揚重機用リンクチェーンの有限要素応力解析と強度評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 廣島, 哲 ヒロシマ, テツ

書誌事項

タイトル

揚重機用リンクチェーンの有限要素応力解析と強度評価に関する研究

著者名

廣島, 哲

著者別名

ヒロシマ, テツ

学位授与大学

山梨大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第48号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 リンクチェーンの歴史 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.3 リンクチェーンの分類 / p2 (0007.jp2)
  6. 1.4 チェーン設計上の問題点および形状最適化と疲労強度推定の必要性 / p5 (0008.jp2)
  7. 1.5 従来の研究の展望 / p9 (0010.jp2)
  8. 1.6 本研究の目的 / p11 (0011.jp2)
  9. 1.7 本論文の構成 / p13 (0012.jp2)
  10. 1.8 結言 / p16 (0014.jp2)
  11. 参考文献 / p17 (0014.jp2)
  12. 第2章 静的な引張荷重を受けるリンクチェーンの応力解析と強度評価 / p18 (0015.jp2)
  13. 2.1 緒言 / p18 (0015.jp2)
  14. 2.2 接触を考慮した有限要素解析 / p19 (0015.jp2)
  15. 2.3 実験方法 / p23 (0017.jp2)
  16. 2.4 解析結果および実験結果との比較検討 / p25 (0018.jp2)
  17. 2.5 リンクチェーン間の接触を考慮しない有限要素解析と曲がりばりの理論 / p32 (0022.jp2)
  18. 2.6 結言 / p38 (0025.jp2)
  19. 参考文献 / p39 (0025.jp2)
  20. 第3章 衝撃的な引張荷重を受けるリンクチェーンの応力解析と強度評価 / p41 (0026.jp2)
  21. 3.1 緒言 / p41 (0026.jp2)
  22. 3.2 有限要素解析 / p42 (0027.jp2)
  23. 3.3 実験方法 / p44 (0028.jp2)
  24. 3.4 解析結果および実験結果との比較検討 / p46 (0029.jp2)
  25. 3.5 結言 / p57 (0034.jp2)
  26. 参考文献 / p60 (0036.jp2)
  27. 第4章 静的および衝撃的な複合荷重を受けるリンクチェーンの応力解析と強度評価 / p61 (0036.jp2)
  28. 4.1 緒言 / p61 (0036.jp2)
  29. 4.2 静的な引張と曲げの複合荷重を受けるリンクチェーンの応力解析と強度評価 / p62 (0037.jp2)
  30. 4.3 静的な引張とねじりの複合荷重を受けるリンクチェーンの応力解析と強度評価 / p84 (0048.jp2)
  31. 4.4 衝撃的な引張と曲げの複合荷重を受けるリンクチェーンの応力解析と強度評価 / p97 (0054.jp2)
  32. 4.5 衝撃的な引張とねじりの複合荷重を受けるリンクチェーンの応力解析 / p108 (0060.jp2)
  33. 4.6 第4章の結言 / p124 (0068.jp2)
  34. 参考文献 / p126 (0069.jp2)
  35. 第5章 3次元弾塑性有限要素解析を用いたリンクチェーンの疲労強度推定 / p128 (0070.jp2)
  36. 5.1 緒言 / p128 (0070.jp2)
  37. 5.2 部分片振り引張疲労試験とS-N曲線の推定法に関する検討 / p129 (0070.jp2)
  38. 5.3 複合荷重を受けるリンクチェーンの疲労試験と疲労強度推定法に関する検討 / p141 (0076.jp2)
  39. 5.4 実際に揚重機に組み込まれ使用されるチェーンの疲労強度推定に関する検討 / p155 (0083.jp2)
  40. 5.5 結言 / p161 (0086.jp2)
  41. 参考文献 / p163 (0087.jp2)
  42. 第6章 リンクチェーンの形状最適化およびチェーン設計法に関する検討 / p164 (0088.jp2)
  43. 6.1 緒言 / p164 (0088.jp2)
  44. 6.2 本研究の最適リンク形状 / p164 (0088.jp2)
  45. 6.3 リンクチェーンに関する規格と本研究の最適チェーン形状の比較 / p170 (0091.jp2)
  46. 6.4 最適チェーン形状がチェーン線径およびチェーン重量に及ぼす影響についての検討 / p173 (0092.jp2)
  47. 6.5 従来のチェーンの設計方法と本論文の提案する設計方法の比較 / p175 (0093.jp2)
  48. 6.6 結言 / p177 (0094.jp2)
  49. 参考文献 / p178 (0095.jp2)
  50. 第7章 結論 / p179 (0095.jp2)
  51. 付録 / p186 (0099.jp2)
  52. 付録A X線応力測定法を用いたリンクチェーンの残留応力測定 / p187 (0099.jp2)
  53. 付録B 曲がりばりの理論によるリンクチェーンの応力解析 / p193 (0102.jp2)
  54. 謝辞 / p200 (0106.jp2)
  55. 研究業績一覧 / p201 (0106.jp2)
  56. 著者略歴 / p204 (0108.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132583
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967194
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296897
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ