掘削土留め工の応力と変形の計算方法および設計用土圧の設定方法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中村, 兵次 ナカムラ, ヒョウジ

書誌事項

タイトル

掘削土留め工の応力と変形の計算方法および設計用土圧の設定方法に関する研究

著者名

中村, 兵次

著者別名

ナカムラ, ヒョウジ

学位授与大学

山梨大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第47号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 掘削土留め工に関する研究の現状と問題点 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と本論文の構成 / p11 (0011.jp2)
  6. 参考文献 / p13 (0012.jp2)
  7. 第2章 土留め工の応力および変形の発生機構 / p15 (0013.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p15 (0013.jp2)
  9. 2.2 応力および変形の発生機構 / p16 (0014.jp2)
  10. 2.3 有限要素法による検証 / p21 (0016.jp2)
  11. 2.4 結言 / p28 (0020.jp2)
  12. 参考文献 / p29 (0020.jp2)
  13. 第3章 一般の地盤に対する弾塑性法計算モデル / p31 (0021.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p31 (0021.jp2)
  15. 3.2 応力および変形の計算方法 / p32 (0022.jp2)
  16. 3.3 現場実測値と計算値の比較 / p39 (0025.jp2)
  17. 3.4 結言 / p45 (0028.jp2)
  18. 参考文献 / p46 (0029.jp2)
  19. 第4章 掘削面側地盤を脆性材料で改良した場合の弾塑性法計算モデル / p47 (0029.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p47 (0029.jp2)
  21. 4.2 脆性材料で改良された地盤の力学特性 / p49 (0030.jp2)
  22. 4.3 応力および変形の計算方法 / p51 (0031.jp2)
  23. 4.4 現場実測値と計算値の比較 / p60 (0036.jp2)
  24. 4.5 数値計算例 / p65 (0038.jp2)
  25. 4.6 改良地盤の塑性化に着目した地盤改良厚さの決定方法 / p73 (0042.jp2)
  26. 4.7 結言 / p79 (0045.jp2)
  27. 付録4.1 式(4.6)~式(4.10)の係数 / p80 (0046.jp2)
  28. 参考文献 / p83 (0047.jp2)
  29. 第5章 粘性土地盤における設計用背面側土圧 / p85 (0048.jp2)
  30. 5.1 緒言 / p85 (0048.jp2)
  31. 5.2 有限要素法による掘削過程の計算 / p87 (0049.jp2)
  32. 5.3 背面側土圧の計算方法の提案 / p100 (0056.jp2)
  33. 5.4 現場実測値と計算値との比較 / p109 (0060.jp2)
  34. 5.5 結言 / p113 (0062.jp2)
  35. 参考文献 / p115 (0063.jp2)
  36. 第6章 粘性土地盤における土留め壁根入れ部の平衡土圧と水平地盤反力係数 / p117 (0064.jp2)
  37. 6.1 緒言 / p117 (0064.jp2)
  38. 6.2 平衡土圧 / p120 (0066.jp2)
  39. 6.3 水平地盤反力係数 / p133 (0072.jp2)
  40. 6.4 既往の研究との比較 / p146 (0079.jp2)
  41. 6.5 現場実測値との比較 / p150 (0081.jp2)
  42. 6.6 結言 / p153 (0082.jp2)
  43. 付録6.1 軸対称状態における平衡土圧 / p155 (0083.jp2)
  44. 付録6.2 軸対称状態における水平地盤反力係数 / p160 (0086.jp2)
  45. 参考文献 / p167 (0089.jp2)
  46. 第7章 粘性土地盤における土留め壁根入れ部の受慟土圧 / p169 (0090.jp2)
  47. 7.1 緒言 / p169 (0090.jp2)
  48. 7.2 受働土圧の基本式 / p171 (0091.jp2)
  49. 7.3 有限要素法による受働土圧の計算 / p184 (0098.jp2)
  50. 7.4 受働土圧の計算方法の提案 / p192 (0102.jp2)
  51. 7.5 既往の研究との比較 / p198 (0105.jp2)
  52. 7.6 結言 / p200 (0106.jp2)
  53. 付録7.1 Mohr-Coulombの降伏基準による受働土圧の計算 / p202 (0107.jp2)
  54. 参考文献 / p203 (0107.jp2)
  55. 第8章 結論 / p205 (0108.jp2)
  56. 謝辞 / p211 (0111.jp2)
  57. 付録(著者略歴および研究業績一覧) / p213 (0112.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132582
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967193
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296896
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ