沈徳潜詩学研究

この論文をさがす

著者

    • 范, 建明 ハン, ケンメイ

書誌事項

タイトル

沈徳潜詩学研究

著者名

范, 建明

著者別名

ハン, ケンメイ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第2363号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  2. 一、沈徳潜詩学研究の現状 / p2 (0007.jp2)
  3. 二、沈徳潜詩学の表現様式 / p3 (0007.jp2)
  4. 三、沈徳潜詩学の成立背景 / p7 (0009.jp2)
  5. 四、本論文の構成及び各章の論究内容 / p11 (0011.jp2)
  6. 注 / p17 (0014.jp2)
  7. 第一章『唐詩別裁集』及び唐詩批評 / p22 (0017.jp2)
  8. 第一節『唐詩別裁集』の成立過程 / p22 (0017.jp2)
  9. 第二節 唐詩を別裁する動機 / p23 (0017.jp2)
  10. 第三節「初訂本」と「重訂本」との比較 / p27 (0019.jp2)
  11. 第四節『唐詩別裁集』の配列 / p36 (0024.jp2)
  12. 第五節 唐詩に対する批評 / p43 (0027.jp2)
  13. 第六節 結語 / p95 (0053.jp2)
  14. 注 / p97 (0054.jp2)
  15. 第二章『古詩源』及び古詩批評 / p107 (0059.jp2)
  16. 第一節『古詩源』解題 / p107 (0059.jp2)
  17. 第二節『古詩源』の編集動機 / p115 (0063.jp2)
  18. 第三節『古詩源』の配列 / p121 (0066.jp2)
  19. 第四節 古詩に対する批評 / p124 (0068.jp2)
  20. 第五節 結語 / p142 (0077.jp2)
  21. 注 / p144 (0078.jp2)
  22. 第三章『清詩別裁集』について / p148 (0080.jp2)
  23. 第一節『清詩別裁集』の成立過程 / p149 (0080.jp2)
  24. 第二節『清詩別裁集』の乾隆「欽訂本」 / p153 (0082.jp2)
  25. 第三節「欽訂本」と「重訂本」との相違 / p158 (0085.jp2)
  26. 第四節「欽訂本」より排除された詩人及び詩作示例 / p172 (0092.jp2)
  27. 第五節 結語 / p201 (0106.jp2)
  28. 注 / p202 (0107.jp2)
  29. 第四章 沈徳潜の批評論 / p205 (0108.jp2)
  30. 第一節 宗旨論 / p207 (0109.jp2)
  31. 第二節 風格論 / p216 (0114.jp2)
  32. 第三節 音節論 / p227 (0119.jp2)
  33. 第四節 神韻論 / p242 (0127.jp2)
  34. 第五節 温柔敦厚論 / p252 (0132.jp2)
  35. 第六節 結語 / p271 (0141.jp2)
  36. 注 / p273 (0142.jp2)
  37. 第五章 沈徳潜の創作論 / p279 (0145.jp2)
  38. 第一節 襟抱・識論 / p279 (0145.jp2)
  39. 第二節 才・学論 / p282 (0147.jp2)
  40. 第三節 詩情論 / p289 (0150.jp2)
  41. 第四節 詩意論 / p298 (0155.jp2)
  42. 第五節 詩理論 / p306 (0159.jp2)
  43. 第六節 結語 / p312 (0162.jp2)
  44. 注 / p313 (0162.jp2)
  45. 第六章 沈徳潜の詩歌創作 / p320 (0166.jp2)
  46. 第一節 沈徳潜の現存詩集 / p321 (0166.jp2)
  47. 第二節 沈徳潜の詩に対する評価 / p323 (0167.jp2)
  48. 第三節 沈徳潜の詩示例 / p335 (0173.jp2)
  49. 第四節 結語 / p400 (0206.jp2)
  50. 注 / p401 (0206.jp2)
  51. 第七章 沈徳潜と葉燮 / p404 (0208.jp2)
  52. 第一節 葉・沈の師弟関係 / p405 (0208.jp2)
  53. 第二節 葉燮詩論の詩壇背景 / p407 (0209.jp2)
  54. 第三節 葉燮の詩論及び沈徳潜への影響 / p415 (0213.jp2)
  55. 第四節 結語 / p452 (0232.jp2)
  56. 注 / p454 (0233.jp2)
  57. 第八章 沈徳潜と王士禛 / p457 (0234.jp2)
  58. 第一節 沈・王の縁 / p457 (0234.jp2)
  59. 第二節 王士禛詩学の受け入れ及びその理由 / p462 (0237.jp2)
  60. 第三節 王士禛詩学との相違点 / p487 (0249.jp2)
  61. 第四節 結語 / p510 (0261.jp2)
  62. 注 / p512 (0262.jp2)
  63. 第九章 沈徳潜と袁枚 / p519 (0265.jp2)
  64. 第一節 沈・袁の詩学活動の時期 / p519 (0265.jp2)
  65. 第二節 沈・袁の「往復辯難」辨 / p523 (0267.jp2)
  66. 第三節 沈・袁の詩論の比較 / p528 (0270.jp2)
  67. 第四節 沈・袁の交際 / p560 (0286.jp2)
  68. 第五節 結語 / p574 (0293.jp2)
  69. 注 / p576 (0294.jp2)
  70. 結論 / p581 (0296.jp2)
  71. 参考文献 / p587 (0299.jp2)
  72. 後記 / p603 (0307.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132589
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967200
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000296903
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ