バイオフィードバック療法(Biofeedback therapy)に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 志和, 資朗 シワ, シロウ

書誌事項

タイトル

バイオフィードバック療法(Biofeedback therapy)に関する研究

著者名

志和, 資朗

著者別名

シワ, シロウ

学位授与大学

広島修道大学

取得学位

博士 (心理学)

学位授与番号

乙第3号

学位授与年月日

1996-03-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 バイオフィードバック療法の位置づけ / p3 (0008.jp2)
  4. 第1節 ストレス性疾患とバイオフィードバック / p3 (0008.jp2)
  5. 1.ストレスと生体反応 / p3 (0008.jp2)
  6. 2.ストレッサーの評価 / p8 (0013.jp2)
  7. 3.心身症の発症機序 / p9 (0014.jp2)
  8. 4.心身症の診断と治療 / p16 (0021.jp2)
  9. 第2節 バイオフィードバックの概念と基本原理 / p23 (0028.jp2)
  10. 1.バイオフィードバックの定義 / p23 (0028.jp2)
  11. 2.バイオフィードバックの基本原理 / p23 (0028.jp2)
  12. 3.バイオフィードバック研究組織の歴史 / p26 (0031.jp2)
  13. 第2章 バイオフィードバック療法の基礎 / p27 (0032.jp2)
  14. 第1節 バイオフィードバックの方法 / p27 (0032.jp2)
  15. 1.バイオフィードバック装置 / p27 (0032.jp2)
  16. 2.電極の装着 / p28 (0033.jp2)
  17. 3.信号の種類と提示様式 / p28 (0033.jp2)
  18. 4.シェイピング(shaping)法 / p29 (0034.jp2)
  19. 5.バイオフィードバックの手続き / p30 (0035.jp2)
  20. 6.ストレス負荷テスト / p31 (0036.jp2)
  21. 第2節 バイオフィードバックの基礎研究 / p33 (0038.jp2)
  22. 1.筋電図のバイオフィードバック / p33 (0038.jp2)
  23. 2.皮膚温のバイオフィードバック / p40 (0045.jp2)
  24. 3.複数指標(筋電図・皮膚温)のバイオフィードバック(マルチフィードバック) / p46 (0051.jp2)
  25. 4.血圧のバイオフィードバック / p51 (0056.jp2)
  26. 5.心拍のバイオフィードバック / p52 (0057.jp2)
  27. 6.呼吸のバイオフィードバック / p55 (0060.jp2)
  28. 7.皮膚電気活動(EDA)のバイオフィードバック / p55 (0060.jp2)
  29. 8.α波(脳波)のバイオフィードバック / p58 (0063.jp2)
  30. 9.随伴陰性変動(CNV)のバイオフィードバック / p64 (0069.jp2)
  31. 第3章 バイオフィードバック療法の臨床と応用 / p71 (0076.jp2)
  32. 第1節 心身症に対するバイオフィードバック療法 / p71 (0076.jp2)
  33. 1.筋電図のバイオフィードバック療法 / p75 (0080.jp2)
  34. 2.皮膚温のバイオフィードバック療法 / p93 (0098.jp2)
  35. 3.複数指標を用いたバイオフィードバック療法(マルチフィードバック療法) / p99 (0104.jp2)
  36. 4.血圧のバイオフィードバック療法 / p114 (0119.jp2)
  37. 5.心拍のバイオフィードバック療法 / p115 (0120.jp2)
  38. 6.呼吸のバイオフィードバック療法 / p116 (0121.jp2)
  39. 7.皮膚電気活動(EDA)のバイオフィードバック療法 / p118 (0123.jp2)
  40. 8.α波(脳波)のバイオフィードバック療法 / p119 (0124.jp2)
  41. 9.随伴陰性変動(CNV)のバイオフィードバック療法の可能性 / p122 (0127.jp2)
  42. 第2節 リハビリテーションの分野におけるバイオフィードバックの応用 / p126 (0131.jp2)
  43. 第3節 スポーツ科学の分野におけるバイオフィードバックの応用 / p127 (0132.jp2)
  44. 第4章 バイオフィードバック療法の課題と展望 / p129 (0134.jp2)
  45. 第1節 基礎・技術面での課題と展望 / p129 (0134.jp2)
  46. 1.装置および手続き / p129 (0134.jp2)
  47. 2.バイオフィードバック療法の効果 / p130 (0135.jp2)
  48. 3.効果的なバイオフィードバック療法 / p131 (0136.jp2)
  49. 第2節 実地診療面での課題と展望 / p133 (0138.jp2)
  50. 1.健康保険・制度上の問題 / p133 (0138.jp2)
  51. 2.在宅療法への移行 / p135 (0140.jp2)
  52. 3.薬物療法との関連 / p136 (0141.jp2)
  53. 4.総合病院精神科におけるバイオフィードバック療法 / p137 (0142.jp2)
  54. 第3節 総合的な展望 / p138 (0143.jp2)
  55. 引用文献 / p139 (0144.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132561
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967177
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296875
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ