)
  70. 第六章「能遍の否定的認識論者」と「本質の否定的認識論者」の対立 / p356 (0370.jp2)
  71. 第七章 ジュニャーナシュリーミトラ「ANUPALABDHIRAHA-SAY(否定的認識の秘要)」 / p380 (0394.jp2)
  72. 第八章 瞬間的存在性と形象論 / p394 (0408.jp2)
  73. 第九章「過小不定因(ASADHARA-NA-ANAIKANTIKA-HETU)」の問題 / p401 (0415.jp2)
  74. 第六部 主題所属性と存在の問題 / p409 (0423.jp2)
  75. 第一章 メタ理論としての「効果的作用性」 / p409 (0423.jp2)
  76. 第二章 効果的作用と二重真理構造 / p423 (0437.jp2)
  77. 第七部 知覚される瞬間的存在 / p431 (0445.jp2)
  78. アウトライン / p431 (0445.jp2)
  79. A.ダルマキールティ「瞬間的存在性」論証(3):知覚による証明 / p431 (0445.jp2)
  80. B.ジュニャーナシュリーミトラ「知覚による瞬間的存在の証明」 / p435 (0449.jp2)
  81. C.知覚瞬間の自己差異化:現前不在の独自相 / p439 (0453.jp2)
  82. 第一章 ダルマキールティ「SVA-LAKSANA(独自相)」の瞬間性 / p446 (0460.jp2)
  83. A.知覚によって証明される瞬間的存在性 / p446 (0460.jp2)
  84. B.瞬間の定義 / p448 (0462.jp2)
  85. C.「自己差異性」としての「瞬間的独自相」 / p450 (0464.jp2)
  86. D.「自己差異性」としての「根拠の転換」 / p452 (0466.jp2)
  87. E.スライドするコンテクストと自己差異化する「独自相」 / p453 (0467.jp2)
  88. 第二章 ジュニャーナシューリーミトラ「知覚によって証明される瞬間的存在性(PRATYAKSA-SIDDHAMKSANIKATVAm)」 / p466 (0480.jp2)
  89. 第八部 否定的差異線 / p480 (0494.jp2)
  90. アウトライン / p480 (0494.jp2)
  91. A.否定的差異線を発現する「独自相」 / p480 (0494.jp2)
  92. B.自己差異性 / p483 (0497.jp2)
  93. C.原-差異(知覚レヴェルのアポーハ) / p485 (0499.jp2)
  94. D.差異線の連動 / p489 (0503.jp2)
  95. E.「完全な論理体系」という幻想:不完全性定理 / p494 (0508.jp2)
  96. F.「非在」へ逆行する認識根拠 / p497 (0511.jp2)
  97. G.反転する無常 / p499 (0513.jp2)
  98. H.日常的あるいは形而上学的時間の解体 / p500 (0514.jp2)
  99. I.逆照射する非在 / p501 (0515.jp2)
  100. 第一章 二つのレヴェルの差異線の連動 / p503 (0517.jp2)
  101. A.差異線の発現する独自相 / p503 (0517.jp2)
  102. B.中心不在の「独自相」 / p507 (0521.jp2)
  103. C.「原-アポーハ」としての知覚レヴェルの「独自相」 / p510 (0524.jp2)
  104. D.差異線を遡行する瞬間的存在 / p515 (0529.jp2)
  105. 第二章 差異線の遡行 / p521 (0535.jp2)
  106. 注 / p1 (0541.jp2)
  107. APPENDIX PRAMANAVINISCAYA III ad vv.40-63. / p1 (0589.jp2)
  108. 略号とテクスト / p1 (0639.jp2)
  109. (参考文献) / p5 (0643.jp2)
0アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132454
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967070
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296768
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ