【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

高分子ゲルの構造と物性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 芳治 スズキ, ヨシハル

書誌事項

タイトル

高分子ゲルの構造と物性に関する研究

著者名

鈴木, 芳治

著者別名

スズキ, ヨシハル

学位授与大学

青山学院大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第40号

学位授与年月日

1996-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序章 / 1-1 / (0005.jp2)
  3. 1.目的 / 1-1 / (0005.jp2)
  4. 2.ゲルとは? / 1-3 / (0007.jp2)
  5. 3.サンプル / 1-6 / (0010.jp2)
  6. 4.ゲルの合成方法 / 1-7 / (0011.jp2)
  7. 第2章 実験原理 / 2-1 / (0015.jp2)
  8. 2.1 レーザー光散乱及びラマン散乱 / 2-1 / (0015.jp2)
  9. 2.2 レーザー光散乱法及び光散乱装置 / 2-6 / (0020.jp2)
  10. 2.3 ラマン散乱原理及びラマン分光装置 / 2-16 / (0030.jp2)
  11. 2.4 ゲルのラマンスペクトル / 2-23 / (0037.jp2)
  12. 2.5 水のラマンスペクトル / 2-36 / (0050.jp2)
  13. 第3章 プリゲル及びゲル中の粒子の運動 / 3-1 / (0055.jp2)
  14. 3.1 目的 / 3-1 / (0055.jp2)
  15. 3.2 実験方法及び試料 / 3-5 / (0059.jp2)
  16. 3.3 ゾルーゲル転移における粒子の拡散 / 3-12 / (0066.jp2)
  17. 3.4 プリゲル溶液における粒子の拡散 / 3-18 / (0072.jp2)
  18. 3.5 ゲル化点における粒子の拡散 / 3-26 / (0080.jp2)
  19. 第4章 ゲルの不均一性 / 4-1 / (0085.jp2)
  20. 4.1 ゲルの不均一性の定義およびその定量化 / 4-1 / (0085.jp2)
  21. 4.2 不均一性の形成メカニズム / 4-8 / (0092.jp2)
  22. 第5章 ゲルの体積相転移と臨界現象 / 5-1 / (0101.jp2)
  23. 5.1 ゲルの体積相転移 / 5-1 / (0101.jp2)
  24. 5.2 ゲルの臨界現象 / 5-9 / (0109.jp2)
  25. 5.3 NIPAゲルの体積相転移の測定 / 5-13 / (0113.jp2)
  26. 5.4 NIPAゲルの比熱の測定 / 5-17 / (0117.jp2)
  27. 5.5 不均一性の臨界現象への影響 / 5-23 / (0123.jp2)
  28. 第6章 溶媒効果によるNIPAゲルの体積相転移 / 6-1 / (0127.jp2)
  29. 6.1 緒論 / 6-1 / (0127.jp2)
  30. 6.2 NIPAゲルの状態方程式及び疎水相互作用 / 6-1 / (0127.jp2)
  31. 6.3 疎水性相互作用 / 6-4 / (0130.jp2)
  32. 6.4 疎水性分子によるNIPAゲルの体積相転移への影響 / 6-7 / (0133.jp2)
  33. 6.5 ラマン分光法による疎水性分子水溶液の研究 / 6-16 / (0142.jp2)
  34. 6.6 まとめ / 6-22 / (0148.jp2)
  35. 第7章 総括 / 7-1 / (0151.jp2)
  36. 7.1 総括 / 7-1 / (0151.jp2)
  37. 7.2 今後の展開・問題点 / 7-4 / (0154.jp2)
  38. 謝辞 / (0156.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132521
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967137
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296835
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ