日本中世村落形成史の研究 nihon chusei sonraku keiseishi no kenkyu azekurashobo

この論文をさがす

著者

    • 田村, 憲美 タムラ, ノリヨシ

書誌事項

タイトル

日本中世村落形成史の研究

タイトル別名

nihon chusei sonraku keiseishi no kenkyu

タイトル別名

azekurashobo

著者名

田村, 憲美

著者別名

タムラ, ノリヨシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第1145号

学位授与年月日

1995-11-14

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1145号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1995/11/14 ; 早大学位記番号:新2242 概要書あり

目次

  1. 序章 中世村落論と本書の課題 / p9 (0007.jp2)
  2. 一 中世村落論の現在と本書の前提 / p9 (0007.jp2)
  3. 二 本書の構成・概要・企図 / p17 (0011.jp2)
  4. 第一部 国衙領支配体制と在地秩序 / (0020.jp2)
  5. 第一章 一○世紀郡支配体制とその解体 / p36 (0021.jp2)
  6. はじめに / p36 (0021.jp2)
  7. 第一節 郡支配体制と「郷刀禰」集団の編成 / p37 (0021.jp2)
  8. 第二節 便田と私領形成をめぐって / p50 (0028.jp2)
  9. 第三節 徴税機構の二重性をめぐって / p55 (0030.jp2)
  10. おわりに / p61 (0033.jp2)
  11. 第二章 雑役免荘園の構造と在地の動向 / p70 (0038.jp2)
  12. はじめに / p70 (0038.jp2)
  13. 第一節 雑役免荘園の成立 / p72 (0039.jp2)
  14. 第二節 雑役免荘園の特質 / p82 (0044.jp2)
  15. 第三章 郡支配体制の再編と興福寺 / p97 (0051.jp2)
  16. はじめに / p97 (0051.jp2)
  17. 第一節 国衙領支配の基礎構造 / p98 (0052.jp2)
  18. 1 「在地刀禰」機構の構造 / p98 (0052.jp2)
  19. 2 「随近在地」の形成と特質 / p104 (0055.jp2)
  20. 第二節 郡支配機構と興福寺 / p111 (0058.jp2)
  21. 1 私領安堵と『郡刀禰司』 / p111 (0058.jp2)
  22. 2 検田・検断・一国平均役と『郡刀禰司』 / p117 (0061.jp2)
  23. 第三節 興福寺大和国支配の成立過程 / p123 (0064.jp2)
  24. 1 藤氏長者の大和国支配と興福寺 / p124 (0065.jp2)
  25. 2 興福寺寺務機構の変質過程 / p130 (0068.jp2)
  26. 第四章 郡支配体制と開発 / p153 (0079.jp2)
  27. はじめに / p153 (0079.jp2)
  28. 第一節 楊生郷簀川村の復元 / p153 (0079.jp2)
  29. 第二節 国衙領における簀川村の位置 / p162 (0084.jp2)
  30. 第三節 一一世紀楊生郷の支配と在地秩序 / p167 (0086.jp2)
  31. 補論 機能上から見た国司文書の変遷 / p184 (0095.jp2)
  32. はじめに / p184 (0095.jp2)
  33. 第一節 九~一○世紀における国牒と国符 / p185 (0095.jp2)
  34. 第二節 一○世紀後半~一二世紀半ばにおける国符 / p186 (0096.jp2)
  35. 第三節 国符から国司庁宣ヘ / p193 (0099.jp2)
  36. 第四節 庁宣とその機能 / p199 (0102.jp2)
  37. 第二部 畿内中世村落の展開と「領域」形成 / (0107.jp2)
  38. 第五章 中世村落の形成と「随近在地」「在地」 / p210 (0108.jp2)
  39. はじめに / p210 (0108.jp2)
  40. 第一節 初期中世村落の表層と基層 / p211 (0108.jp2)
  41. 1 「随近」関係の出現 / p211 (0108.jp2)
  42. 2 「随近在地」の展開とその性格 / p218 (0112.jp2)
  43. 3 「随近在地」の形成される範域 / p224 (0115.jp2)
  44. 4 「住人等」と「随近在地」の位相-初期中世村落の特質- / p230 (0118.jp2)
  45. 第二節 中世村落の定立 / p238 (0122.jp2)
  46. 1 「随近在地」=「在地」とその客体化 / p238 (0122.jp2)
  47. 2 「座」の構成と「在地」 / p246 (0126.jp2)
  48. おわりに / p254 (0130.jp2)
  49. 第六章 初期中世村落における山林の所有・開発 / p267 (0136.jp2)
  50. はじめに-村落史と開発史の概観- / p267 (0136.jp2)
  51. 第一節 初期中世村落論における山野と開発の問題点 / p269 (0137.jp2)
  52. 1 六〇年代の緒研究と共同体的山野占取 / p269 (0137.jp2)
  53. 2 中世村落領域論の視角 / p270 (0138.jp2)
  54. 3 中世村落領域論の問題点 / p271 (0138.jp2)
  55. 第二節 古代および中世後期村落の共同体的山野占取 / p272 (0139.jp2)
  56. 1 石母田正における古代村落と山野 / p272 (0139.jp2)
  57. 2 古代村落の山野占取形態 / p274 (0140.jp2)
  58. 3 初期中世村落の山野占取解明への方向 / p275 (0140.jp2)
  59. 第三節 中世初期の共同体的山野占取の実態と山野開発 / p277 (0141.jp2)
  60. 1 山野占取の二つの形態 / p277 (0141.jp2)
  61. 2 初期中世村落と地主的山野所有 / p280 (0143.jp2)
  62. 3〝テリトリー〟の拡大と荘園制支配 / p282 (0144.jp2)
  63. 4 山野開発の二つの展開 / p283 (0144.jp2)
  64. 第七章 山林の所有・開発と村落「領域」の形成 / p288 (0147.jp2)
  65. 第一節 課題の提示 / p288 (0147.jp2)
  66. 第二節 中世的山林所有の成立とその特質 / p290 (0148.jp2)
  67. 1 九世紀以前の山野占有の特質 / p290 (0148.jp2)
  68. 2 一○世紀以降における山林所有 / p292 (0149.jp2)
  69. 第三節 中世的山林所有と中世的山林開発 / p297 (0151.jp2)
  70. 1 九世紀以前の山野占有と開発 / p297 (0151.jp2)
  71. 2〝山〟という山林所有形態と開発 / p298 (0152.jp2)
  72. 3 山林開発の一形態としての〝林〟 / p300 (0153.jp2)
  73. 第四節 山林開発の進展と村落占有空間の変容 / p301 (0153.jp2)
  74. 1 山城国賀茂荘・山田牧堺相論 / p302 (0154.jp2)
  75. 2 紀伊国名手荘・丹生屋村堺相論 / p308 (0157.jp2)
  76. 第八章 畿内中世村落の「領域」と百姓 / p319 (0162.jp2)
  77. はじめに / p319 (0162.jp2)
  78. 第一節 中世村落「領域」の概念と事例検出 / p320 (0163.jp2)
  79. 1 勧請掛行事の性格と村落の「領域」 / p320 (0163.jp2)
  80. 2 中世大和の勧請掛と村落「領域」 / p324 (0165.jp2)
  81. 第二節 中世村落「領域」の形成過程と百姓 / p327 (0166.jp2)
  82. 1 平野殿荘域の概観と村落の空間構成 / p327 (0166.jp2)
  83. 2 山林用益形態とその変化 / p331 (0168.jp2)
  84. 3 百姓結合の展開と村落「領域」 / p336 (0171.jp2)
  85. まとめにかえて / p339 (0172.jp2)
  86. 第九章 中世後期村落における在地寺院と土豪 / p341 (0173.jp2)
  87. はじめに / p341 (0173.jp2)
  88. 第一節 応永十二・十三年事件の経過 / p342 (0174.jp2)
  89. 第二節 在地寺院と村落 / p346 (0176.jp2)
  90. 1 東坊住持舜職-金勝寺の寺院組織- / p346 (0176.jp2)
  91. 2 大夫次郎清勝-惣の存在と座の構成- / p349 (0177.jp2)
  92. 3 下司曾歩々々信勝-土豪曾歩々々氏の存在形態- / p350 (0178.jp2)
  93. 4 在地寺院と土豪 / p356 (0181.jp2)
  94. 第三節 本末体制下の在地寺院と土豪 / p357 (0181.jp2)
  95. 1 本末休制と荘園支配 / p357 (0181.jp2)
  96. 2 本末体制と土豪連合 / p360 (0183.jp2)
  97. おわりに / p363 (0184.jp2)
  98. 第三部 民衆生活史への視点 / (0189.jp2)
  99. 第十章 死亡の季節性からみた中世社会 / p374 (0190.jp2)
  100. はじめに / p374 (0190.jp2)
  101. 第一節 中世東国における死亡の様相 / p375 (0190.jp2)
  102. 1 『本土寺過去帳』の世界-分析の方法・視角および前提- / p375 (0190.jp2)
  103. 2 『本土寺過去帳』の分析 / p380 (0193.jp2)
  104. 第二節 中世畿内における死亡の様相 / p393 (0199.jp2)
  105. 1 『大乗院寺社雑事記』の世界 / p393 (0199.jp2)
  106. 2 『大乗院寺社雑事記』の分析 / p397 (0201.jp2)
  107. まとめにかえて / p403 (0204.jp2)
  108. 初出一覧 / p413 (0209.jp2)
  109. あとがき / p415 (0210.jp2)
  110. 索引 / p426 (0216.jp2)
31アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132455
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967071
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296769
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ