アルフレート・シュッツのウィーン : 社会科学の自由主義的転換の構想とその時代 arufureto shuttsu no win -shakai kagaku no jiyu shugiteki tenkan no koso to sono jidai- soshiusukobo

この論文をさがす

著者

    • 森, 元孝 モリ, モトタカ

書誌事項

タイトル

アルフレート・シュッツのウィーン : 社会科学の自由主義的転換の構想とその時代

タイトル別名

arufureto shuttsu no win -shakai kagaku no jiyu shugiteki tenkan no koso to sono jidai-

タイトル別名

soshiusukobo

著者名

森, 元孝

著者別名

モリ, モトタカ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第1147号

学位授与年月日

1995-11-14

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1147号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1995/11/14 ; 早大学位記番号:新2244

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 序章 問題 / p3 (0010.jp2)
  3. 第1部 社会技術をめぐる論争とその時代 / (0017.jp2)
  4. 第1章 シュッツと帝都ウィーン / p19 (0018.jp2)
  5. 1.少年時代 / p19 (0018.jp2)
  6. 2.出征と帰郷 / p24 (0021.jp2)
  7. 3.ウィーン大学 / p26 (0022.jp2)
  8. 4.混乱の20年代 / p35 (0026.jp2)
  9. 第2章 共和国をめぐる基本思想 / p46 (0032.jp2)
  10. 1.社会主義の問題-バウアーの綱領 / p46 (0032.jp2)
  11. 2.共同経済と自由の問題-ミーゼスの社会主義批判 / p58 (0038.jp2)
  12. 3.国家と民主主義の問題-ケルゼンの社会主義批判 / p70 (0044.jp2)
  13. 4.復古的身分制社会の構想-シュパンの社会哲学 / p81 (0049.jp2)
  14. 第3章 政治をめぐる社会学の論争 / p94 (0056.jp2)
  15. 1.ドイツ社会学会ウィーン大会 / p96 (0057.jp2)
  16. 2.ミーゼスと若い仲間たち / p119 (0068.jp2)
  17. 第4章 治療ニヒリズムの時代 / p145 (0081.jp2)
  18. 1.ケルゼンとミーゼスの「亡命」 / p145 (0081.jp2)
  19. 2.共和国の終焉 / p154 (0086.jp2)
  20. 第2部 20年代ウィーンの社会学思想の主潮流-新カント主義的マルクス主義による社会的世界の構成問題とその結末 / (0090.jp2)
  21. 第5章 認識批判を基礎にした社会理論の袋小路 / p165 (0091.jp2)
  22. 1.新カント主義的マルクス主義の形成過程 / p165 (0091.jp2)
  23. 2.社会民主主義実現への執着 / p188 (0103.jp2)
  24. 3.社会的アプリオリと理解 / p214 (0116.jp2)
  25. 第3部 シュッツによる転換の試み-社会的世界の構成理論の構想 / (0130.jp2)
  26. 第6章 20年代の四草稿 / p245 (0131.jp2)
  27. 1.反認識批判論の構想 / p246 (0132.jp2)
  28. 2.草稿「生活諸形式と意味構造」の構成と論理 / p253 (0135.jp2)
  29. 3.草稿「言語研究」の構成と論理 / p288 (0153.jp2)
  30. 4.芸術をめぐる二草稿 / p308 (0163.jp2)
  31. 第7章 マクス・ヴェーバーの影響 / p337 (0177.jp2)
  32. 1.ミーゼスと理解社会学 / p339 (0178.jp2)
  33. 2.ケルゼンと理解社会学 / p351 (0184.jp2)
  34. 第8章 主著『社会的世界の意味構成』 / p407 (0219.jp2)
  35. 1.基本問題と内部連関 / p408 (0220.jp2)
  36. 2.社会的世界の構成論の展開 / p424 (0228.jp2)
  37. 3.理解社会学と先進社会科学理論の関係 / p480 (0256.jp2)
  38. 第4部 隠喩としての自由主義 / (0275.jp2)
  39. 第9章 社会科学と観念論的哲学の間 / p521 (0276.jp2)
  40. 1.社会科学の自由主義的再構築への影響 / p522 (0277.jp2)
  41. 2.超越論的現象学との関係 / p572 (0302.jp2)
  42. 3.草稿「社会的世界における人格性の問題」 / p610 (0321.jp2)
  43. 第10章 新世界での始まりと終わり / p644 (0338.jp2)
  44. 1.アメリカ流ドイツ歴史主義との遭遇 / p645 (0338.jp2)
  45. 2.現象学的社会学の道 / p717 (0374.jp2)
  46. 終章にかえて / p760 (0396.jp2)
  47. 謝辞 / p762 (0397.jp2)
  48. 文献 / p767 (0399.jp2)
3アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132457
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967073
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296771
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ