少量活性酸素による化学的生体防御機構の活性化と生体内酸化傷害の緩和に関する研究 shoryo kassei sanso ni yoru kagakuteki seitai bogyo kiko no kasseika to seitainai sanka shogai no kan'wa ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 山岡, 聖典 ヤマオカ, キヨノリ

書誌事項

タイトル

少量活性酸素による化学的生体防御機構の活性化と生体内酸化傷害の緩和に関する研究

タイトル別名

shoryo kassei sanso ni yoru kagakuteki seitai bogyo kiko no kasseika to seitainai sanka shogai no kan'wa ni kansuru kenkyu

著者名

山岡, 聖典

著者別名

ヤマオカ, キヨノリ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第1171号

学位授与年月日

1996-02-08

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1171号 ; 学位の種類:博士(理学) ; 授与年月日:1996/2/8 ; 早大学位記番号:新2298 ; 理工学図書館請求番号:1961

本文PDFは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルをPDFに変換したものである。

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 生体内酸化傷害と化学的生体防御機構の概要 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 研究の構成 / p6 (0009.jp2)
  6. 第2章 化学的生体防御機構の特性 / p7 (0009.jp2)
  7. 第1節 各種活性酸素種によるDNA損傷と各種抗酸化物質によるその阻害 / p7 (0009.jp2)
  8. 1.1 要約 / p7 (0009.jp2)
  9. 1.2 はじめに / p7 (0009.jp2)
  10. 1.3 材料と方法 / p7 (0009.jp2)
  11. 1.4 結果 / p10 (0011.jp2)
  12. 1.5 考察 / p14 (0013.jp2)
  13. 第2節 生体膜の脂質過酸化反応とSODによるその阻害 / p19 (0015.jp2)
  14. 2.1 要約 / p19 (0015.jp2)
  15. 2.2 はじめに / p19 (0015.jp2)
  16. 2.3 材料と方法 / p20 (0016.jp2)
  17. 2.4 結果 / p22 (0017.jp2)
  18. 2.5 考察 / p23 (0017.jp2)
  19. 第3節 HB-SODによる高血圧症の改善 / p25 (0018.jp2)
  20. 3.1 要約 / p25 (0018.jp2)
  21. 3.2 はじめに / p25 (0018.jp2)
  22. 3.3 材料と方法 / p26 (0019.jp2)
  23. 3.4 結果 / p27 (0019.jp2)
  24. 3.5 考察 / p30 (0021.jp2)
  25. 第3章 少量活性酸素による化学的生体防御機構の活性化 / p32 (0022.jp2)
  26. 第1節 低線量X線照射によるSODの誘導 / p32 (0022.jp2)
  27. 1.1 要約 / p32 (0022.jp2)
  28. 1.2 はじめに / p32 (0022.jp2)
  29. 1.3 材料と方法 / p32 (0022.jp2)
  30. 1.4 結果 / p36 (0024.jp2)
  31. 1.5 考察 / p39 (0025.jp2)
  32. 第2節 低線量X線照射によるHSP70およびHOXの誘導 / p41 (0026.jp2)
  33. 2.1 要約 / p41 (0026.jp2)
  34. 2.2 はじめに / p41 (0026.jp2)
  35. 2.3 材料と方法 / p42 (0027.jp2)
  36. 2.4 結果 / p45 (0028.jp2)
  37. 2.5 考察 / p47 (0029.jp2)
  38. 第3節 水浸拘束およびパラコート投与によるHSP70,SODおよびHOXの誘導 / p50 (0031.jp2)
  39. 3.1 要約 / p50 (0031.jp2)
  40. 3.2 はじめに / p50 (0031.jp2)
  41. 3.3 材料と方法 / p51 (0031.jp2)
  42. 3.4 結果 / p51 (0031.jp2)
  43. 3.5 考察 / p52 (0032.jp2)
  44. 第4章 少量活性酸素による生体膜の構造変化と機能活性 / p54 (0033.jp2)
  45. 第1節 低線量X線照射による特異的アミノ酸残基およびNa⁺,K⁺-ATPase活性の変化 / p54 (0033.jp2)
  46. 1.1 要約 / p54 (0033.jp2)
  47. 1.2 はじめに / p54 (0033.jp2)
  48. 1.3 材料と方法 / p56 (0034.jp2)
  49. 1.4 結果 / p59 (0035.jp2)
  50. 1.5 考察 / p62 (0037.jp2)
  51. 第2節 培養細胞における脂質過酸化反応に対する低線量X線照射およびVit.Eの影響 / p64 (0038.jp2)
  52. 2.1 要約 / p64 (0038.jp2)
  53. 2.2 はじめに / p64 (0038.jp2)
  54. 2.3 材料と方法 / p64 (0038.jp2)
  55. 2.4 結果 / p65 (0038.jp2)
  56. 2.5 考察 / p65 (0038.jp2)
  57. 第5章 少量活性酸素による生体内酸化傷害の緩和 / p70 (0041.jp2)
  58. 第1節 低線量γ線胸部照射によるSHR血圧の降圧 / p70 (0041.jp2)
  59. 1.1 要約 / p70 (0041.jp2)
  60. 1.2 はじめに / p70 (0041.jp2)
  61. 1.3 材料と方法 / p71 (0041.jp2)
  62. 1.4 結果 / p71 (0041.jp2)
  63. 1.5 考察 / p72 (0042.jp2)
  64. 第2節 低線量γ線事前照射によるアロキサン糖尿病症状の緩和 / p75 (0043.jp2)
  65. 2.1 要約 / p75 (0043.jp2)
  66. 2.2 はじめに / p75 (0043.jp2)
  67. 2.3 材料と方法 / p76 (0044.jp2)
  68. 2.4 結果 / p78 (0045.jp2)
  69. 2.5 考察 / p79 (0045.jp2)
  70. 第3節 ラドン吸入による高血圧、糖尿病および疼痛の緩和に関する関連血液成分の変化 / p86 (0049.jp2)
  71. 3.1 要約 / p86 (0049.jp2)
  72. 3.2 はじめに / p86 (0049.jp2)
  73. 3.3 材料と方法 / p87 (0049.jp2)
  74. 3.4 結果 / p89 (0050.jp2)
  75. 3.5 考察 / p90 (0051.jp2)
  76. 第4節 低線量X線照射と水浸拘束の過剰酸化ストレスによる胃潰瘍の変化 / p92 (0052.jp2)
  77. 4.1 要約 / p92 (0052.jp2)
  78. 4.2 はじめに / p92 (0052.jp2)
  79. 4.3 材料と方法 / p92 (0052.jp2)
  80. 4.4 結果 / p92 (0052.jp2)
  81. 4.5 考察 / p94 (0053.jp2)
  82. 第6章 結論と将来の課題 / p96 (0054.jp2)
  83. 第1節 結論 / p96 (0054.jp2)
  84. 第2節 将来の課題 / p99 (0055.jp2)
  85. 謝辞 / p101 (0056.jp2)
  86. 参考文献 / p102 (0057.jp2)
  87. 研究業績 / p107 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132481
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967097
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000296795
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ