住居侵入罪の研究 jukyo shin'nyuzai no kenkyu seibundo

この論文をさがす

著者

    • 関, 哲夫 セキ, テツオ

書誌事項

タイトル

住居侵入罪の研究

タイトル別名

jukyo shin'nyuzai no kenkyu

タイトル別名

seibundo

著者名

関, 哲夫

著者別名

セキ, テツオ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第1154号

学位授与年月日

1995-01-23

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1154号 ; 学位の種類:博士(法学) ; 授与年月日:1996-01-23 ; 早大学位記番号:新2256 概要書あり

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. はしがき / p1 (0004.jp2)
  3. 第一章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 一 法益概念と危険概念 / p1 (0008.jp2)
  5. 二 法益概念の相対化 / p8 (0012.jp2)
  6. 三 本書の課題 / p12 (0014.jp2)
  7. 第二章 ドイツの学説状況 / p17 (0016.jp2)
  8. 一 総説 / p17 (0016.jp2)
  9. 二 一元説 / p18 (0017.jp2)
  10. 三 相対化説 / p71 (0043.jp2)
  11. 第三章 日本の学説状況 / p151 (0083.jp2)
  12. 一 総説 / p151 (0083.jp2)
  13. 二 一元説 / p153 (0084.jp2)
  14. 三 相対化説 / p243 (0129.jp2)
  15. 第四章 日本の判例の検討 / p267 (0141.jp2)
  16. 一 戦前の判例 / p267 (0141.jp2)
  17. 二 戦後の判例 / p280 (0148.jp2)
  18. 第五章 私見-多元的保護法益論- / p315 (0165.jp2)
  19. 一 相対化説から多元的保護法益論へ / p315 (0165.jp2)
  20. 二 多元的保護法益論 / p323 (0169.jp2)
  21. 第六章 結語 / p363 (0189.jp2)
  22. 一 はじめに / p363 (0189.jp2)
  23. 二 前提認識 / p364 (0190.jp2)
  24. 三 住居侵入罪の問題軸 / p368 (0192.jp2)
  25. 四 私見の要約 / p370 (0193.jp2)
5アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132464
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967080
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296778
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ