微動探査法による表面波位相速度推定の基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 宮腰, 研 ミヤコシ, ケン

書誌事項

タイトル

微動探査法による表面波位相速度推定の基礎的研究

著者名

宮腰, 研

著者別名

ミヤコシ, ケン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第3761号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p5 (0006.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p5 (0006.jp2)
  5. 1.2 微動探査法の適用限界に関する既往の研究 / p10 (0009.jp2)
  6. 1.3 本研究の概要 / p18 (0013.jp2)
  7. 第2章 SPAC法とF-K法の基礎的概念 / p20 (0014.jp2)
  8. 2.1 微動のスペクトル表示 / p20 (0014.jp2)
  9. 2.2 SPAC法 / p21 (0014.jp2)
  10. 2.3 F-K法 / p27 (0017.jp2)
  11. 第3章 推定可能な表面波位相速度の最小波長 / p30 (0019.jp2)
  12. 3.1 SPAC法における空間エリアジング / p30 (0019.jp2)
  13. 3.2 F-K法における空間エリアジング / p38 (0023.jp2)
  14. 3.3 結論 / p49 (0028.jp2)
  15. 第4章 推定可能な表面波位相速度の最大波長 / p51 (0029.jp2)
  16. 4.1 数値シミュレーションの方法 / p51 (0029.jp2)
  17. 4.2 Random waveによる観測点アレイへの入射 / p55 (0031.jp2)
  18. 4.3 Noiseによる推定位相速度の影響 / p97 (0052.jp2)
  19. 4.4 結論 / p108 (0058.jp2)
  20. 第5章 微動探査適用例におけるSPAC法とF-K法の比較 / p110 (0059.jp2)
  21. 5.1 観測概要 / p110 (0059.jp2)
  22. 5.2 SPAC法とF-K法の比較 / p120 (0064.jp2)
  23. 5.3 解析結果および他の地質データとの比較 / p132 (0070.jp2)
  24. 5.4 結論 / p136 (0072.jp2)
  25. 第6章 結論 / p140 (0074.jp2)
  26. 謝辞 / p143 (0075.jp2)
  27. 参考文献 / p144 (0076.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132763
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967367
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297077
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ