各種蛍光プローブによるH[+],K[+]-ATPaseの構造変化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 江口, 博明 エグチ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

各種蛍光プローブによるH[+],K[+]-ATPaseの構造変化に関する研究

著者名

江口, 博明

著者別名

エグチ, ヒロアキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第3746号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 従来の研究状況 / p2 (0007.jp2)
  5. 第二章 FITCプローブの動的蛍光強度変化 / p7 (0012.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p7 (0012.jp2)
  7. 2.2 実験方法 / p7 (0012.jp2)
  8. 2.3 FITC修飾酵素のpNPPaseおよびAcPase活性におけるpHの効果 / p11 (0016.jp2)
  9. 2.4 各種リガンドによるFITC蛍光強度変化のpH依存性 / p12 (0017.jp2)
  10. 2.5 AcPによるFITC修飾酵素のリン酸化および脱リン酸化 / p13 (0018.jp2)
  11. 2.6 FITC修飾酵素のリン酸化と蛍光強度変化におけるpHの効果 / p13 (0018.jp2)
  12. 2.7 未修飾酵素の内在性tryptophan蛍光強度変化におよぼすpHの効果 / p14 (0019.jp2)
  13. 2.8 CDTA存在下でのリン酸化酵素の脱リン酸 / p14 (0019.jp2)
  14. 2.9 AcPによるH⁺,K⁺-ATPase小胞へのH⁺の輸送 / p15 (0020.jp2)
  15. 2.10 結語 / p16 (0021.jp2)
  16. 第三章 内在性tryptophanの動的蛍光強度変化 / p19 (0024.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p19 (0024.jp2)
  18. 3.2 実験方法 / p19 (0024.jp2)
  19. 3.3 AcPおよびATPによる内在性tryptophan蛍光強度変化 / p20 (0025.jp2)
  20. 3.4 各種リン酸化基質によるリン酸化 / p20 (0025.jp2)
  21. 3.5 CDTA存在下でのATP結合能 / p21 (0026.jp2)
  22. 3.6 結語 / p21 (0026.jp2)
  23. 第四章 SH性蛍光試薬BIPMによる酵素の修飾 / p24 (0029.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p24 (0029.jp2)
  25. 4.2 実験方法 / p24 (0029.jp2)
  26. 4.3 BIPMによる酵素の修飾 / p26 (0031.jp2)
  27. 4.4 各種リガンドによるBIPM蛍光強度変化 / p27 (0032.jp2)
  28. 4.5 BIPM結合位置の同定 / p27 (0032.jp2)
  29. 4.6 結語 / p28 (0033.jp2)
  30. 第五章 SH性蛍光試薬ANMによる酵素の修飾 / p30 (0035.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p30 (0035.jp2)
  32. 5.2 実験方法 / p30 (0035.jp2)
  33. 5.3 ANMによる酵素の修飾 / p32 (0037.jp2)
  34. 5.4 各種リガンドによるANM蛍光強度変化 / p32 (0037.jp2)
  35. 5.5 ANM結合位置の同定 / p33 (0038.jp2)
  36. 5.6 結語 / p34 (0039.jp2)
  37. 第六章 総括 / p35 (0040.jp2)
  38. 謝辞 / p38 (0043.jp2)
  39. 参考文献 / p39 (0044.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132748
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967353
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297062
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ