Proteus vulgarisのβ-ラクタマーゼ発現におけるアクティベータータンパクBlaAの解析

この論文をさがす

著者

    • 石黒, 浩二 イシグロ, コウジ

書誌事項

タイトル

Proteus vulgarisのβ-ラクタマーゼ発現におけるアクティベータータンパクBlaAの解析

著者名

石黒, 浩二

著者別名

イシグロ, コウジ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第3765号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略語 / p2 (0004.jp2)
  3. 要旨 / p3 (0005.jp2)
  4. 序論 / p6 (0008.jp2)
  5. 第1部 / p13 (0015.jp2)
  6. 方法 / p13 (0015.jp2)
  7. 結果 1、blaA遺伝子転写開始点の決定 / p22 (0024.jp2)
  8. 2、B1aAタンパクの大量生産 / p24 (0026.jp2)
  9. 3、インクルージョンボディーの可溶化と再生 / p26 (0028.jp2)
  10. 4、B1aAタンパクの精製 / p28 (0030.jp2)
  11. 5、B1aAタンパクの多量体構造 / p30 (0032.jp2)
  12. 6、B1aAタンパクのb1aA-b1aB遺伝子調節領域への結合 / p33 (0035.jp2)
  13. 7、B1aAタンパクの結合部位 / p36 (0038.jp2)
  14. 8、B1aAタンパクの結合様式 / p39 (0041.jp2)
  15. 考察 / p42 (0044.jp2)
  16. 展望 / p49 (0051.jp2)
  17. 第2部 / p52 (0054.jp2)
  18. 方法 / p52 (0054.jp2)
  19. 結果 1、blaB遺伝子の転写活性化能力を失ったB1aAタンパク変異体(活性低下変異体)のDNA結合能 / p56 (0058.jp2)
  20. 2、DNA結合能を失ったB1aAタンパク変異体の変異アミノ酸の同定 / p59 (0061.jp2)
  21. 3、DNA結合能を保持しているB1aAタンパク変異体の変異アミノ酸の同定 / p62 (0064.jp2)
  22. 4、G101E変異体の解析 / p64 (0066.jp2)
  23. 5、システイン残基の変異における転写活性の効果 / p68 (0070.jp2)
  24. 考察 / p70 (0072.jp2)
  25. 展望 / p78 (0080.jp2)
  26. 参考文献 / p80 (0082.jp2)
  27. 謝辞 / p84 (0086.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132767
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967370
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297081
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ