クロソイド曲線を用いた平面曲線の記録と加工に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 邢, 英杰 ケイ, エイケツ

書誌事項

タイトル

クロソイド曲線を用いた平面曲線の記録と加工に関する研究

著者名

邢, 英杰

著者別名

ケイ, エイケツ

学位授与大学

山梨大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第39号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 研究背景と目的 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p2 (0009.jp2)
  5. 第2章 クロソイド曲線 / p5 (0012.jp2)
  6. 2.1 クロソイド曲線 / p5 (0012.jp2)
  7. 2.2 クロソイド曲線の数値計算(順解) / p11 (0018.jp2)
  8. 2.3 補間 / p15 (0022.jp2)
  9. 2.4 クロソイド補間 / p16 (0023.jp2)
  10. 2.5 データフォーマット / p28 (0035.jp2)
  11. 2.6 クロソイド随伴曲線 / p29 (0036.jp2)
  12. 2.7 クロソイド・ジェネレータ / p32 (0039.jp2)
  13. 2.8 スーパークロソイド曲線 / p34 (0041.jp2)
  14. 2.9 ウル卜ラクロソイド曲線 / p37 (0044.jp2)
  15. 2.1O 点列補間の例 / p41 (0048.jp2)
  16. 第3章 近似誤差の評価方法 / p54 (0061.jp2)
  17. 3.1 直線補間による誤差 / p54 (0061.jp2)
  18. 3.2 クロソイド曲線補間による誤差 / p55 (0062.jp2)
  19. 3.3 曲線補間点の分割法 / p55 (0062.jp2)
  20. 第4章 クロソイド補間による楕円とインボリュート曲線の近似誤差 / p59 (0066.jp2)
  21. 4.1 クロソイド補間による楕円の近似誤差 / p59 (0066.jp2)
  22. 4.2 クロソイド補間によるインボリュート曲線の近似 / p65 (0072.jp2)
  23. 4.3 結言 / p70 (0077.jp2)
  24. 第5章 クロソイド補間によるカム輪郭の記録 / p71 (0078.jp2)
  25. 5.1.緒言 / p71 (0078.jp2)
  26. 5.2.パラレルインデックスカム / p71 (0078.jp2)
  27. 5.3 従来のカムの加工方法 / p75 (0082.jp2)
  28. 5.4 カム輪郭曲線のクロソイド補間 / p78 (0085.jp2)
  29. 5.5 カッタ中心軌跡の求め方 / p84 (0091.jp2)
  30. 5.6 結言 / p85 (0092.jp2)
  31. 第6章 クロソイド曲線によるタペットカム輪郭の構成 / p87 (0094.jp2)
  32. 6.1 タペットカム / p87 (0094.jp2)
  33. 6.2 カム曲線によるタペットカム輪郭の構成 / p90 (0097.jp2)
  34. 6.3 クロソイド曲線によるタペットカム輪郭の構成 / p94 (0101.jp2)
  35. 6.4 ウルトラクロソイド曲線によるタペットカム輪郭の構成 / p119 (0126.jp2)
  36. 6.5 結言 / p136 (0143.jp2)
  37. 第7章 結論 / p137 (0144.jp2)
  38. 7.1 本研究の結果 / p137 (0144.jp2)
  39. 7.2 今後の課題 / p138 (0145.jp2)
  40. 参考文献 / p139 (0146.jp2)
  41. 研究業績 / p141 (0148.jp2)
  42. 謝辞 / p143 (0150.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132574
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967189
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296888
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ